その639  特撮リボルテック アイアンマン マーク42 |ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

その639  特撮リボルテック アイアンマン マーク42


ヤマグチ終了、タケヤは地味にマイペース、特リボも月1じゃなくなったり、
ネタ不足なのかビークルに走ったり、縮小感は否めないリボルテック。

シリーズ当初は2000円以下で、毎月幅広いラインナップが展開されるのが楽しかったけど、
今や定価は4000円台がデフォだし、同じ作品からのリリースが多く、
(うれしい意味で)意表を突いたアイテムは少なくなった感。

可動箇所が増えたり、リボ球が見えづらくなったり、完成度は上がってるんだけど、
品質がイマイチなものも増えた気がする。塗装が雑だったり、
金型が傷んできてるのか、リボ球がクリックしなかったり、すぐバラけたりすることも多い。

年末に発売されたアイアンマンマーク42を手に取ると、
フィギュア自体のデキは悪くはないものの、リボの先行きがさらに心配になったり。。。


tokuriboMK4201.jpg


特撮リボルテック SERIES No.049 IRONMAN MARK XLII
海洋堂 (2014-01-01)
売り上げランキング: 65


特撮リボルテック SERIES No.042 IRONMAN MARK7
海洋堂 (2013-02-01)
売り上げランキング: 18,919



tokuriboMK4202.jpg

箱から出すと、接続している4mmリボ球がバラけて、いきなり肩アーマーがポロリ。
金色(っぽい黄色)のリボ球は予備が無いんだから、不良品は困る。

そしてキレイなのを選んで買ったつもりでも、パッケ越しには見えない部分で
大胆に塗装がはみ出てたり、飛び散ってたり。。。

まあ店頭で見たほとんどが顔に塗料の飛び散りだったり、
キズやヘコミがあったりで、選択の余地は無いも同然だったんだけどね。


tokuriboMK4205.jpg

しかし塗り分けは、かなりガンバってる。
これだけ細かいと、手作業でのはみ出しや飛び散りの回避は至難の技かも。


tokuriboMK4203.jpg

tokuriboMK4204.jpg

リボに慣れないとポージングが難しいかもしれないけど、
可動範囲に関しては及第点以上。床バンポーズもイケる。


tokuriboMK4209.jpg

ボディが太いし、穴も開いてないので付属のリボ用スタンドでは浮かして飾れないよ。
魂STAGEでも、ちと厳しいものがある。


tokuriboMK4208.jpg

tokuriboMK4207.jpg

ビームエフェクトがオプションで付属。
円錐状のパーツは長短の2種が交換可。

手首は握り手のほか、ビームエフェクトを取り付けられる平手と、
飛行状態の指を閉じた平手が付いてる。

これで定価は4500円だけど、マーク3やマーク2は、エフェクトは無いものの、
胸に発光ギミックがあり、さらに社長ヘッドが付いて定価3500円だったんだよな。
アイアンマン関連のリボはマーク6以外再販されていないので、
今はプレミア付きまくりだけど。迷ってるなら、マーク42も買っとくが吉?

1000円も値上がりしてるのに、オプションやギミックが寂しくなって、
さらに品質も落ちてるあたり、リボは限界に来ている感じもするね。

今度のワンフェスで、何か新路線が発表されるのか?




リボはコレクタブルなサイズなので、パトリオットやマーク8~41のアーマーからも
数体ぐらいは期待してたけど、ちょっと厳しそうね。

モブアーマーも含めて、今後はスーパーアロイに期待。










スポンサーサイト
blank.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント