#1194 HI-METAL R 太陽の牙ダグラム|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

#1194 HI-METAL R 太陽の牙ダグラム


いつの日かと夢見ていた~

ハイターゲットトイの市場が確立され、
70年代~90年代のコンテンツが
次々と商品化される中でも、
ほとんど動きは無かったダグラム。

80年代サンライズリアルロボットの
メンツに名を連ね、当時プラモデルが
大ヒットしてるので、十分メジャーな
イメージはあるんだけどね。

ガレキやトレフィグは散見されたけど、
目立ったアイテムと言えば
11年前に出たアクションフィギュアぐらい。
でもダグラムのキャラクター特性と
ブランドのコンセプトが合致していない
感じで、満足とは程遠い物だった。

その前後におもちゃショーで
タカラトミーが商品化を発表したけど、
大して話題にならないまま、それっきり
音沙汰なく、アクティックギアもろとも
無くなってしまったのは、少し悲しい思い出。

ホビー市場において、再びダグラムに
スポットが当てられるのは、
2013年のマックスファクリーの
プラモの登場まで待たなければならなかった。

そしてさらに時は流れ、バンダイが
ついにダグラムの完成品トイに着手。
実質的にマクロス専門ブランドだった、
ハイメタルRとしてリリースに。

これまでROBOT魂や超合金など、
幾多のロボットトイを手掛け、
その知見は十分に蓄積されている
バンダイだけあって、決定版クラスの
完成品ダグラムが爆誕!

届いたのが先月末なので、開封したのは
ついこの間だけど、特に新製品も無い
タイミングなので、ちょこっとレビュー。

HIMETALR-DUGRAM01.jpg


HI-METAL R 太陽の牙ダグラム ダグラム 約160mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
バンダイ (2017-02-11)
売り上げランキング: 1,222


HI-METAL R 戦闘メカ ザブングル ザブングル 約170mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
バンダイ (2017-07-31)
売り上げランキング: 1,119


瞬殺することも無く、予約解禁日以降も
ずっと例の穴場かもな店iconなどで
予約可能だったし、アキバのあみあみ等では
発売日(2/11)を少し過ぎた頃に
再入荷もしてたけど、通販も店舗も
早々に売り切れちゃったね。
定価は13824円だけど、
今在庫ありのところはお察しの通り。

ソルティックも開発中とのことなので、
実際に発売されることになれば、
合わせて再販されそうだけどね。

個人的には再販はプレバンで
フルアーマーダグラムとして
出してくれれば面白いと思う。


HIMETALR-DUGRAM02.jpg

HIMETALR-DUGRAM03.jpg

ダグラムにしてはシュッとしてるな
…というのが最初の感想。

程良く太ましく、力強さを感じる
プロポーションでありながらも、
ウエストが引き締まり、
それなりに今風の洗練された
スタイルにアレンジされている。

元イメージの野暮ったさが薄れており、
ダグラムがこんなにスタイリッシュで
いいのかと少し困惑。


HIMETALR-DUGRAM04.jpg

掲示板などでも指摘されているけど、
ウチのも腰が少し曲がっている。
これは仕様っぽいんで諦めてる。

ほぼ成型色で高額の割に塗装箇所は
少ないものの、安っぽくはない。


HIMETALR-DUGRAM05.jpg

HIMETALR-DUGRAM06.jpg

足首などに合金が使用されているようで、
手に持つと少し重みがあり、
安定性も無問題。ターボザックを
背負わせても、自立困難になる
心配は皆無。


HIMETALR-DUGRAM07.jpg

30余年の時を越えた2ショット。
デュアルモデルダグラムと比較。

デュアルモデルは1/72、
ハイメタは約1/60らしい。
標準的なロボット魂よりも、
やや大きめのサイズ。

デュアルモデルって何?って
思った人はこっちを見てね
2017年にこんな物をレビューしている
物好きなサイトもあるんだよ。


HIMETALR-DUGRAM08.jpg

HIMETALR-DUGRAM09.jpg

キャノピーは開閉。
中には塗装済みのクリンが鎮座。
この手のパイロットフィギュアが
未彩色のケースも多いので嬉しく思う。
ただコクピットの内部は見えにくい。

頭部は着脱できる仕様で、
コクピットブロックも取り出せる。


HIMETALR-DUGRAM11.jpg

立ちポーズのクリンのフィギュアも付属。

キャノピーの天窓は差し替えで開閉し、
開状態の天窓のダボでフィギュアを
固定することで、コクピットから
覗いているシーンを再現できる。

ヤクトタイプへの換装も可。
ミサイルポッドはターボザックの
動力パイプと干渉するので、
顔を正面に向ける場合は首のブロックを
少し下げる必要がある。
そのままだと、ミサイルポッドが
下を向いちゃうね。


HIMETALR-DUGRAM12.jpg

HIMETALR-DUGRAM13.jpg

あんまり可動のことは考えられていない
ような元デザインだけど、
外観をほとんど崩すことなく、
かなりの可動領域を確保している。

首下のブロックを胸に引き込むことが
できるので、首の上下可動も実現。

肩は前方にスイング。
肘関節はガンプラみたいな形状に
アレンジされているけど、
90度以上曲がり、ガワラ曲げも
できるようになっている。


HIMETALR-DUGRAM14.jpg

HIMETALR-DUGRAM15.jpg

HIMETALR-DUGRAM16.jpg

股関節は二重になっており、
大きく引き出すことが可。
フロントアーマーが分割されており、
立膝も無理なくできる。
腿の上部にロール軸あり。

腿の装甲が前後分割され、
膝の可動に連動してスライドする
ギミックを搭載。膝を深く曲げることができる。
足首の接地性に関してはもう一歩。


HIMETALR-DUGRAM17.jpg

リニアカノンの砲身はスプリングで伸縮。

リニアガンもジョイント部が
スライドし、銃の部分を前方に動かせる。
ただし、砲身がやや下を向いてしまう。

既存のアイテムに無かったギミックだと
思うけど、設定上は存在したのか?


HIMETALR-DUGRAM18.jpg

HIMETALR-DUGRAM19.jpg

ダグラムは地面をズシンズシン
走っているイメージが強いけど、
魂ステージ対応のジョイントも付属し、
浮かせて飾ることもできる。

劇中では軽やかにジャンプしながら、
リニアガンを撃つシーンも多かったので、
その再現にも対応。

あっ、ターボザックを背負うと
ジャンプはできなかったんだっけ?


HIMETALR-DUGRAM20.jpg

股関節が思いっきり引き出せるほか、
腰部もかなり前屈できるので、
朽ちダグラムのポーズにも対応。
地面に着いた状態になる、
左の平手も付いている。

頑張ればもう少しコンパクトに
なりそうだけど、繊細な玩具に
あまり無理はさせないでおく。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バンダイ HI-METAL R 太陽の牙ダグラム ダグラム(ZE19822)
価格:13800円(税込、送料別) (2017/3/16時点)





HIMETALR-DUGRAM21.jpg

MAXのプラモも作ったけど、
やっぱりまともな完成品で欲しかったし、
物自体も期待値を上回り、悦に浸ってる。

ダグラムにしては洗練されすぎている造型で
これでいいのか戸惑ってしまうけど、
カッコイイのは間違いない。

可動ギミックに関しては完璧に近く、
このサイズでこれ以上の物を望むのは
現状では難しいだろうね。
でも足首はもう気持ち頑張って欲しかった。

ともあれ、これだけのクオリティを
見せつけられたら、次のザブングルへの
期待も高まるし、他のコンバットアーマー
にもトライアルしてもらいたいな。


ダグラムプラモデル・旧キットも続々入荷中!

スポンサーサイト
blank.jpg
関連記事