その674  MAXファクトリー 1/72 コンバットアーマーダグラム プラモデル|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

その674  MAXファクトリー 1/72 コンバットアーマーダグラム プラモデル


♪いつの日かと夢見ていた~

ハイターゲットのホビー市場が確立されてから、最新技術で次々と商品化される
往年のロボット達。その知名度と過去の実績からダグラムもそのうちに…
…と思ってたけど、なかなか出てくれない。

5~6年前のおもちゃショーで、タカラが新作ダグラムトイのリリースを
告知してたけど、試作品さえお披露目されることのないまま立ち消えに。
アクションフィギュアはこれぐらいしか発売されず、
それでもダグラムほどのコンテンツがこのまま放置されることはないだろうと
思ってたら、まさかまさかのプラモデル化!
しかもfigmaのMAXファクトリーからなんて、全くの予想外だった。


MAXDAG01.jpg









MAXDAG02.jpg

MAXDAG03.jpg

写真はパチ組み+スミ入れ+デカール+トップコート(半光沢)で仕上げたもの。
お手軽なはずだけど、実際そうでもなかった。

組み立ては、パーツの合いが悪い箇所が散見されるものの、
意外とサクサク進み2~3時間ぐらいで完成。

基本的には接着剤不要。キャノピーの天窓や腕装甲の○パーツには要接着の指示が
あるけど、しっかりハメ込めるので、別に接着剤を使用しなくても無問題。
ただ左右分割のリニアキャノンはパーツの合いが悪く、そのままでは隙間ができた状態に
なってしまうので、この部分のみ接着。

色分けは成型色でだいたい完璧なので、コクピットのクリンのみ塗装。
頭部カメラやリニアガンの赤い部分はデカールが付属。
キャノピーはフレームが塗装済みのものと未塗装のものが付いてる。

デカールは水に浸してずらして貼るタイプのもので、数が多い上に1枚1枚シートから
カットしなければならず、クソ小さいものや細長いライン状のものもあったりで、
かなりメンドい。

さらにデカール保護のため、久しぶりにトップコートを吹くハメになったりで、
サックリ仕上げるつもりがなんだかんだで6~7時間ぐらいかかったかも。


MAXDAG08.jpg

肘関節以外のアレンジは控えめで、ダグラムのイメージそのまんまのプロポーション。
変に今風に弄られておらず、でもちゃんとアップデートされてるバランスで、
正しく洗練されてる感想。

膝関節の下にロール軸があり、足首の接地も良好なので、カッコ良く直立させられる。


MAXDAG04.jpg

MAXDAG05.jpg

ダグラムはマックスファクトリーのプラモ第1弾だけど、
可動にはまだまだ課題を残している。

見た目を損なわず肩が内側にスイングしたり、肘関節と下腕の接続部が回転し、
リニアガンや腕の装甲を下側だけでなく、外側にした状態でも肘を曲げられる点など、
処女作にしては気の利いた仕様。

でも、上腕が外れやすかったり、股関節がほとんど前に上げられなかったり、
気になる箇所も多い。ターボザックを付けると、動力パイプが干渉して
首が回らなくなるのも、何とかならなかったのかな?


MAXDAG09.jpg

MAXDAG10.jpg

クリンは頑張って塗ったよ!(ドヤ顔)

キャノピーは開閉。天窓も接着しなければ開く。
キャノピーは固定状態にも組めるけど、開閉式でも見映えが悪いわけではないし、
特に意味無いような。。。


MAXDAG11.jpg

MAXDAG12.jpg

握りこぶし、平手のほか、リニアキャノンを構える用の左手首が付属。
ターボザックの色分けはイマイチ。


MAXDAG06.jpg

華麗にジャンプしてリニアガンを撃つ!

デカールを貼るモチベーションがなかなか上がらなくて、久しぶりにDVDを
見始めたんだけど、ダグラムって意外と軽やかに動く。


MAXDAG07.jpg

クリンしか塗らなかったけど、耳(?)のインテークぐらいは塗っても良かったかな。

今回久しぶりにトップコートを吹いてみて、その効果を再認識。
成型色の上に吹いても見違えるもんだね。次回からなるべく吹くようにしよう。


MAXDAG13.jpg

なんでヤクトタイプで出さないんだろうと思ってたけど、
いざ立体物で見てみると二次元のウソ全開で、ターボザックを付けると、
前後に幅のあるミサイルポッドのスペースなんて無さそう。
ここは何らかのアレンジが必要かも。第1弾ではハードルが高かったのか?

いくつかアイテムで経験値を積んだ後に、このダグラムの一部を改良した
ver.1.5的なヤツをヤクトタイプとして出すと予想!



MAXファクトリーのプラモは、再販あるかどうか分からないから、
気になる人は売り切れないうちに買っとき。

組みやすさ、関節の安定感、パーツ分割など、ガンプラ基準で考えるとツライものも
あるけど、アチラは何十年分もの技術が蓄積された上でのプロダクトなので、
比べるのは野暮。第1弾のプラモデルにしては、いろいろ頑張ってる。

今のところ今後はこんな感じでリリースされるらしいね。
個人的にはアイアンフットまで出れば満足だけど、ビックリ価格のトレーラー
救済して欲しいなあ。。。



スポンサーサイト
blank.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント