その76  SD∞(インフィニティ) ニルヴァーシュタイプゼロ 



2010年07月31日
0
0
その他ロボットトイ
バンダイの新ブランドSD∞の第1弾。
また新シリーズかよっ!


3200円で購入。いつもとちょっと趣がちがうパッケージ。

sdniru00.jpg

今回は、塗装が雑な個体が多い印象です。
特に胸のライトの赤い円の部位が、はみ出てたり、ちゃんと塗られていなかったり散々です。
放送当時のトランスモデルを思い出す。


sdnirva01b.jpg

完全に好みの問題ですが、等身・肢体のバランスはよいと思います。

腰が回転しないので、リフボード搭乗のポージングの自由度がやや限られますが、
手足の可動範囲が広いので、あまり気になりません。


sdnirva07.jpg

台座とトラパーをイメージしたエフェクトパーツ付き。
台座はボードとのジョイントと支柱の接合部が回転するので、割と使えます。
(欲を言えば、黒ではなくクリアグリーンが良かったなぁ)

クソ暑い日が続いてますので、エフェクトパーツを付けたまま長い間飾っておくと、
癒着してボードの塗料が剥げる可能性があります。
ウチのROBOT魂のニルは、見事に台座とボードがくっつきました。  
ご注意あれ。


sdniru03.jpg

ブーメランを手に持たせられます。
ROBOT魂に付いていた大型ライフルはありません。

ちなみに背中が重くて自立しないので、人型でのディスプレイはスタンド必須です。
うまく立たせるコツがあるのかもしれませんが、オレにはムリだった。。。


sdniru05.jpg

sdniru04.jpg

ビークルに変形。
差し替えは手首と尾翼(リフボード)のみ。
変形はそんなに面倒ではありません。


sdniru06.jpg

最近バンダイは新シリーズを乱発気味な気がしますが、
どれも小粒感や2番煎じ感が否めず、フィギュアーツや超合金魂などのような
定番強力ブランドには今ひとつ届きそうにない印象。。。

でも、いろんな商品やキャラクターが氾濫し、ユーザーの嗜好が細分化している
市場に対して、この方法論は正しいのかもしれませんね。
大ヒットを一発ねらうのではなく、ポテンヒッツを連打していくみたいな。。。
そのいくつかは、どのみち淘汰されていくのでしょうけど。。。

いつも行く店で、2000円で積まれていたCOMPOSITE Ver.Kaのグレンラガンを眺めながら、
そんなことを思いました。


このシリーズに関しては、非ガンダムの本格的なSDトイはおそらくバンダイ初でしょうし、
“インフィニティ”って銘打ってるぐらいだから、末長く、楽しく、続けていって欲しいものですけどね。


[関連記事]

その61  ROBOT魂 ニルヴァーシュ type ZERO

スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお