その110  RIOBOT デルフィング(第二形態)



2010年10月11日
0
0
RIOBOTなどロボ関連

新進メーカー・千値練(センチネル)のアクションフィギュア第1弾。

ブレイクブレイドというアニメのことは全く分かりませんが、
いつもの店で3000円だったのと、スペシャルクリエイティブモデルの
開発スタッフが関わっていると聞いて、お試し購入。
まあ、ご祝儀も兼ねて。








DEL2-01.jpg

こんなデザインのロボット、プレステのゲームなどでよく見るような。。。

外装は基本ABS製で、鋭角的なデザインをカッチリと再現しています。

塗装の精度も高く、外装のグレーや黒い部分は、メタリックっぽい質感で仕上げられています。
(ムラやゴミの付着などが全く見当たらないので、もしかしたら成型色かもしれません)


DEL2-03.jpg

DEL2-04.jpg

各部が大きく可動するので、豊富な武装と組み合わせて、
様々なポーズを取らすことができます。

ただし、頭部のツノや背面の出っ張りなど、細く尖っている部分もあるので、
弄ぶ際には破損に注意。
関節部も、非常に細かいパーツを使っていたり、構造が複雑な箇所があるので、
ROBOT魂やリボルテックなどに比べると、扱いが慎重になってしまいます。

メーカーの方が「変態可動」と言うだけあって、可動範囲は流石ですが、
あまり豪快にガシガシ動かせる感じではないですね。


DEL2-06.jpg

di:stageみたいなディスプレイベースが付属。
使い勝手はいいほうだと思います。


DEL2-02.jpg

武器は専用の持ち手が付いていますが、保持に関してはもう一歩。


DEL2-05.jpg

付属の武器は全5種。

なお、各武器の柄尻のパーツは組立式で、説明書に写真を参考に組み立てるよう指示がありますが、
写真が不鮮明なモノクロのため、どの武器にどのパーツを付ければいいのかよく分かりません。

電撃ホビーの掲載写真を参考にすると、完成は上の写真のような感じになります。


千値練の企業サイトを見ると、設立して1年ちょっと、社員数も4名とありますが、
ワンピースなどの大きな版権物を扱ったり、
ホビー誌とのタイアップを取り付けたり(電撃ホビーで、デルフィング第一形態を誌上通販)、
商品開発以外の部分でも、元気の良さを感じます。


今後の商品展開にも期待していますが、
とりあえずは、キャラホビで発表されたスペシャルクリエイティブモデルと
仮面ライダーWの可動SDフィギュア
をガンバって欲しいです。



スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお