その117  コスモフリートコレクション ACT3 機動戦士Zガンダム篇



2010年10月28日
0
0
コスモフリートコレクション
お得なセットから、レアものまで~コスモフリートコレクション特集

バンダイではなく、メガハウスから発売されている、
ガンダム作品に登場した艦船を立体化するシリーズ。
現在までACT1~ACT4がリリースされ、ACT5も予定されています。

その中から、今回はZガンダムに登場した艦船をラインアップしたACT3で、観艦式を敢行。

コスモフリートコレクション 機動戦士ガンダムACT3 機動戦士Zガンダム篇 戦艦 メガハウス(全9種セット)コスモフリートコレクション 機動戦士ガンダムACT3 機動戦士Zガンダム篇(全9種セット)


メガハウス
売り上げランキング : 278926

Amazonで詳しく見る



cosmoZagu02.jpg

アーガマ(居住ブロック収納)


cosmoZagu01.jpg

アーガマ(居住ブロック展開)


全てに共通して言えることですが、パーツが結構歪んでいます。

主砲などは、一部組み立て式。
しかしパーツが非常に細かい上、歪んでいたり、塗膜が厚かったりで、
なかなかはまらない箇所も。


戦艦にはそれぞれ、サイズの割にはよく出来ているミニMSが付属していますが、
艦と同一スケールではありません。


cosmoZrad.jpg

ラーディッシュ


ラーディッシュには、最終決戦での撃沈前を再現した
ダメージモデルもラインアップされていますが、そちらは持っていません。


cosmoZagu03.jpg

戦艦同士のスケールは統一されていないようで、
ラインアップの中では、ラーディッシュがいちばん全長があります。
アーガマよりも大きくて、並べると違和感。


cosmoZareku.jpg

アレキサンドリア


cosmoZhario.jpg

ハリオ


アレキサンドリアは序盤から登場していたので、結構印象に残っていますね。
ファーストガンダムからはいろんな戦艦がプラモデル化されていたので、
当時はアーガマしかプラモが出ないのが不思議でした。

ハリオは、アレキサンドリアのバリエーションで、
ザクキャノンが積まれていた戦艦だけど、
まともに画面に登場していないような。。。


この2隻も船首のオレンジなど、非常に細かい箇所まで塗装されていたり、
部分的にエアブラシが吹いてあったり、塗装はかなり凝っています。


些細なことですが、付属のハイザックはアレキサンドリアが緑で
ハリオが青が正しいのでは?


cosmoZguwadan.jpg

グワダン


設定上はいちばん大きい艦だと思いますが、ラーディッシュのほうが長いです。


cosmoZdogos.jpg

ドゴスギア


他と同様、主砲、アンテナは組立式ですが、
特にアンテナが非常に細かく、取り付け難易度高し。


全体的にフォルムは良好。塗装も凝っていて、ハミ出しなどもほとんど無いのですが、
パーツの精度が悪いせいか、あまりキレイに見えません。
パーツ自体が歪んでいたり、ずれて接着されている箇所が目立ちます。
もう少しカッチリした素材で作ってくれれば、もっといい物になった気がします。


個人的には、アレキサンドリア、ハリオ、ラーディッシュのデキがよく、
アーガマ、ドゴスギアが泥船という感想。
グワダンは、もう少し大きければよかったかも。

第2回観艦式もやる…かも?




スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお