その125  GFF METAL COMPOSITE #1008 ユニコーンガンダム プリズムコート



2010年11月21日
0
0
GUNDAM FIX
最初は「メタルコート」という商品名で、金属っぽい質感のメッキの
見本写真が発表されていましたが、実際には「プリズムコート」という
名称で、光沢のある白で塗装された仕様でリリースされました。

魂ウェブの見本写真は、メタルコートの時のままだけどいいの?
実際の商品は見本とは異なる場合があります。
つか、○化してることが多いです。


PRIUNI01a.jpg

今月の13日に発売になったばかりですが、
すでに薄っすら黄ばんでいる感じの部分がいくつかあります。
(ウチのカメラの解像度ではよく分からないレベル)

ついこの間ライジングマイティの一件があったばかりなので、
半年とか1年後とかに、まっ黄色になっていないか心配。
それは困るので、近日中にバンダイに問い合わせてみます。


PRIUNI02a.jpg

写真では白く見えますが、実際はもう少しくすんだ感じの白です。
ツヤのある白なので、某掲示板では便器と揶揄されていましたが、
そこまで陶器っぽい感じではありません。
少し黄ばみはあるけどね。


PRIUNI03.jpg

PRIUNI04.jpg

デストロイモード。

最初はパーツをどの方向にスライドさせればいいのか、分かりづらい箇所もありましたが、
慣れるとそんなに難しい変形ではないと思います。


PRIUNI07a.jpg

スタンドが付属していますが、支柱が棒なので、
派手なポーズで浮かして飾るとユニコーンの重みで不安定になります。

スタンドがイマイチ使えないのは、GFFの伝統ですね。


PRIUNI05.jpg

PRIUNI07b.jpg

足が少し長い気もしますが、プロポーションに対する不満は特になし。
イケメンだし。


PRIUNI06a.jpg

ビームサーベルの刃は透明じゃなくピンク色。
2本しかついていませんが。。。
定価2マンもするのだから、サーベルもう2本ぐらいサービスしてよ。


PRIUNI08.jpg

基本的な武装は一通り揃っていて、可動範囲も広いので結構遊べます。

しかしデストロイモードで弄んでいると、いつの間にか装甲が勝手に閉じて
元に戻っている箇所があったりします。

あと武器の持ち替えをいろいろやったせいか、右肘が早くも緩くなってきました。
逆に股関節はかなりキツイです。


PRIUNI10.jpg

最後は違和感があるような、ないような写真。

高いのにサーベルをケチっている点と、いじっているうちに、
部分的にユニコーンモードに戻ってしまう点以外は満足。

しかし、発売されたばかりなのに、すでに経年劣化のような
黄ばみがあるのはいただけません。

この要因が何かは分かりませんが、高額商品でもあるだけに、
品質管理にはじゅうぶん気を遣ってほしいものです。


[関連記事]

台風の夜に、赤い彗星を見た


[12/23 追記]

所々が黄ばんでいた件で、バンダイに現物を送っていたのですが、
本日「品質基準内」ということで、そのまま戻ってきました。

「弊社内の同一商品と比較したところ、預かった商品は良品と判断した」とのこと。

要するに、基本的に黄ばんでるってことですかね。。。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply