#1283 ROBOT魂 〈SIDE AB〉 ライネック



2017年09月18日
ダンバイン 〈SIDE AB〉

いやぁぁぁぁ!
小羽の根元が折れたぁぁ!

robot_wryneck01.jpg

ビックカメラから発売日に届いた
ROBOT魂SIDE ABの新製品の
ライネック


早速写真を撮りながら弄っていると、
小さいほうの羽が根元からポロッと逝った。
動かすとねじ切れるような感じで破損。

ロボ魂オーラバトラーの羽に関しては
ハメ込みがキツく、パーツの細い部位に
テンションが掛かるので、着脱の際には
いつも細心の注意を払っていたんだけどね。
あまり意識しないで動かしてしまい、
無理な力が掛かったようである。

ロボ魂オーラバトラーの羽を動かす時は、
根元を摘まんで、様子を見ながら
ゆっくり動かすことを心掛けるのが無難。
お馴染みのシリコンスプレーを吹いておく
のもいいかもしれない。

とりあえず瞬着で修理したけれど、
接着面が小さく、負荷も掛かる部位なので
バンダイに部品注文。
部品代(小さい羽は2個1セットの販売)と
送料手数料で1500円ぐらい掛かったわ。

robot_wryneck02.jpg


ROBOT魂 聖戦士ダンバイン [SIDE AB] ライネック 約145mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
バンダイ (2017-09-16)
売り上げランキング: 47


ROBOT魂 New Story of Aura Battler DUNBINE [SIDE AB] サーバイン 約145mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア
バンダイ (2016-08-11)
売り上げランキング: 423



robot_wryneck03.jpg

robot_wryneck04.jpg

大型のオーラコンバーターを
背負っているので、かなり箱は厚みがあり
ブリスターも2層。

恒例の箱ベロのセリフは、
もちろん有名なトッドの断末魔のアレ。


robot_wryneck05.jpg

robot_wryneck06.jpg

写真を3~4枚しか撮っていない時点で
壊したけど、意外としっかり接着できた
ので撮影続行。

SIDE ABはハズレ無しの安定感の高い
シリーズであり、ライネックに関しても
文句無しの造型。

曲線の取り方も手慣れたもので、
イメージ通りのプロポーション。
濃いグリーンは成型色ながら、
質感は良く、安っぽさは全くと言って
いいほど感じない。

サイズはロボット魂の中でも大きいほうで
オーラコンバーターが大型の故、
自立させるのがやや難しい。

あとライネックに始まったことじゃないけど
羽を完全に閉じることができないのが、
ややネックに感じる。

総じてデキの良いSIDE ABの欠点は
取り付けにくさ、壊れやすさも含めて
羽にあると言ってもいいな。


robot_wryneck07.jpg

robot_wryneck09b.jpg

可動はなかなか良好。

頭部は埋まっている構造のため、
左右の可動域は狭いけど、
上下には結構動く。

首元にオーラバルカンのような穴が
あるんだけど、そんな設定あったっけ?

肩アーマーは胴体に接続されており、
横方向に開くだけでなく、
腕と独立して回転する。

肩は前方向に引き出し可。
肘は二重関節で肘関節と下腕の接続が
ロール軸なので、ガワラ曲げも可。
ツメは左右に開く。


robot_wryneck08.jpg

robot_wryneck09.jpg

ボディは胸と腹がボールジョイント接続で
比較的自由に捻ることが可。
腹と腰の接続部は前後に可動し、
胴体を反らすことができる。

個体差だろうけど、全体的にギチギチ鳴る
関節が多く、やっぱりシリコンスプレーは
必須。

股間の突起の先端にも穴状のモールドが
あるんだけど、ライネックのチ○コも
キャノンか何かだっけ?


robot_wryneck11b.jpg

足回りもよく動く。
足首はグレーのツメも独立可動。


robot_wryneck10.jpg

robot_wryneck11.jpg

オーラコンバーターは胴体との接続が
ボールジョイント。
大型クロー後部の噴射口のある部分が
上下に稼働する。

ライネックにはオーラソードの鞘が無く、
右側のコンバーターに穴が開いており、
そこに差し込むようになっている。
こんなデザインだとは
今まで気が付かなかった。


robot_wryneck12.jpg

robot_wryneck13.jpg

脚部に収納されているダガー×2本も付属。
刃はシルバーで塗装。

ダガーはオーラソード用の物とは別に
専用の持ち手首が左右付属。
オーラソード用の手首は、
右手首しか付いていない。

平手は指の開き具合が異なる物が2種
各左右付属。


robot_wryneck14.jpg

肩のミサイルポッドは差し替えで
開いた状態を再現する。
腿のミサイルは着脱可。


robot_wryneck15.jpg

コクピットハッチが開閉し、
内部のコクピットも再現。

SIDE ABの定番ギミックだけど、
パイロットフィギュアが無いので、
自分はあまりこの部分を弄ることは無い。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バンダイ ROBOT魂 聖戦士ダンバイン [SIDE AB] 【ライネック】
価格:6480円(税込、送料別) (2017/9/18時点)






robot_wryneck16.jpg

やはりダンバイン系のロボ魂は
安定した支持を得ているのか、
いきなり目を見張るほど割引はなく、
現時点では安くて6000円台前半といったところ。

でも前作のオーラバトラー
長いこと半額ぐらいで売ってるんで、
ライネックももう少し安くなるかな?

ただデキのほうは文句無しのレベルだし、
ボリュームも結構あるし、このライネックが
6000円台で手に入るなら、十分安いと思うよ。


買い逃したROBOT魂オーラバトラーも揃えられる!

スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお