#1382 ROBOT魂 〈SIDE AB〉 ヴェルビン



2018年05月11日
ダンバイン 〈SIDE AB〉

魂ネイションでビルバインの試作品が
参考出品された時、ROBOT魂の
SIDE ABがオーラファンタズムまで
リリースするとは誰が想像できただろう。
あの時はまだ、果たしてビルバインが
発売されるのかどうかが気掛かりだったレベル。

それからちょっと時を経て、
SIDE ABはよほど絶好調なのか、
ついにアニメ未登場のオーラバトラーである
ヴェルビンまでリリース。
TVシリーズのABもあと3体ほど
残っているけどね。

今回は4月発送のプレバン限定品の中から
ROBOT魂 〈SIDE AB〉 ヴェルビン
を軽くレビューするよ。

ちなみにもう1個の4月の限定ロボ魂icon
買ってないので、そっちのレビューは
アップ予定無いよ。

robot_bellbine01.jpg


ROBOT魂 〈SIDE AB〉聖戦士ダンバイン ヴェルビン 全高約150mm
バンダイ
売り上げランキング: 18,148


ROBOT魂 New Story of Aura Battler DUNBINE [SIDE AB] サーバイン 約145mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア
バンダイ(BANDAI) (2016-08-11)
売り上げランキング: 18,098


ROBOT魂 〈SIDE AB〉 ズワウス
バンダイ
売り上げランキング: 11,287


ヴェルビンは魂ウェブ商店限定品。
一般店頭では売ってないし、すでに予約は
終了しているので、今から欲しい人は
この辺とかで手を打ってね。

でも2次受注に突入するほど売れたので、
流通数も多いためか、中古なら定価割れする
物件も見掛けるようになったね。
2次受注分は6月発送なので、
夏頃は定価前後の相場で落ち着きそうな気もする。


robot_bellbine02.jpg

robot_bellbine03.jpg

パッケージはブラインド型。
箱自体はそんなに大きくないけど、
そこそこ厚みがある。


robot_bellbine04.jpg

内容物一式。
ヴェルビンは正面から見てはいけないのかも
しれない。

武器はオーラソードのみなので、
オプションは少なめ。

羽根と背部のスタビライザーというか
ヒレみたいなパーツは取り外された状態で
入っている。


robot_bellbine05.jpg

robot_bellbine06.jpg

ヴェルビンは最近ウェーブから
超絶造型のガレージキットが発売されたけど
完成品もマスプロとしても初のアイテム。

赤系統のビルバインカラーと
ダークグリーンの夜バインカラーの
2種のカラーリングが知られているけど、
今回は後者での商品化。

オーラファンタズムの機体を収録した
ダンバインファンには伝説の書
掲載されているイラストは後者なので
こちらがオリジナルカラーになるのだろう。

ほぼ成型色ながら、艶消しで仕上げられ、
質感は上々。プラスチッキーな安っぽさは皆無。
随所のメタリックブルーの塗装が地味ながら
良いアクセントになっている。


robot_bellbine07.jpg

robot_bellbine07b.jpg

さすがに当時のイラストは古く、
バランスもちょっとおかしい気がするので、
アクションフィギュアとして映えるよう
調整された上でのプロポーションだと感じる。
ヒロイックな見映えにアレンジされている印象。

なお、平均的なガンダム系のロボット魂より
二回りぐらい大きいので、魂ステージで
浮かせて飾るのはやや不安が残る。


robot_bellbine08.jpg

robot_bellbine09.jpg

量産品でありながら、
有意的なフォルムをよく捉えており、
頭部周りや装甲の隙間なども
細かく造型されている。
顏の塗装も色数が多くて細かい。

さすがにガレージキットほど生物感は
表現しきれてないけど、カッコ良さに
さほど遜色は感じない。

ロボット魂は「アニメ版ヴェルビン」と
謳っても良さそうな造型で、
もしアニメにヴェルビンが出ていたら、
これぐらいの解像度ではないかと思える。
その意味では別ベクトルの造型ではないだろうか。

ただ設定上ヴェルビンはアの国の
オーラバトラーなので、アニメの
ダンバインの世界に存在したなら、
黒騎士かミュージィあたりが乗って、
パイロットが黒騎士の場合は、
ビルバインに惨敗だったけどね。

あるいは名も無きコモンが乗って
瞬殺されるとか、そんなシーンしか
想像できないから、やっぱりアニメの中の
バイストンウェルにヴェルビンは
存在しなくていい。


robot_bellbine11.jpg

他のオーラバトラーと異なり、
羽根は2枚しか付いていない。
ボールジョイントの受けの下部に
切れ込みみたいなのが入っているため、
羽根を閉じられるようになった。

羽根が少ない代わりに、
オーラコンバーターは4基。
上にビルバイン型のコンバーターを2基、
下にズワース型のものが2基付いている。
ボールジョイント接続で、上下左右に展開。


robot_bellbine10.jpg

オーラソードの鞘は全塗装。
シルバー、ゴールド、メタリックブルーで
塗り分けられている。光沢が抑えられ、
派手さはないものの、気品を感じる
メタリックカラーとなっている。


robot_bellbine12b.jpg

robot_bellbine12.jpg

robot_bellbine11b.jpg

武器はオーラソードのみ。

そのうちスパロボに登場して、
サーバインみたいにハイパーオーラ斬りで
無双しまくるんだろうか?


robot_bellbine13.jpg

robot_bellbine14b.jpg

robot_bellbine14.jpg

繊細な造型ゆえ、動かしくにくい面は
あるものの、全体的に可動範囲は広い。

首は三重関節で大きく上方に可動。

肩は前後上下にスイングし、
腕も横方向に大きく上げられる。
また上腕部だけでなく、肘関節の上下に
ロール軸があり、ガワラ曲げも可。
肩アーマーや首の両横の装甲も
独立可動する。

腕はよく動き過ぎるきらいもあり、
ポージングの調整がやや面倒な感も。


robot_bellbine15.jpg

robot_bellbine16.jpg

肩の可動域が広いので、剣の両手持ちも
できるけど、剣の持ち手首は右手のみ付属。
代わりに左手首は添え手として使える、
表情の付いた平手が付いている。


robot_bellbine17.jpg

robot_bellbine18.jpg

胸と腹、腹と腰の接続部で、
胴体を捻ることができる。
ただこの部分の可動は固めで、
動かすと両胸のハッチを閉じた状態で
止めてる部分が外れやすい。

股関節も固いけど、ハの字開きが可。
足首は引き出し関節のはずだけど、
ここは固すぎてどうしても動かせない。
クローは指の基部と銀色のツメの部分が
それぞれ可動する。


robot_bellbine20.jpg

コクピットハッチは開閉し、内部も再現。
例によってパイロットフィギュア無し。

ハッチはパール塗装が施されているので
開閉時の色の剥がれに注意。






robot_bellbine21.jpg

イメージソースがイラスト1枚と
他社のガレキの作例のみなので、
正直キャラクターを掴み切れてなく、
思い入れがあるとは言いにくいんだけど、
このロボット魂は純粋にカッコ良く、
かなり気に入った。

よく動く割に、ちょっと動かしにくい感は
あるけどね。

売れたみたいだし、純粋な色変更で
構わないのでビルバインカラーも
出して欲しいな。

でもヴェルビンのビルバインカラーって
出展は何なのかしら?


robot_bellbine22.jpg

SIDE ABは箱のベロに、その機体に
因んだ台詞が書かれているけど、
ヴェルビンは映像媒体未登場なので、
ダンバイン唯一の単独ゲームには出てるけど)
代わりにTVシリーズのナレーションの
一節が引用されている。

SIDE ABは新作の確定情報が
途絶えちゃったけど、「次の物語」は
何だろうね?

前回のネイションでダーナオシーと
フォウ スカイステージセットが
参考出品されてるから、
そのどちらかだろうけど。

上記2点も含めて、残りのオーラバトラーは
番組序盤の機体だし、つい最近も
序盤から出てるABを限定で再販してるから
フォウ スカイステージセットとの連動も
加味してダンバインを再販しつつ
(もしくはプチリニューアル)
番組初期の機体を順次出して
コンプリート…というのが希望的観測。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお