その573  RIOBOT オーガン|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

その573  RIOBOT オーガン


実はオーガンを初めて知ったのは、ワンフェスの千値練ブースで
RIOBOTの試作展示を見たのがきっかけなんだよね。。。

未彩色だったから、もちろん最初は、
「RIOBOTでテッカマンブレード出るんだ!!!」
って思っちゃった。

テッカマンとは関係あるような無いような間柄だけど、
このデザインにブレード好きなオレの食指が動かないはずない。

VHS時代のOVAだし、DVDもとっくの昔に廃盤だし、
作品のことはよく分からないけど、いつもの店で8000円でゲト。

RIOBOTogan01.jpg







RIOBOTogan02.jpg

感じる90年代テイスト。
スーファミのゲームキャラにこんな感じの人がいたような、いなかったような…

オーガンはオリジナルと地球製があるらしいけど、RIBOTはどっちなんだろ?
両方ともデザインは一緒?


RIOBOTogan03.jpg

未彩色の試作を見た時、勝手に(いや当然か)テッカマンブレードと同じ
カラーリングだと思い込んでたけど、ほぼ白一色なのね。

その白は半光沢の深みのある色合いで、しっかりした質感。
ムラもはみ出しも無く、彩色があまりにキレイなので成型色かと思いきや
何気に全塗装みたい。


RIOBOTogan04.jpg

RIOBOTogan05.jpg

RIOBOTogan06.jpg

クソデカい肩アーマーがネックになるので、肩可動の自由度は低め。
まあデザイン上仕方ない。

全体的によく動くことは動くけど、特筆するようなギミックがあるわけではなく、
今回は変態可動と言うほどではないな。


RIOBOTogan07.jpg

RIOBOTogan08.jpg

オーガンランサー。
テッカマンの武器より刃が大きい。


RIOBOTogan12.jpg

オーガンランサーは刃と柄が分離。
柄は2本付いているのでダブルブレードができる。


RIOBOTogan10.jpg

オーガンカッターは両腕のリングを外して差し替えで再現。


RIOBOTogan13.jpg

RIOBOTogan14.jpg

反物質弾射出機は原作には登場しないオリジナル武器らしいね。

大きな肩をキャノンの輪に通して持たせるんだけど、双方のパーツが接触するので、
色の剥がれが心配。それを気にしていると、上手く構えさせるのが難しい。
カッコいいけど、この武器は好きじゃない。


RIOBOTogan15.jpg

頭部と胸部が展開。
P.E.Cキャノン? グランドクルスアタック?
ブレードでいうボルテッカだよね?

胸のグリーンの部分はメタリック塗装よりもクリアのほうがらしいと思う。


RIOBOTogan16.jpg

あといつものRIOBOTスタンド。
オーガン本体にジョイント穴は無いので、クリップで挟んでディスプレイする方式。


RIOBOTogan11.jpg

RIOBOTogan09.jpg

OVAは見たことないから、思いのままに遊ぶのだ。
間接は固すぎず、緩すぎず、とても滑らかな感触。


RIOBOTogan17.jpg

弄っていると、やっぱりオーガンが実際に動いているところを見たくなるなあ。。
でもこんなプレミアじゃオレは買えない。当然レンタルなんてしてるわけないし。

全3話なんだし、BDで6000円ぐらいで復刻されないかしら?
マイナーな上、DVDのメーカーも聞いたことない会社だったりで無理そう?




スポンサーサイト
blank.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント