#1082 ROBOT魂 〈SIDE RV〉 ネオファム|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

#1082 ROBOT魂 〈SIDE RV〉 ネオファム


ロボット魂バイファムの発売から約2年半─

そして、ネオファムの一番最初の試作が公開
されたのは、バイファム発売日の翌日である
2014年冬のワンフェスだったと思う。

長かった…
これだけブランクが開くと、そのまま
フェイドアウトすることもよくあるけれど、
(魂SPEC ザ〇ールのことは時々思い出す)
電撃ホビーのタイアップも後押しになってか、
無事発売となりました。

ちょっとだけ感無量の気持ちで、
プレバンから届いたネオファムを開封~

rtNEOFAM01.jpg


ROBOT魂 銀河漂流バイファム [SIDE RV] バイファム (ツインムーバー装備) 約125mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
バンダイ (2016-01-16)
売り上げランキング: 19,937


ROBOT魂 SIDE RV ネオファム

売り上げランキング: 5,032


魂ウェブ商店限定品(現在は予約終了)。
今は一見ビックリする価格になってるけど、
定価の時点で8424円もするので、
実は大してプレミア付いているわけでは
なかったりする。

次のSIDE RVも限定だから、
買い逃した人は、忘れないように予約してね。


rtNEOFAM02.jpg

まずパッケージ。
4色刷りなのは高く評価するけど、
写真のチョイスがやっつけな感じ。
担当者に作品への思い入れがあんまり無いのが
伝わって来るような。。。

パッケージ用に撮ったものではなく、
WEBの見本用に撮った没カットの流用だと
思うけど、もう少しイイ写真は無かったのか?

受注ページに同じようなポーズの写真が
あるけど、そっちを使い回したほうが、
まだ全然良かった気がする。

WEB限定品は店頭に並ばないので、
商売的な観点では、パッケージの見映えを
意識する必要はないけど、せっかくフルカラーで
作るのなら、写真やデザインにも少しでもいいんで
こだわりを見せて欲しかったところ。

それで限定品としての付加価値がアップする
こともあるんじゃない?


rtNEOFAM03.jpg

いかにも昭和ロボな、箱っぽいデザインを
上手く再現していると思う。
いい感じにダサくて、それがカッコイイ。

多少のアレンジは入っているようだけど、
設定画と比べてどうこうみたいなコダワリは
あんま無いんで個人的にはOK。

ほぼ成型色だけど、肩のスラスター周りの赤は塗装。
この部分は透けるとかで、
塗装処理に変わったんだっけ?

全体的に質感はそんなに悪くない。


rtNEOFAM03b.jpg

ロボット魂バイファムと比較。
設定通り、バイファムよりも少し背が高い。
足をハノ字に開くと、股関節の隙間が目立つね。

スケールはほぼ1/144なので、
ARVのプラモと絡めてもOK。
ARVのロボ魂化はまず無いと思うんで、
気になっていつもの中古屋を覗いてみると
バイファムのプラモって、
ちょっと値上がりしてるのね。

いつでもどこでも200~400円ぐらいで売ってる
イメージだったけど、そういや最近あまり見ないかも。


rtNEOFAM04.jpg

rtNEOFAM05.jpg

rtNEOFAM06.jpg

バイファム同様、肩を大きく引き出すことが可。
肘関節は伸縮式で、伸ばすと90度ぐらいまで
曲げることができ、肘関節部がロールするので、
ガワラ曲げも可。
ついでに肩の半円状のスラスター部も回転。

しかし、胸が前に出っ張った形状のせいもあってか、
ライフルを両手持ちさせ、真正面に上手く構えることが
できない。

胸と腹の接続部にも可動が仕込まれてるけど、
ほとんど動かず、胴を捻ることはできない。

なお、手首はバイファムの流用で、
ライフルのトリガー持ち手は右のみで、
グリップを握る用の拳は左のみ。
平手は開き具合の異なるものが左右2種ずつ。

あと頭部アンテナは予備が1本付いてる。


rtNEOFAM06b.jpg

膝関節は独自のアレンジが加えられ、
二重関節で90度ちょい曲がる。
足首は爪先が独立可動。

昔の1/144プラモは腿と脛が
ポリキャップ接続でロールしたと思うけど、
ロボ魂には腿のロール軸は無し。
この可動は仕込んで欲しかったところ。


rtNEOFAM07.jpg

胸のハッチは開閉式でポッドの収納可。

ハッチは引き出し式だが、開きづらく、
またポッドも入れづらく出しづらい。

初販のバイファムに付いていた、
着陸状態のポッドは付属せず。


rtNEOFAM09.jpg

rtNEOFAM08.jpg

rtNEOFAM10.jpg

関節が崩壊したCMsのメカアクションに続き、
ツインムーバーも立体化。

ランドセルの上に被せるように取り付け。
タンクの基部が回転。


rtNEOFAM11.jpg

rtNEOFAM12.jpg

もちろんスリングパニアー&シールドも
付属したフルセット仕様。


rtNEOFAM13.jpg

rtNEOFAM14.jpg

さすがに首の回転は干渉するけど、
パニアーを付けることで、
可動が制約される印象は受けない。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

銀河漂流バイファム ROBOT魂 SIDE RV ネオファム
価格:10780円(税込、送料別) (2016/8/4時点)




rtNEOFAM15.jpg

尼のレビューなんか見ると
かなり酷評されてるけど、
個人的にはそこまで悪い気はしないな。

造型も特に不満は無いし、
もともと動かしづらいデザインにしては、
可動も頑張ってると思う。
腿ロールとか、もうひと工夫やりようがあった
気もするけどね。

ツインムーバー付きバイファムと同程度の
ボリュームにも関わらず、1400円ぐらい
高くなってるけど、値段はもう仕方ないや。。。

次のトゥランファムも結構いいお値段なんで、
決定版と言えるデキになることを期待。


ROBOT魂 〈SIDE RV〉 ネオファムを買う

スポンサーサイト
blank.jpg
関連記事