#1341 タツノコヒーローズ Infini-T Force キャシャーン ファイティングギア ver.



2018年02月10日
タツノコ、限値練など

日本版ジャスティスリーグ、
もしくはアベンジャーズ的なタイトルである
Infini-T Force(インフィニティフォース)。

伝統あるタツノコヒーローズの共演で
もっと大型タイトル扱いされてもいいような
気がするんだけど、
イマイチ華やかさに欠ける印象なのは、
TVシリーズがパッとしなかったせいか、
キャラクター自体はメジャーでも、
そんなに人気があるわけではないのか。
まあ、キャラクターは大幅にリメイクされて
オリジナルとは全くの別人になってるけど。

個人的にはリメイクされたヒーロー達は、
オリジナルよりも気に入ってて
(実はオリジナルのほうはよく知らないという
事情があったり)、フィギュアのリリースを
切望していたんだけど、フィギュアーツも
figmaも音沙汰無し。

唯一手を挙げたのが千値練で、
タツノコヒーローズを商品化する
ファイティングギアへのラインナップを発表。

第一志望のシリーズではなかったけど、
ファイティングギアも悪いイメージは
無かったので、そこそこ嬉しかったけど、
よくよくチェックすると、新規造型ではなく
以前発売されたアイテムを
インフィニティフォース“風”に
リペイントしたカラバリ商品らしい。
毎週アニメで見てたアイツらとは違うやん。

なので、激ヤバ即ゲットで予約する気には
なれず、発売ギリギリまで迷ってたんだけど
バンダイからもグッスマからも
吉報が届くことは無く、
品薄っぽい状況に焦りが生じ、
「買わないで後悔するなら、買って後悔しろ」の
格言を言い訳に4体をコンプリート。
その中から、今回はいちばん最初に開封した
キャシャーンを軽くレビューするよ。

ちなみに本レビュー記事を作成している途中で、
全く眼中に無かったバンダイのブランドから
インフィニティフォースの
アクションフィギュアが発表されたiconけど、
オレが欲しかったのとは違うようだ。。。

fighting_casshan01.jpg


Infini-T Force Casshan Fighter Gear Ver.
千値練 (2018-02-03)
売り上げランキング: 17,578


Infini-T Force Tekkaman Fighter Gear Ver.
千値練 (2018-02-03)
売り上げランキング: 20,379


Infini-T Force Gatchaman Fighter Gear Ver.
千値練 (2018-01-30)
売り上げランキング: 15,953


Infini-T Force Polimar Fighter Gear Ver.
千値練 (2018-01-30)
売り上げランキング: 48,149


ポリマーとガッチャマンが1/31、
テッカマンとキャシャーンが2/3発売。
定価は各8964円。

4人の流通状況はそれぞれ異なる印象だけど
キャシャーンに関しては、通発売日までに
通販は軒並み予約終了。唯一確認できたのは
最安値クラス&ほぼ送料無料を理由に、
オレがバンダイコレクター部の商品以外を
メインで買っている店が、発売日直前まで
8200円ぐらいで予約をとっていた。
(ポリマーとガッチャマンはここでゲット)

本シリーズはあみあみが最安値だったけど、
予約段階で通販は売り切れ。
なので、発売日にラジオ会館の実店舗に
出向いてゲットした。
通販の予約価格と同じ7990円也。

店頭には2個しか無かったし、
同じラジオ会館のエックスやイエサブには
ガッチャマンしか無かったから、
やっぱり数は少ないのかもしれない。

でも今は網でも復活してるし
(ただし予約価格より値上げ)
一昨日あたりにTwitterでショップの
入荷情報も流れていたから、
再出荷されているのかもしれない。

4人の中でダントツ品薄感あるコイツだけは
2~3回ぐらいしか復活を確認してないけど。


fighting_casshan02.jpg

購入までに紆余曲折あったので、
前置きがクソ長くなったけど、
ここからレビュー。
でもレビューはいつも通り、簡単に行くよ。

商品内容は至ってシンプルで、
オプションは交換手首2種とスタンドのみ。

箱の前面は大きく窓になっており、
フィギュアの全体が見える。
横面には変身前のイケメンのイラスト入り。


fighting_casshan03.jpg

fighting_casshan03b.jpg

既発のキャシャーンをベースに、
インフィニティフォースの設定カラーに
準じた塗装にリメイクしたもの。

体の両側が薄いブルーになったほか、
細かい塗り分けが増えて、
塗装箇所は大幅にアップ。
塗り分けが多くても、全体的に塗装精度は
高く、仕上がりは上々。

見た感じ全塗装みたいで、ホワイトは
パール調の質感。GCで描かれていた
本作のイメージに合っているかも。

前のキャシャーンは持っていないので
比較は出来ないけど、造型的な違いは無いと思う。
胸のマークが立体的ではないなど、
インフィニティフォースとのデザインの違いはそのまま。

体のラインはやや固めだけど、
スマートなスタイリングと相まって、
アンドロイド設定のキャシャーンの
イメージに合った造型だと思う。

なお全高は17cmぐらいで
(S.I.Cに近いサイズ)
アーツやfigmaなどよりも大きいので、
その辺と絡めることはできない。

足首など、一部ダイキャストが使われて
いるようで、若干重みがある。


fighting_casshan04.jpg

fighting_casshan05.jpg

瞳もインフィニティフォース版の
デザインで描かれている。
なかなか雰囲気は捉えている。

頭部のツノの先端が極細なので、
取扱いにはかなり注意したほうがいいだろう。
後ろに倒れたら、高確率でアウト。

キャシャーンはベルトをしていないんだけど
銃がベルト状のパーツに接続され、
それに腹周りと同化する塗装が施されている
のには違和感を感じる。
銃はボールジョイント接続で着脱できるけど
持ち手は無し。


fighting_casshan06.jpg

fighting_casshan06b.jpg

fighting_casshan07.jpg

fighting_casshan08.jpg

可動はまあ及第点。

首の上下可動域は広く、
しっかり顎が引け、上を向ける。

肩は真横まで上がり、肘は90度ぐらい曲がる。
amazonの旧版のレビューでは、
肩パットが壊れやすいような報告があるけど
弄っていて特にそんな気はしない。

胴は前屈はそこそこできるけど、
後ろへはあまり反り返らない。
左右には360度回転する。


fighting_casshan09.jpg

fighting_casshan10.jpg

fighting_casshan11.jpg

股関節は二重関節で、上に上げると
つま先が外側を向くものの、真正面ぐらいまで上がる。

膝も二重関節。
ふくはらぎが腿の裏に付くぐらい曲がる。
足首の接地は普通。


fighting_casshan12.jpg

fighting_casshan13.jpg

胸のマークが発光。
襟が軟質パーツで、その裏にスイッチ有り。

劇中で光っていた部分でもないし、
高額化の一因となっている要素だと
思われるので、個人的には無くても良かった。











fighting_casshan14.jpg

キャシャーンも既にプレミア価格が目立つけど
いまだにちょくちょく復活してるので、
気になる人は、早めに確保してね。

既発アイテムのカラバリで、
インフィニティフォース版のデザインとは
異なるものの、結構近いイメージに
仕上がっており、思っていた以上に満足。

でも、やっぱりアーツやfigmaぐらいのサイズで、
ちゃんと劇中に準じたデザインのフィギュアも
欲しいなあ。今からでもどこか挙手しないかしら?
望みは薄いけど、今度のワンフェスに
ちょっとだけ期待してみよう。


タツノコ ファイティングギア・高いなら中古で買っちゃう?

スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお