次はゴッドグラヴィオン! 千値練から大物ロボットトイが止まらない!~ワンフェスみやげ話2017夏①|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

次はゴッドグラヴィオン! 千値練から大物ロボットトイが止まらない!~ワンフェスみやげ話2017夏①


今回からまた数回に渡って、
2017年夏のワンフェスから、
個人的に気になった新製品などのレポートを
お届けします。

第1弾は大物ロボットトイが
続々スタンバイ中の千値練のブースから
ピックアップ。

まずは冬のワンフェスでシルエットのみ
公開されていた合体ロボがついに正式発表!

wf2017s_sentinel01.jpg

メタモルフォース バリエーション
超重神グラヴィオン ゴッドグラヴィオン

発売日・価格未定

変形・合体ロボットトイのシリーズである
メタモルフォースと大張正巳氏のコラボ
第2弾。

発売されたばかりのバイカンフーに続いて
選ばれたのは、ゴッドグラヴィオン!

過去に合体するトイも出てたけど、
本格的な物はこれが初と言っていいかも。


wf2017s_sentinel01b.jpg

wf2017s_sentinel02.jpg

wf2017s_sentinel03.jpg

wf2017s_sentinel04.jpg

wf2017s_sentinel05.jpg

グランカイザーをコアに、4つのメカが
合体してゴッドグラヴィオンとなる
ギミックを再現。

グランカイザーはROBOT魂よりも
気持ち大きいぐらいのサイズ。

このロボットはよく知らないし、
勇者ロボ系のデザインは、そんなに好みでも
ないので、購入の意志は無いけれど、
変形合体する大型ロボットのおもちゃは
ロマンがあるので、気には留めておきたい。


wf2017s_sentinel06.jpg

wf2017s_sentinel07.jpg

冬に発表された
メタモルフォース ブラックサレナ

今回は高機動ユニットを装着した状態
での展示。ブラックサレナの時点で、
武器屋のプラモに匹敵しそうなサイズ
だったのに、高機動ユニットを纏うことで、
とてつもなくボリューミィに!

ブラックサレナ状態の写真が見たい人は
冬のレポートを見てね

なお高機動ユニットは別売りで、
限値練での限定販売。
ブラックサレナは一般販売される。
価格・発売時期は未定。


wf2017s_sentinel08.jpg

RIOBOT 1/12 VR-052F
モスピーダ スティック


こちらも冬に続いての展示だけど、
今回は彩色版となり、ライドアーマー形態を
初公開。バイク形態が見たい人は、
サレナ同様、前回の記事を見てね。


wf2017s_sentinel09.jpg

wf2017s_sentinel10.jpg

wf2017s_sentinel11.jpg

なかなかマッシブなスタイルでいい感じ。
スティックの素顔ヘッドも付くようだが、
よく似ている。

個人的に千値練のアイテムでは
一番の期待株。発売が待ち遠しい。
(来年発売予定で価格未定)

10年近く前にリリースされ、今や
失われた伝説となっているモスピーダ
越える物を見せつけて欲しい。

ちなみに冬のワンフェスにてパネルで
告知されてたfigmaのモスピーダは
影も形も無かった。。。


wf2017s_sentinel12.jpg

wf2017s_sentinel13.jpg

wf2017s_sentinel14.jpg

wf2017s_sentinel15.jpg

RIOBOT 真ゲッター1と
デヴォリューション版のゲッター1。
いずれも価格・発売日未定。

これらは今回も未彩色試作。
真ゲッターはゲッターウイングの造形が
変わっているけど、パッと見冬の展示と
大きく進展はないみたい。

真ゲッターは早く出さないと、
ダイナミックのターンに入っている
超合金魂が発売決定しちゃうかもよ。


wf2017s_sentinel16.jpg

wf2017s_sentinel17.jpg

RE:EDIT IRONMANの新作は
HOUSE OF M HOWARD ARMOR


コミックのスピンオフストーリー
「アイアンマン:ハウス・オブ・M」より
トニーのパパのハワードが装着する
アーマー(でいいのか?)


wf2017s_sentinel18.jpg

wf2017s_sentinel19.jpg

デンドロアイアンマンこと
RE:EDIT IRONMAN #12
HOUSE OF M Armor


「ハウス・オブ・M」からは
ハワードアーマーに先駆けて
こちらが10月発売予定。

登場作がいつものアイアンマンとは違う
世界観のようで、SFテイストがさらに
色濃く、ウォーマシーン以上に兵器色の
強いアーマーになっている。

非常に楽しみなアイテムだけど、
前作の重装備アイアンマンが
早々にかなり安くなって、どのタイミングで
買うべきか迷うところ。


wf2017s_sentinel23.jpg

新シリーズのROBOXも彩色試作が
お披露目。

詳細が分からないので、まだ何とも言えない
けど、新たなオリジナルキャラクターで
第2のメカトロウィーゴを目指すのか?

中堅メーカーでありながら、
手堅い版権キャラばかりでなく、
こういうチャレンジに積極的なのは
評価したいと思う。


wf2017s_sentinel20.jpg

前回はまだ色が付いていなかった
1/6 ルーデンスの試作品は彩色され、
このまま製品で出しても大丈夫な感じに。

でもサイズがサイズだし、
かなりお高くなりそうね。
発売日・価格未定。


wf2017s_sentinel21.jpg

wf2017s_sentinel22.jpg

最後は東亜重工。
合成人間のクリアver.は会場限定品の
1/6とあみあみ限定の1/12が展示。

1/6は千値練&1000TOYSの限定品では
いちばん人気。物販列に並んでると、
前の人も後ろの人もみんな買ってた。
お昼過ぎに物販ブースの前を通り掛かった
時は、合成人間だけが売り切れてたな。

なので、例によって超強気なプレミア
弾き出されているけど、ホントに
この値段でも欲しい人っているのかしらね?

網限定の1/12は今日から予約開始だけど、
お昼ごろにスタートし、こちらもすぐ
売り切れてた。

この合成人間シリーズってホントにそこまで
人気あるのか、数が極端に少ないから
こうなってるのか、どうも判断に困る。
私見では後者だと思…ゲフン! ゲフン!

でも1/12サイズで、オプションもギミックも
ほとんど無い無色クリアのフィギュアに
7000円はちょっと。。。

1/6買ったから、こっちは別にいいかな
…と思いつつも、あみあみ夜の部で
恒例の復活をとげていたので確保。
あと2週間で切れる期間限定Tポイントが
3000円ぐらいあったんで、つい。。。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

千値練 1000toys 1/6 東亜重工製 合成人間 【クリア】
価格:39000円(税込、送料別) (2017/7/31時点)



wf2017s_sentinel24.jpg

夏のワンフェスレポート千値練編は以上。

冬に大物タイトルを複数発表し、
それらのほとんどがまだ未発売案件なので、
初出のネタは少なめだった。

とりあえずはモスピーダと
ブラックサレナに期待。8月中には
ワンフェス直前に発売された大物
レビューもできるかも。

スポンサーサイト
blank.jpg
関連記事