#1214 メカアクションシリーズ ブロッカー軍団Ⅳ マシーンブラスター サンダイオー & ボスパルダー|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

#1214 メカアクションシリーズ ブロッカー軍団Ⅳ マシーンブラスター サンダイオー & ボスパルダー


4月開始のアニメもひと通り出揃ったけど、
個人的に今期No.1は
TOKYO MXテレビでスタートした
ブロッカー軍団IVマシーンブラスター!

まあ4月スタートのアニメは、
同じくMXで始まったスペースコブラ以外
見てないけどね。

AT-Xは解約しちゃったし、
まさかこんな昭和のカルトロボットアニメを
見られる日が来るとは思ってなかったよ。
しかも地上波で!

一昨年AT-Xで見たメカンダーロボや
ダイアポロンとほとんど変わんない
内容だけど、伝説の存在だった
マシーンブラスターが動いているのを
見られて、ちょっとときめく。

落とし所がイマイチよく見えないけど、
上記のロボットたちのコラボ企画
「ミラクルロボットフォース」も始まったし
その辺りの動きにも便乗して、
今回はイマドキどこもやらないような、
ちょっと懐かしい物をレビューしますよ。


MAS_BLOKER101.jpg

今は亡きシーエムズコーポレーション製
メカアクションシリーズ
ブロッカーIII サンダイオー &
ブロッカーIV ボスパルダー
しかもリミテッドバージョン。

2008年末ぐらいのリリースで、
かなり前に買って放置していたものを発掘。
定価は10500円だったと思うけど、
いつもの店で2000円ぐらいで
ゲットしたような。

当時、いつもの店は
「地下にシーエムズの工場がある」と
言われており、CMs商品が大量に陳列され、
特価で販売されていたことは
今でもたまーに思い出す。






MASではボスパルダー&サンダイオー、
ロボクレス&ブルシーザーが2体ずつ
セットで発売。

それぞれ劇中カラーに準じた通常版と、
白い部分がシルバーで塗装された
リミテッドバージョン(宮沢模型限定?)の
2タイプでリリースされている。

自分が所持しているのは
リミテッドバージョンのほう。
例によって通常版もかなり安かったので、
2バージョン買ったけど、結局はカッコイイと
思った限定版のほうを残し通常版は売った。
買った値より高く売れたのはナイショだ!


MAS_BLOKER102.jpg

まずは主役ロボのボスパルダーから。

マッシブなスタイリングで
力強さを感じさせる造型。
劇中よりも頼もしそうに見える。

全塗装で、この頃は塗りが雑な商品も
多かったけど、目立つムラやはみ出しは
見られず、なかなかキレイな仕上がり。


MAS_BLOKER103.jpg

帽子はフリーダムIVに分離・変形。
後部ブースターが起き上がる。
顔面は機体底に折り畳まれるんだけど、
ヒンジ部が塗装で厚くなったせいか、
ピッタリ付いてくれない。


MAS_BLOKER104.jpg

MAS_BLOKER105.jpg

関節はクリック式。
カクンカクンとした感触で動き、
微調整はできない。

見掛けの割に可動範囲はそこそこ。
若干ながら、肩が上下にスイングしたり、
胸と腹の接続部が可動し、上半身を後方に
反らすことができたりする。

股関節はあまり前方には上がらないけど、
足首の接地は割と良好。


MAS_BLOKER106.jpg

胸のマルチストーム発射は差し替えで再現。
ベルトのバックルはスライド式で、
ミサイルの発射口が露出する。


MAS_BLOKER107.jpg

MAS_BLOKER108.jpg

MAS_BLOKER109.jpg

ボスパルダーのメイン武器?
マラカス型ハンマーのパルダーチャック。
チェーンは金属パーツ。

専用の持ち手が付いてるけど、
持たせるのがかなりキツイ。

さらに手首のハメ込みはそれ以上に
超絶的にキツい。温めても効果は薄く、
手首の抜き挿しにはかなり手こずった。
手首のジョイントが軸の太い鉄アレイ型で、
折れにくい感じなのが、ちょっとだけ救い。

交換用の手首として、他に平手が付属。
こちらもハメ込みはキツキツ。


MAS_BLOKER110.jpg

「仁太、借りるぜ!」

サンダイオーのサンダースピアーも
持たせられる。


MAS_BLOKER111.jpg

続いて主人公の弟分が乗るサンダイオー。

赤一色でモールド等が入っていない
巨大なヨダレ掛けのせいでノッペリした
イメージ。元のデザインがそうなので、
仕方ないけどよ。

あと腰パーツが歪んで組み付けられており、
隙間が生じている。
シーエムズクオリティは健在。


MAS_BLOKER112.jpg

MAS_BLOKER113.jpg

フリーダムIIIの分離を再現した余波で、
顏の真ん中にも隙間ができてしまう。
これが致命的で、かなり見映えを
悪くしている。もっとピッタリ密着させる
ことはできなかったのだろうか?

頭部の上半分が斜めになって、
上方を向いているのも、締まりの無い
見た目の一因になっているようだ。


MAS_BLOKER114.jpg

フリーダムIIIは耳に当たるウイングが可動。


MAS_BLOKER115.jpg

MAS_BLOKER116_201704202048475f6.jpg

ヨダレ掛けと干渉するので、
肩の可動は制約される。

ボスパルダーみたいにスカートを
履いてないけど、股関節はあまり前方には
上がらない。

なお2体ともシーエムズ商品で
おなじみの関節崩壊は見られず。
10年近く持ち堪えているのは奇跡か?


MAS_BLOKER118.jpg

MAS_BLOKER117.jpg

MAS_BLOKER119.jpg

槍と言うより包丁に見える
サンダースピアーが付属。
設定通り、分離して背中に取り付けることも可。

2本の包丁は連結できるけど、
ここも塗装でダボが太くなってしまったのか
穴にきっちり入りきらない。
少し削る必要がありそう。


MAS_BLOKER120.jpg

下腕を差し替えてスクリューブレードも
再現できるけど、ボスパルダー同様に
手首のハメ込みが超絶キツイ上、
通常の下腕から肘関節を取り外し、
付け直す必要がある。
この肘関節もなかなか外れてくれず、
しかも取り付けづらい。

あまりの面倒臭さに、スクリューブレードは
封印を決めたのであった。


MAS_BLOKER121.jpg

MAS_BLOKER122.jpg

円月廻転を再現するパーツが付属。
脚部と掴んでいる手首が一体成型となった
パーツが4体分。

この商品精度で円月廻転を再現したら、
無事では済まない気がするんだけど。

本記事へのアクセスが多ければ、
ロボクレス&ブルシーザーも紹介予定なので
大丈夫そうであれば、ブロッカー陣形は
その時に披露しよう。


MAS_BLOKER123.jpg

MAS_BLOKER124.jpg

本商品のオリジナルギミック!
関節が共通なので、ダイナマイトアクション
ばりに各パーツの交換が可。
でもオフィシャルには無かった遊び方。

首は外すのが怖かったので、
そのままにしたんだけど、
手足の交換だけだと、ほとんど変化無いね。


MAS_BLOKER125.jpg

並べるとサンダイオーのほうがやや小さい。
いちおう設定通りか?

手首の超絶なハメ込みにくさは頂けないけど
ボスパルダーは悪くはないデキだと思う。
サンダイオーは顔が上向きで、
隙間があるのがどうしてもダメ。

近年に出た可動トイだと
ボスパルダーには超合金魂に匹敵するぐらい
デキのいいヤツが出てるけど、
他の3体はこのシリーズしか無いんだよね。

でもMASはあんなに余ってたのに、
今ではキレイに市場から掃けたのか、
当時タケミから出てたビッカー合金のほうが
オクにも多く出ててちょっとビックリする。


隠れた名作トイもあるよ・今や伝説? CM'sのBRAVE合金

スポンサーサイト
blank.jpg
関連記事