#1200 METAL BUILD ガンダムF91|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

#1200 METAL BUILD ガンダムF91


まだ3月だけど、早くも2017年上半期最も
注目されてるであろうアイテムが登場!
みんな大好きメタルビルドの最新作、
ガンダムF91が発売されましたよ。

個人的にも待ちに待ったアイテムなので、
届いた週末に早速開封してブンドド。
写真を撮りながら遊んだので、
軽くレビューを紹介します。

METALBUILD_F9101.jpg


METAL BUILD 機動戦士ガンダムF91 ガンダムF91 約170mm ABS&PC&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
METAL BUILD ガンダムF91
posted with amazlet at 17.03.29
バンダイ (2017-03-25)
売り上げランキング: 10


METAL BUILD 機動戦士ガンダム ダブルオーガンダムセブンソード/G 約180mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
バンダイ (2017-07-31)
売り上げランキング: 3,431


言うまでもなく解禁日の予約は瞬殺。
発売日の店頭入荷も、大手以外ほとんどが
両手の指で数えられる数量だったみたいで、
今在庫ありのところはお察しの通りの状況
いつもの店には結構な数が入荷したらしいが
自分はあみあみとビックカメラの通販組なので、
当日確認はしていない。

ともあれ、直前には各所で予約復活してたし
朝早く行けば大概は何とかなるもので、
Twitterとか見てても、ガチで欲しい人で
買えなかった人はあまりいない感じがする。

転売屋だって同じように予約開始前に
PCの前で待機したり、店に並んだり
してるんだから、その気になれば、
いくらでも出し抜けると思うな。

今日はamazonで復活してたし、
どうやらストフリや青枠と同様、
二次出荷や再入荷もあるみたい。
早ければ今週末ぐらいに店頭販売や
販売ページをマメにチェックしてれば、
拾える可能性もありそうな。
ストフリの時は発売日の翌週末に、
アキバのヨドバシカメラに大量再入荷
したんだっけ?

でも再販は他のアイテムの例を鑑みると、
1年以上は無いだろうね。


METALBUILD_F9102.jpg

METALBUILD_F9103.jpg

まず立体化の機会が少なく、決定版と言える
アイテムが存在しないF91をラインアップ
してくれたことに拍手。

例によってMETAL BUILD独自の
アレンジが加えられており、
もっと別の解釈が良かったような部位も
あるものの、オリジナルのイメージを
踏襲しつつ、新鮮なインプレッションも
打ち出したデザインは、これはこれで
かなりお気に入り。

でも肩はもうちょっとコンパクトでも
良かったかな。フィンの収納の都合か
大きくなってるけど。

基本色の白はポリカ素材とのことだけど、
光沢感を出しつつ、明度が控えめになってる
印象で、成型色でも安っぽさは感じない。
部分的には白も塗装されてる?
…と思えるほど、質感は悪くない。
白の部分の仕上がりは、同じポリカの
アストレイよりも、ストフリのほうに近い
気がする。


METALBUILD_F9104.jpg

METALBUILD_F9105.jpg

METALBUILD_F9106.jpg

頭部は変形ギミックの有り無しで2個付属。
変形頭部は頬のカバーを開き、
トサカを上げるとフェイスオープン。
この頭部は口に分割線が入るので、
あまり好きではない。

ネットでよく言われている目のズレは
仕様のようで、自分のにも生じてるけど、
個人的には、そんなに気になるレベルではない。


METALBUILD_F9107.jpg

METALBUILD_F9108.jpg

非変形の頭部。
マスクが差し替え式で、交換により
フェイスオープンを再現できる。

マスクが分割されない分、
非変形のほうが見映えがいいので、
こっちを取り付けている。


METALBUILD_F9109.jpg

METALBUILD_F9110.jpg

METALBUILD_F9111.jpg

動かしてみたけど、超絶遊びにくいよ!

まず手首のハメ込みがキツすぎる。
簡単には抜けないし、ハマらない。
手首は軟質パーツなので、ドライヤーで
軽く温めて抜き差しするのが必須。
ただし、他の硬質パーツの部分が加熱し
すぎると、変形して元に戻らない可能性が
あるので、手首を外す時に温める場合は、
熱風が長時間他の部位に当たらないように
要注意。

あと激固い股関節に苦戦させられる。
足周りの可動域もかなり広いものの、
あまりに固くて、力任せに動かすと
ねじ切れそうな恐怖を伴う。
ここは動かしているうちに、ジワジワ
緩んでくるので、ある程度遊べば、
多少は動かしやすくなるかも。

他には、尖っている部位が意外と多いので、
固い関節を動かす際、本体を固定するのに、
その部分を押さえないよう気を遣う必要もある。
バックパックの端はヤバめ。


METALBUILD_F9112.jpg

肩にはフィンが収納されており、
新設定により2段方式で引き出せる。
まず肩上部のブロックが外側に移動させ、
続いてフィンを引き出す。
収納はその逆で、先に肩の上部ブロックを
戻すと、フィンが引き込まれない。

ふくはらぎのカバーも開閉式で、
F91の主なギミックは全て再現されている。


METALBUILD_F9113.jpg

METALBUILD_F9114.jpg

ビームライフル、ビームランチャーも
しっかり付属。ビームランチャーの
マガジンは着脱可。

どちらもリアアーマーに懸架できるけど、
バックパックやヴェスパーに干渉する上、
さほどガッチリとホールドはされないので
やや不憫。


METALBUILD_F9115.jpg

METALBUILD_F9116.jpg

ビームシールドは発生機とエフェクトが
一体になっており、腕の発生機の部分を
差し替えて展開状態を再現する。
シールド基部が回転し、下腕にロール軸も
あるので、構えるポージングに幅が出せる。

ビームサーベルの柄とシールド発生機は、
腰のサイドアーマーに収納可。


METALBUILD_F9117.jpg

METALBUILD_F9118.jpg

METALBUILD_F9119.jpg

F91の代名詞と言えるヴェスバーも新たな
デザインとなり、新解釈の展開ギミックが
起用されている。

両サイドの白い装甲が半開きになる
ギミックには、最初は気が付かなかった。
地味に砲口の白い部分もスライド。
ここは引き過ぎると抜ける。

ヴェスバーは設定通りレールに沿って、
前方向に移動。肩がスイングし、
肘もしっかり曲がるので、
フレキシブルに構えることが可能。
でもバックパックとヴェスパーの接続部が
一見貧弱そうにも見えるので、取扱いには
注意したい。


METALBUILD_F9121.jpg

メタルビルド専用のいつものスタンド付き。
本体は股間と背中でジョイントできる。
股間をジョイントするほうが、
しっかりしてて安全に飾ることが
できそうだけど、この場合も本体をガッチリ
固定できる感じではない。
股間で支柱に取り付けたまま、動かしたり、
武器の交換とかやってると、ジョイントとの
接続が少し緩くなっている場合があるからね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

METAL BUILD ガンダムF91 『機動戦士ガンダムF91』[バンダイ]《...
価格:20520円(税込、送料別) (2017/3/29時点)







METALBUILD_F9122.jpg

ハメ込みや可動が極度に固い箇所があり、
造型もデリケートな部位があるので、
魂ネイションのアイテムでも屈指の扱い
にくさを誇り、多少の慣れが必要かもしれない。

メタルビルド初の宇宙世紀物なので、
F91で同ブランドを初めて買った人も多い
みたいだけど、意外と苦戦してません?

でもアイテムの満足感度は扱いにくさを
補って余りある物で、造形のカッコ良さ、
高級感のある仕上がり、広い可動域に
充実のギミック…と総じて高評価。
希少なF91の立体物ということも
ポイントを上乗せしちゃうね。

このF91をもっと堪能できるアイテムicon
もちろんとっくに予約済み。
幻のMSVの再現も楽しみ!


中古なら定価以下の限定品も・メタルビルドいろいろ入荷中!

スポンサーサイト
blank.jpg
関連記事