その113  GFF METAL COMPOSITE RX-78-2 GUNDAM Ver.Ka(ロールアウトカラー)



2010年10月17日
0
0
GUNDAM FIX
すでに発売になっているメタコンガンダムのリペイント品。

10/1~10/3の魂ネイション販売アイテム。
魂ウェブでも抽選販売が予定されています。そろそろ受付開始かな。

GFFMroll04.jpg

トリコロールに塗られる前のアムロのガンダムという設定らしく、
頭部や腹部など、むき出しのルナチタニウム合金をシルバーで再現。
加えて、白い部分はパール塗装、赤い部分はメタリックで、
これぞ限定品と言わんばかりの美しい仕上がり。

ロールアウトカラーなのに、すでにマーキングが入っていたり、
インティークなどが赤く塗装されていたり、そこはあえて不思議に思わないことにする。


GFFMroll05.jpg

塗装の精度は全体的に良好ですが、銀色の部分の細かい傷が目に付きます。
地が銀色だと、微小な傷でも目立ちますね。

大量生産品である以上、細かい傷が全くない個体を掴むのは奇跡に近いので、
いつも店頭で大量に商品をキープして、何十分も選別しているような人には
やさしくない一品。


GFFMroll02.jpgGFFMroll03.jpg

やっぱり限定だった可動戦士のパッケージ風に(うる憶え)。

もともと可動範囲は広くありません。ちょっとしたポーズがつけられる程度。
ウチの個体は右の股関節が固くて、左側が緩いです。

あと、手首のはめ込みがキツイので交換の際はドライヤー推奨。


GFFMroll09re.jpg

武器はビームライフル、ハイパーバズーカ、ビームサーベル、シールドが付属。
以前Gアーマー無しで再発売されたものに付いていた、ジャベリンとハンマーはありません。
まあロールアウト版なので、個人的にはあまり武器の必要は感じていません。


GFFMroll08.jpg

コアファイターもメタリック塗装。
なんでロールアウトカラーなのに、マーキングが(ry

メタリック塗装で塗膜が厚くなったせいか、ランディングギアがはまらなくなっています。
また、色が剥がれそうなので、ガンダムの腹には入れないでおきます。


自分の記憶では、ロールアウトカラーは、MIA、HCMpro、可動戦士と
過去3回商品化されていますが、いずれも限定品。

シルバーの塗装で高級感を演出できたり、入手できなくても致命的にガッカリしない
ビミョーな位置づけだったり、設定的には完璧なまでに限定向き。

ロールアウトカラー自体が、近年までガンダムのカラバリとして認知されていなかったこともあり、
まるで限定品のためにバンダイが××(発言自粛)したバリエーションにも思えますが、
実は1/144プロトタイプガンダムのプラモのパッケージ画が初出という話も。。。

protohakoe.jpg

何気に赤い部分が一致。実は30年近く前からある由緒正しい(?)ガンダムなのです。
キャスバル専用ガンダムとは違うのです。
ロールアウトカラーってネーミングは、たぶん後付けだけどね。

使えるものは何でも使えという発想は、ビジネスチャンスを広げるという教訓。


[関連記事]

その104  ROBOT魂 ダブルオーライザー(粒子貯蔵タンク型)



スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply