#1284a 超合金魂 GX-39R バイカンフー (リニューアルバージョン) 前編|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

#1284a 超合金魂 GX-39R バイカンフー (リニューアルバージョン) 前編


超合金魂バイカンフーの発売は
2007年11月。その時はまだ
消費税は5%で定価は18900円。

約10年ぶりの再販だけど、
当時の価格で出すのはさすがに無理なようで
少し手を加えたリニューアルバージョンと
いう体裁で、価格を変更しての再リリース。

彩色と一部パーツが新規造型になった
程度の変更で、今回の定価は27000円。
税率も違うけど、かなりの爆上げっぷり。

コレクター事業部の商品も
再販要望の高い物が多そうだけど、
最近は発売から1~2年の物は
たまに再販されても、それ以前の物が
そのまま出ることは、ほとんど無いような。

2014年に発売された
METAL ROBOT魂のHi-νガンダムも
今月発送のリパッケージ版では、
塗装以外の違いはほぼ無いのに
値上げされている。
このぐらい以前に発売された物が、
初販と同じ値段と同じ仕様で、
再販されることは、もう無いのかも
しれないね。

そんなことも考えながら、
連休中に届いたリニューアル版の
バイカンフーを開封~

chogokin_baikanfu01.jpg


超合金魂 マシンロボ GX-39R バイカンフー(リニューアルバージョン)
バンダイ (2017-09-16)
売り上げランキング: 169


METAMOR-FORCE “BARI
千値練 (2017-07-28)
売り上げランキング: 5,170


なんか順調に最安値を更新してない?

予約解禁後しばらくしたら、もう定価
近辺でしか売っていない状態だったのに。

最安値だったあみあみが売り切れだったので
最寄りのビックカメラを2店回ったけど、
予約は埋まった後。

なので、発売日の前日に予約最安値クラスの
出物をマケプレで見つけて喜んでポチッた
けど、次の日にはさらに値下がった物件が。。。

昨日またチェックしてみると、
さらに2000円以上安くなってる!
ポチってから2日しか経ってないのに!

まあ連休中にブンドドできて、
このタイミングでレビューできるわけだから
全く後悔はしてないよ!

でもまた最安値を更新した物件
見つかったりして、ちょっと萎えちゃう。

今はほぼ定価予約しか見つからない
来月発売の超合金魂は、もう少し慎重になってみるか。


①ロム・ストール


chogokin_baikanfu04.jpg

chogokin_baikanfu05.jpg

超合金魂バイカンフーは、実質4体の
フィギュアが入っていることになるので、
レビューは2回に分け、前編となる今回は
ロム・ストールとケンリュウを紹介します。
バイカンフーとレイナはまた次回。

まずは本体アイテムのコアとなる
ロム兄さん。

仮面ライダーの食玩(装動)よりも
全然小さいサイズ。

プロポーション自体は悪くはないけど、
可動域を確保するため、肩が大きく
抉れていたり、ネジ穴&ビス穴が目立ったり
ちょっとおもちゃ然とした作りにも見える。

アイプリも適当な感じだけど、
このサイズじゃ仕方ないよね。
実際小さすぎて気にならない。

足首の接地があまり良くなく、
股関節の構造のせいでもあるのか、
足裏をしっかり地面に着けた状態での
直立ポーズを取らせにくいのに
作りの古さを感じる。
(実際10年前のフィギュアだけど)


chogokin_baikanfu06.jpg

chogokin_baikanfu07.jpg

剣狼は小さいながらも刃が銀メッキ。
高級感を感じる。


chogokin_baikanfu08.jpg

chogokin_baikanfu09.jpg

chogokin_baikanfu10.jpg

食玩よりも小さいサイズながら、
かなりよく動く。
ただ足首の接地だけはダメだ。


chogokin_baikanfu11.jpg

chogokin_baikanfu12.jpg

ロム兄さんの兄さんが使っていた
流星も付属。
ジョイントを使って剣狼と連結可能。

2本繋げると、ロムの身長よりも
かなり長くなる上、接続部は外れやすいので
正直持て余す。


chogokin_baikanfu13.jpg

マスクオフ状態の交換頭部付き。
オレの思い出のロム兄さんとは全くの別人。
こんな作画の回もあったのか?

マシンロボは10年ぐらい前に
ファミリー劇場で初めて見たんだけど、
内容はほとんど憶えていないや。
最終回のラストでポカーンとなったのは
ハッキリ憶えてるんで、最後まで
完走したのは間違いないんだけど。

オレ的にマシンロボは、アニメよりも
スパロボのイメージが強いし、
ゲームのバイカンフーのほうが全然カッコ良かった。


chogokin_baikanfu14.jpg

旧版(GX-39)とは比較できないので、
代わりに最近出た千値練版と並べてみる。

可動は一長一短あるけれど、
造形はメタモルフォースのほうが、
肉感的で洗練されたプロポーションに
なっている。
ロム兄さんは千値練のほうが好きだな。

でも千値練のバイカンフーのほうも
結構安くなってるのね。
それでもまだ高いけど。



超合金魂 GX-39R バイカンフー(リニューアルバージョン)
『マシンロボ クロノスの大逆襲』[バンダイ]
【送料無料】 《発売済・在庫品》 価格 24,240円(税込)



②ケンリュウ


chogokin_baikanfu15.jpg

続いてケンリュウにロム兄さんを収納。
ロム兄さんは、どこかのパーツを取り外す
必要はなく、そのまま収納できる。

なかなか入らないような部位も無く、
比較的スムーズにドッキング完了。


chogokin_baikanfu16.jpg

chogokin_baikanfu17.jpg

chogokin_baikanfu18.jpg

そして簡単に完成したケンリュウ。
腹や肩などからロム兄さんがチラ見え。
頭部と手首が新規造型らしい。

10年前の超合金は、まだ合金率も
高かったので、手に持つとそれなりに
ズッシリ感がある。

青はやや水色に寄ったさわやかな感じの
色味に変更されている。
劇中とは異なる感じだけど、このブルーは
結構好き。

胸板が厚く、程良くマッシブで
肉感的な印象も受けるプロポーションも
気に入った。


chogokin_baikanfu20.jpg

chogokin_baikanfu20b.jpg

chogokin_baikanfu19.jpg

腕にロール軸は無く、その代わり肘関節が
前後方向に可動するものと、
横方向に動くものの2箇所あり。

肩はロムの関節と連動して動き、
ある程度横方向にも上げられる。

胴は背中でボールジョイント接続されて
いるけど、中にロムが入っていると、
思いきり動かすことはできない。


chogokin_baikanfu21.jpg

chogokin_baikanfu22.jpg

股関節は前後左右に動くけど、
ここもロムの可動と連動する部分なので、
アクションさせるのは控えめに。


chogokin_baikanfu24.jpg

chogokin_baikanfu25.jpg

ケンリュウサイズの剣狼と
パイルガードも付属。
中サイズの剣狼も、もちろんキレイな
銀メッキ。

パイルガードは取っ手の部分が
可動しないようで、やや自由度が低い。


chogokin_baikanfu26.jpg

chogokin_baikanfu27.jpg

千値練版のケンリュウとの比較。
とても同じロボットとは思えないほどに
別物。

ケンリュウは超合金魂版のほうが
圧倒的にいいな。

千値版は股関節がまともに動かせず、
開いたまんまだし、軽くてスカスカ感が
ハンパない。

スタイルも、これだとケレン味が
効き過ぎてる気がするなあ。







chogokin_baikanfu28.jpg

パイルフォーメーション!
…は次回後編にて。

バイカンフーと元祖妹キャラを
レビューしてみるよ。


20周年で超合金魂いろいろ・再販確率ゼロのアイテムも諦めない!

スポンサーサイト
blank.jpg
関連記事