#1219a ユニバーサルユニット4 前編 (νガンダム&陸戦型ガンダム)|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

#1219a ユニバーサルユニット4 前編 (νガンダム&陸戦型ガンダム)


これが最後のユニバーサルユニット?

気付けば続弾の情報が途絶えてしまい、
今月届く超大物の2次icon以降は
現時点で新作の情報は無いわけだが、
無事第5弾は発売されるのかねぇ…

店の棚に未だに第2弾が残っているのを
見ると、ガンダム名鑑ガムやマシンヘッドの
後を追いそうな気がしなくもないけど、
一抹の期待を込めながら、秋葉原で
フラゲしてきた第4弾を組み立てる。

UN24A_01.jpg


機動戦士ガンダム ユニバーサルユニット4 10個入 食玩・ガム(機動戦士ガンダム)
バンダイ (2017-05-02)
売り上げランキング: 1,019


公式発売日は5/2。
でも大体5/1にはお店に並んでいると思う。

ユニバーサルユニットの販売店については
以前まとめたコンバージの販売情報
ほぼ一緒だから、売っている所が
分からない方はご参考に。

4機種×武装違いAB2種の計8種。
3弾同様、箱の外にABどちらが
入っているか書いてあるので、
欲しい物を選んで買える。

アキバで消費税分お得なフルコンプセット
4000円を見つけたので、それを買ってきた。

例によって組み立てがそれなりに面倒で
一気に全部組むのはしんどいので、
今回はアサルトキングダムのリメイクとなる
νガンダムと陸戦型ガンダムの
2点をレビューします。
Vガンダムとガンイージはまた次回。


①νガンダム


UN24A_02.jpg

UN24A_03.jpg

まずはニューガンダムから。

Aにビームライフル&シールド、
Bにフィンファンネルとハイパーバズーカ
が付属。
Aにはビームサーベルも付いている。


UN24A_04.jpg

2つ買わないと基本装備と言える状態に
ならないのがちょっとツラい。
いちばん最初のνガンダムのプラモ
Aと同じ装備でファンネルが付いてなかった
みたいだけどね。

バズーカはランドセルにも取り付け可。
ただし、ファンネルを背負わせただけでも、
自立は結構シビアになる。
割と立たせづらい。


UN24A_05.jpg

アサルトキングダムのνと比較。
やや体格が良くなり、
造形はユニユニのほうがいいと思う。

腹とフンドシの赤い部分と
肩とシールドのマーキングがシール。
フィンファンネルの塗装が追加され、
関節のグレーはオミット。
ライフルは白成型色にネイブーブルーが
塗装されている。


UN24A_06.jpg

UN24A_07.jpg

可動範囲はアサキンとほぼ同等。

肘・膝は90度以上曲がり、
肩は真横、足は真正面まで上がる。
胴、太ももにはロール軸あり。
ミニサイズのフィギュアにしては
十分過ぎる可動性。

ただし、アサキンでは左右に動いた
ランドセルのファンネルをジョイントする
部分が固定となっているため、
ファンネルを後方に逃がすことができず、
シールドと干渉してポージングの邪魔に
なりやすい。大きなネックではないけれど。


UN24A_08.jpg

ハメ込みがキツい箇所も散見され、
特に手首へ武器を差し込みむと、
簡単には抜けてくれない。


UN24A_09.jpg

Aに付属するビームサーベル。
刃が塗装されている。

柄の下部からもビーム刃が出ているような
造形なんだけど、ここは白成型色のまま。
塗装しないんだったら、下の刃は出してない
形状で造形すればいいのに。

平手は付いてないけど、
アサキンの手首が流用できる。


UN24A_10.jpg

アサキンサザビーの限定版に付いてた、
コクピットカプセルを掴んだ手首も
そのまま使える。


②陸戦型ガンダム


UN24A_11.jpg

UN24A_12.jpg

UN24A_13.jpg

次は陸戦型ガンダム。
Aが100mmマシンガン、ビームライフル、
シールド装備。
Bが180mmキャノン装備。

量産型なので2つ揃えても困らないし、
どちらか1個でも格好は付く仕様。

なお、平手とビームサーベルは
ABどちらにも付属しない。


UN24A_14.jpg

UN24A_14b.jpg

陸戦型もアサキンで発売されてるので比較。

足首が前後に長くなったけど、それ以外、
造形のテイストはそんなに変わらない。
HGUCに近いのか?
顔はアサキンのほうがややイケメン。

未塗装箇所を補完するシールは、
フンドシの連邦マークのある赤い部分のみ。
シールドに貼る用のナンバリングの
シールも付いている。


UN24A_15.jpg

UN24A_16.jpg

後述する、ある一部分を除いて、
可動性はνガンダムとほぼ同等。
首の上下可動域はνより広い。

太もものロールがかなりキツく、
力任せに動かそうとすると、壊しそうで
食玩のクセに扱いをかなり慎重にさせる。


UN24A_17.jpg

UN24A_18.jpg

そして陸戦型ガンダムには、
なんと肩の引き出しギミックが搭載!
腕を前方にスイングさせることができる。

これにより、180mmキャノンを
両手で構えることが可能。


UN24A_19.jpg

UN24A_20.jpg

足回りの可動域が広いので、
立て膝もキレイにできる。


UN24A_21.jpg

AB2個揃えると輝き撃ちもできる。
シールドに自立ギミックは無く、
砲身でおさえているだけ。


UN24_tsuika.jpg

ここで訂正。
シールドに自立ギミックは無いと思ってたけど、
後から支柱が仕込まれているのに気付く。
これで存分に輝ける。


UN24A_22.jpg

180mmキャノンは上部のグリップも
持たせられる。ユニコーン劇中で
ネモが撃ってたみたいに、この部分を
持たせて両手で構えさせるのは
無理がある。




3弾のウイングゼロやフルバーニアンには
及ばないけど、νも陸戦型もまあ悪くない。

残りのVガンダムとガンイージの
デキのほうはいかに?
(まだ組み立てていない)


タイムセールで欲しかったユニユニを買っちゃおう!

スポンサーサイト
blank.jpg
関連記事