その646  GUNDAM STANDart:19/ガンダムスタンダート19|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

その646  GUNDAM STANDart:19/ガンダムスタンダート19


公式発売日の夜以降に買いに行くと、アソート1のヤツはもうほとんど売り切れてるね。

会社帰りに池袋の家電量販を一通り除いたけど、アソ1は連邦カラーのザクが1個
あっただけで、ビッターザクは捕捉できず。ガンダム&Zプラスが畑状態。

自宅や会社周辺のコンビニでも2軒ほど入荷した店があったけど、
どちらもガンダム1個を残してSOLD OUT。

結局ボークスで4体セットを購入。
まあSTANDartは大体ボークスでフラゲしてるから、いつも通りである。


GSTA1901.jpg


FW GUNDAM STANDart:19 6個入 BOX (食玩・ガム)
バンダイ (2014-01-15)
売り上げランキング: 262



GSTA1902.jpg

GSTA1903.jpg

それでは通し番号順に紹介。
まずは、ガンダム(フルハッチオープン)。

How to Build GUNDAMの作例に端を発する、整備ハッチ開放状態のガンダムを
再現した、いままでに無かったアプローチのアイテム。


GSTA1904.jpg

正直、今回のラインナップでいちばん期待してなかったアイテムだけど、なかなか良い。
小サイズ故のチープさは否めないものの、カッチリしており、塗装精度も悪くない。

フルハッチオープンのガンダムを再現したフィギュアは、ありそうでほとんど
無かったりするので、意外と新鮮だったりする。


GSTA1905.jpg

GSTA1906.jpg

ZプラスA1型試作機。19弾のガンダム枠はアムロ専用機が2つ。
可も無く不可もない感想だけど、写真に撮ってみるとややモッサリした印象を受ける。


GSTA1907.jpg

ザクII後期型(ノイエン・ビッター機仕様)。
ご存知の通り、0083に登場したビッター少将のカスタムザク。


GSTA1908.jpg

背中にはちゃんとラケーテン・ガルデン(ブースター)を装備。
0083劇中で、アルビオンのブリッジまでジャンプした時のアレ。

もしかしてビッター機としては初立体化? 貴重な一品かも。


GSTA1909.jpg

ラストはザクII後期型(地球連邦軍仕様)。
モノアイが消えてるのは仕様だってことは、もうみんな知ってるよね。

今弾のF2ザクは造型のアレンジこそ無いものの、適度に太ましく、
プロポーションは非常に良好。


GSTA1910.jpg

ビッターザクとは、頭部とバックパックのブースターの有無が異なる。
その他の部位は共通なので、手首ごと交換でき、ビッターザクのザクマシンガンを
持たせることができる。手の甲の色を気にしてはイケナイ。。。

連邦ザクは2個買えたけど、ビッターザクももう1個欲しいな。
でも田舎のイオンにでも行かない限り、すでに単品では売ってない気がする。。。
もうここで買うしかないの?


STANDartは次弾のアナウンスまでに間が空くこともあって、
毎回これが最後かも…と思うんだけど、19弾の発売日に20弾のリリース告知が!

STANDart 20は5月発売で、バンシィデストロイモード(ノルンじゃない)、ギャン、
バウンドドッグ(赤/グレー)の4種。バウンドドッグはMA(ガウォーク形態)に
変形可能と、これまた今までに無い試み。

20弾も続いたのでマンネリ打破を図ろうとしてるのか?
…もとい、このシリーズまだ続けるの?





スポンサーサイト
blank.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント