その571  DX超合金 VF-25F メサイアバルキリー (早乙女アルト機) リニューアルVer. ~♪昨日再販|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

その571  DX超合金 VF-25F メサイアバルキリー (早乙女アルト機) リニューアルVer. ~♪昨日再販


DX超合金YF-29デュランダルバルキリー(イサム機)・7/25予約解禁!


でじたみんとamazonで予約していた再販アルト機が着弾!

初販も持ってるんだけど、修理・交換に出したら、関節の強度などが
丁度いい状態で戻ってきたという話を聞いてたので、改良を信じて2個買い。

初販は検品程度にしか触ってなかったので、即開封。
先週ブックオフで1750円で買ってきたイツワリノウタヒメのBDを見ながら弄ってみた。
…けど、変形に夢中でほとんど映画を見てる余裕無し。

DXVF25F01.jpg


予約瞬殺でも当日店頭余裕というのは、もうバンダイ商品のお約束。
11時ぐらいにチンタラビックカメラに行っても余裕で売ってた。
新宿のヨドバシカメラは夕方頃でも買えたみたいだね。
割と潤沢な数が出荷された感じ。

もう高くても定価で買えそうだし、再出荷があればもう少し安くなるかも。
そしてしばらくするとまた高騰する…のもお約束?


DXVF25F02.jpg

DXVF25F03.jpg

パッケージにはファイター状態で入ってる。

薄くて細くて、各部位がカッチリ密着している感じで、イメージ通りのフォルム。
文句なしにカッコいい!


DXVF25F04.jpg

もちろんキャノピー開閉。コクピットには早乙女。
後部のカバーを外して、シートを起こせば副座席になる。


DXVF25F06.jpg

DXVF25F08.jpg

支柱の組み換えで三形態に対応するスタンド付き。

大絶賛プレミア中のやまとのマクロススタンドみたく飾る角度は調整できないけど、
安定してディスプレイできる。


DXVF25F10.jpg

トルネードパックも絶対欲しくなる中間形態。ここからガウォークへ。


DXVF25F11.jpg

DXVF25F12.jpg

ガウォーク形態。

変形に関しては、説明書がやや分かりづらい感はあるけど、よく見ながら手順通りにやれば、
あまり可変玩具に慣れていなくても問題なく行けるかと。

各可動部位の強度もユル過ぎす、キツ過ぎずいい塩梅。
どちらかと言えば気持ちキツめかな。やはり改良されてる?
肘関節なんかは少しヘタリやすそうな気もする。


DXVF25F13.jpg

DXVF25F14.jpg

ガウォーク形態のプロポーションもバッチリ。脚部の可動域も広い。
もう少し腰を落としたポーズで撮ればベターだったかな。


DXVF25F15.jpg

バトロイド形態。

初めてだと首を引き出す高さとか、肩の板パーツの角度とか、
胴体の各部位の位置調整がメンドくさい&正しい位置が分かりにくいね。
でも慣れればそうでもないと思う。

胴体にロック機構は無いみたいだけど、カッチリ固定されている感じ。


DXVF25F16.jpg

DXVF25F17.jpg

変形ギミックの恩恵もあってか、意外とよく動く。
若干ながら腰を捻ることもできる。

ナイフは可動指でもしっかり保持できる。


DXVF25F18.jpg

スタンドはバトロイド形態にも対応。


DXVF25F20.jpg

可動指、ガンポッド持ち手、握り手のほか、最終回再現用の敬礼手首が左右付属。
アーマードやスーパーパーツを付けた写真もまたそのうちに。。。


DXVF25F19.jpg

オマケで付いてる早乙女EX-ギア。
これまた最終回のVF-25Fをリモートコントロールしているポーズを再現。
リード線で浮かして飾れるスタンドで付きで、よりそれっぽく。

ガンポッドとEX-ギアは可塑剤のせいか少しベタベタする。






DXVF25F09.jpg

三形態全てパーフェクトにカッコイイ!
どの形態で飾るべきか迷う!

転売屋や品薄に煽られて買ってる人も多いと思うけど、マクロスFはいまだに現役感があるし、
その主役機だし、実際かなり売れてるんじゃない?

マクロス超合金の中でも、コイツぐらいは、ULTRA-ACTの初代ウルトラマンや
ROBOT魂のフルコーンとかみたいに、定期的に再販して、いつでも棚に置いてある状態に
しててもいいと思うんだけどな。

マクロス自体は間違いなく今後も続いていくし、永続的に需要があって、
店頭に置いてても自然と売れてくタイプの商品なんじゃない?






スポンサーサイト
blank.jpg
関連記事