#1396 HI-METAL R テクロイド ブレーダー



2018年06月12日
HI-METAL R

昨年の魂ネイションにいきなり出展され
おじさん達を大いにざわつかせた
HI-METAL Rのテクロイド ブレーダー。

劇場作品ながら、一部地域の早朝上映に
限定され、ソフト化も1985年に発売された
LD止まり。配信も無く、TVで放送される
機会も少なかったようで、
ほとんど幻のアニメと化していた
「テクノポリス21C」に登場するロボット。

なかなかのマイナー案件なので、
ネイションへの出展もてっきり賑やかしだと
思っていたけど、意外とすぐに発売決定!
しかも一般店頭発売ですって!

マクロス以外のハイメタルRは、直近に
投げ売りが止まらないアイテムが出てるんで
こんなマイナーロボを、しかも一般で
出しちゃうなんて、心配になっちゃうよ…

案の定(?)、早速結構値下がってる感じだけど…

hi_metal_blader01.jpg




通常版とアマゾン限定のブルーレイ付きの
2タイプが発売されており、自分は後者を購入。

テクノポリス21Cは、数年前の正月に
キッズステーションで放送されたのを
見たことある。

劇場版アニメでありながら、
小じんまりした話で、作画もTVシリーズ
レベルの凡作なんだけど、昭和時代の
発想で作られた古典風味のあるこの手の
SFは結構好き。


hi_metal_blader02.jpg

アマゾン限定版は、設定画がデザインされた
黒い外箱に、フィギュアの箱とブルーレイの
ケースが入っている。
フィギュアの箱は通常版と同じ。

フィギュアのみの定価が10584円、
amazon限定が13824円。
ブルーレイの価格が3240円と考えると
安いほうか。


hi_metal_blader03.jpg

価格の割にオプションは少なめかな。
武器はライフルとワッパガン2種。
交換手首は開き具合の異なる平手2種と
ライフルの持ち手が各左右。
他に予備のアンテナと魂ステージで飾る際の
ジョイント付き。


hi_metal_blader04.jpg

hi_metal_blader05.jpg

ブレーダーって、こんなにスタイリッシュだっけ?

プロポーションは、少しばかり今風の
バランスか。
劇中よりも洗練された造型になっており、
古っぽいデザインながら、野暮ったさは
感じない。思ってたよりもカッコイイ。

フィギュアーツよりも少し大きいぐらいの
サイズなので、6インチクラスの
フィギュア達と絡めて遊ぶこともできそう。

足首など一部がダイキャスト製のようで
手に持つと若干重みが感じられるのは
ちょっとステキ。


hi_metal_blader06.jpg

hi_metal_blader06b.jpg

ほぼ成型色だけど質感は悪くない。
ただブルーレイを見ると、青い部分は
スカイブルーみたいな色味で、
商品とは異なる印象。

目はクリアパーツ使用。
アンテナはなかなかの極細なので、
折らないように要注意。
いちおう予備も付いているけど。


hi_metal_blader07.jpg

hi_metal_blader08.jpg

hi_metal_blader09.jpg

可動範囲は広い。

首は二重関節で上下共によく動く。
腰は引き出し式で、前屈も可。

肩は前方にスイング。
腕を真横に上げることも可。
肘関節の下にもロール軸があるので、
ガワラ曲げもできる。


hi_metal_blader10.jpg

hi_metal_blader11.jpg

足は真正面ぐらいまで上がり、
膝も大きく曲がる。足首の接地も良好。
下半身の可動も申し分なく、
膝立ちも難無くできる。


hi_metal_blader12.jpg

hi_metal_blader13.jpg

ワッパガンの射出は外付けで再現。
ワイヤーが真っ直ぐの状態で固定の物と
自由に曲げられる素材の物の2種が付属。
輪の部分は開閉する。

輪の部分が射出口よりも大きいのだが、
どこに収納されているのだろうか?


hi_metal_blader14.jpg

hi_metal_blader15.jpg

劇中未使用のライフルが付属。
ピボットが可動し、砲身をスライドする。


hi_metal_blader16.jpg

でもブレーダーにライフルを渡すと
打突武器として使いそう。

ブレーダーとライフルの組み合わせは
カッコいいけど、本編を見ちゃうと、
とても狙撃をするようには思えないんだよね。
戦闘スタイルは殴ったり投げたりの
完全な格闘型だったし。


hi_metal_blader17.jpg

付属のブルーレイについても軽くレビュー。

いちおうピクチャーディスク。
リーフレットなどの類は無し。
特典映像として、英語版の予告と
当時制作されたものと思われる、
(LDの特典映像?)
ピコピコという電子音と各メカの解説を
バックに、メカのグラフィックが描かれていく
よく分かんない動画が収録されている。

本編の画質については凄くキレイ。
まあ内容も作画も大したことないので、
HDリマスターの無駄使いな気がしなくもないが
幻のアニメを最新技術で復刻した意義は
大きいだろう。




hi_metal_blader18.jpg

オレの本命は次のハイメタルRで、
ブレーダーは作品やメカの醸し出す
大好きな80年代リアルロボットに通じる雰囲気に
流されて買ってしまったきらいもあるけど
思っていたよりもいい感じで気に入った。
フィギュアに対する評価がフィードバック
され、ブレーダーも前より好きになったぞ。

欲しい人がそんなにいるのかどうか
分からないけど、デキ自体はかなりいい。
ブレーダーのフィギュアは、
最初で最後かもしれないけど、
この完成度なら悔いは無いだろう。

多少スタイリッシュになった造型に
不満が無いなら、おススメかな。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお