#1347b 機動戦士ガンダム Gフレーム (サザビー、ユニコーンガンダム)



2018年02月28日
Gフレーム

ついに第1弾がリリースされた、
ガンダム食玩可動フィギュアの新シリーズ
「機動戦士ガンダム Gフレーム」

昨日の更新ではνガンダムをレビュー
したけど、後編となる今回では、
いちばん人気のサザビーと
ユニコーンガンダムを紹介するよ。

g_flame1_25b.jpg


機動戦士ガンダム Gフレーム 10個入り 食玩・ガム (機動戦士ガンダム)
バンダイ(BANDAI) (2018-02-20)
売り上げランキング: 431


機動戦士ガンダム Gフレーム02 10個入 食玩・ガム (機動戦士ガンダム)
バンダイ(BANDAI) (2018-04-30)
売り上げランキング: 583



②サザビー


通し番号では02となるのがサザビー。
サザビーはいちばん人気らしく、
真っ先に売り切れた所も多いみたいだね。
秋葉原の○エサブではアーマー&フレームの
セットに2000円の値が…

g_flame1_21.jpg

g_flame1_22.jpg

02Aがアーマーセット。
ガンダムタイプよりもボリュームが
あるため箱がパンパン。

装甲は一部を除いて固定フレームに
取り付けられた状態で入っている。

ランナーからパーツを切り離したり、
シールを貼ったりなどの煩わしい作業は
しなくてよい仕様。


g_flame1_23.jpg

g_flame1_24.jpg

02F フレームセットには、可動フレーム、
ビームライフル&シールド、胸像がアソート。

フレームはガンダムタイプの物より大きめ。
チラ見えしてもいいように、脚部の内部構造の
ディテールが、それっぽく造型されている。

重MSに対応したフレームのようで、
2弾ではドムにこれが使われるらしい。


g_flame1_25.jpg

02Aのアーマーを02Fの可動フレームに
着せると、フルアクションのサザビーが完成。

2個イチとはいえ、かなりマッシブな
スタイルで食玩らしからぬ大ボリューム。
全体的なフォルムやバランスは、
最大公約数が思い描く理想のサザビーに
近いと思う。

また、νガンダム同様にディテールが
アレンジされ、Gフレーム独自のデザインに。
この解釈は、オリジナルのイメージを崩さずに
オリジナリティのある造型を実現しており、
いいと思う。個人的には、シールドの
エンブレムが立体になっているのが好き。


g_flame1_26.jpg

アサルトキングダムとの比較。
サイズアップでディテールが追加された分、
見た目の情報量も増えたので、並べると
さすがにアサキンが貧相に見えてしまう。

このアサキンサザビーは限定品だったので、
Gフレームよりも高かったんだけど。

ただアサキンで塗装されていたファンネルが
無彩色なのは、少し寂しい。

ハイコンプロとも並べてみたかったけど、
すぐ出せる所に無かったので、
また別の機会があればその時に。
今でも人気の塗装が豪華なヤツ
あるはずだけど、どこにしまったんだろ?


g_flame1_26b.jpg

νガンダムとの比較。
イメージに近い体格差で、トサカの先まで
含めれば、νガンダムより背が高い。
νガンダムの全高は24.2m、
サザビーは25.6mなので、
ほぼ同スケールと判断していいのかな?


g_flame1_27.jpg

g_flame1_28.jpg

g_flame1_29.jpg

各部がボリューミィなので、
あんまり動きそうにないけど、
見た目に騙されてはいけない。
実はサザビーらしからぬ可動範囲。

頭部はあんまり動かないけど、
それ以外の可動は非常に優秀。

肩は大きく上に上がり、前後にもスイング。
内側の装甲も上下に可動。
肘は90度ぐらい曲がる。

胴は左右に回転し、若干前後にも可動。
足は真正面/真横に上げることができ、
膝はふくはらぎが腿の後ろに付くぐらい
曲がる(足がデカいので当たり前か)。
足首の接地も良好。

背部のファンネルポッドと
プロペラントタンクは上下に可動する。


g_flame1_30.jpg

g_flame1_31.jpg

バーニアなどの造型は甘い。
この辺は食玩らしく、大味な仕上がり。

股間のバーニアなどは未塗装で、
成型色の赤もプラスチックの質感が
強めではある。

でも基本的な造型そのものは良好なので、
スミ入れ&部分塗装して、トップコートを
吹けば、かなり化けそう。

サザビーだけはもう1セット確保したので、
手を入れてみようかしら?


③ユニコーンガンダム


g_flame1_32.jpg

g_flame1_33.jpg

3つめはユニコーンガンダム。
他2点と同様に、アーマーセットと
フレームセットに分かれている。


g_flame1_34.jpg

フレームセットに付属の武器は
ビームマグナムとシールド。
ユニコーンにもビームサーベルは
付いていない。


g_flame1_35.jpg

g_flame1_36.jpg

可動フレームにアーマーを取り付けた状態。

もともとビジュアルの情報量が多いせいか、
逆シャア組のようにオリジナルの
ディテールはほとんど施されていない。

程良く太ましいプロポーションで、
無難でオーソドックスな造型。


g_flame1_37.jpg

アサキンのユニコーンと比較。
手近にあったのが、フルアーマー版の
覚醒カラーだったので、そっちを並べた。
サイズの違いは、大体こんな感じ。

Gフレームはサイコフレームの塗装が
一部オミット。
背面がびんぼっちゃま状態なのは
仕方ないとして、下腕のサイコフレームが
全く塗装されていないのは残念。
この部分が塗装できないほど、
ギリギリのコスト事情なの?


g_flame1_39.jpg

g_flame1_38.jpg

g_flame1_37b.jpg

可動は他のアイテムとほぼ同程度。
すなわちよく動く。

首周りに干渉するものが無いので、
頭部は3アイテム中いちばん動かしやすい。
νガンダム同様にふくはらぎの装甲も動く。

可動も造型もかなりいいんだけど、
ちょっと普通過ぎて面白みに欠けるかな。
ユニコーンは他に立体化されまくってる
こともあるし。

ちなみにGフレーム1弾のBOX(10個入り)は
変則アソートで、どのアイテムも2セット入りと
1セット入りの場合があるらしいけど、
自分が店頭で見たのはどれもユニコーンが
1アソートの箱だった。






g_flame1_41.jpg

アサキン、ユニユニからサイズアップされ、
このサイズでコレクションしてきた物が
リセットされちゃった悲しさはあるけど、
商品自体のデキはかなり良く、
500円(実質1000円だけど)で供給できる
可動フィギュアとしては最高峰のレベルだろう。

Gフレームのサイズで、またサイコガンダムや
ネオジオングを出されるのも困るけど、
いちばんの問題は、どこまでシリーズが続くのか…

そういやGフレームの前にスタートした
ガンダム食玩の新シリーズは1弾で
終わったもよう?

概ね好評みたいで、
売り切れた店もあるぐらいだから、
幸先いいスタートだと思うけど、
売れ行きよりも、この価格帯でこの仕様を
供給し続けることができるのかどうかが
課題かもしれない。

スポンサーサイト
とびうお
Posted by とびうお
まとめ