#1411 S.H.フィギュアーツ ツインテール



2018年07月07日
フィギュアーツ ウルトラマン

限定を含めると、当初の予想よりも
コンスタントにリリースされている気がする
ウルトラ怪獣のS.H.フィギュアーツ。

でもウルトラ怪獣は昭和産だけでも
数百匹いるわけだし、ごくごく一部しか
出てないことになるけどね。

「帰ってきたウルトラマン」登場怪獣の
ラインナップもスタートし、
その第1弾となったのはツインテール。

帰マンを代表する怪獣と言えば、
ナックル星人&ブラックキングとか、
ベムスターのイメージだったので、
ツインテールのリリースはちょっと意外な気もした。

shf_twintell01.jpg


S.H.フィギュアーツ 帰ってきたウルトラマン ツインテール 約145mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア
バンダイ(BANDAI)
(2018-06-23)
売り上げランキング: 1,698


S.H.フィギュアーツ 帰ってきたウルトラマン ウルトラマンジャック 約150mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
バンダイ(BANDAI)
(2018-04-27)
売り上げランキング: 2,325


前に出た宇宙人が、半額セール行きに
なってたので、発売日に購入するべきか
迷ってたけど、その前にアマゾンで40%オフ!

それでもちょっと迷ったけど、フラゲした人の
レビューを見るとが良さそうだったので
4500円でポチった。

もっと下がると思ったけど、評判がいいので、
amazonだと、今は少し高くなってるね。
セール価格の所もあるけど。
予約段階では41%まで下がってたのが
最安値かな。


shf_twintell02.jpg

shf_twintell03.jpg

まずはパッケージチェック。

フィギュアーツにしては大きい箱。
本体が横向きに入っており、
箱は結構厚みがある。

オプションは少なめで、交換用の触手2本のみ。


shf_twintell04.jpg

大きいのにブサイク!

塗装に若干光沢があるせいか、
おもちゃっぽく見えないこともないけど
造型は悪くない。

似てる似てないより、左右非対称の
不揃いで不細工な造型に味を感じる。

劇中の着ぐるみはもう少しプックリしてて
目つきがだらしない感じだったか。
(メビウスに出て来たのは知らない)
フィギュアーツの造型は
気持ち引き締まっている気がするね。


shf_twintell05.jpg

ご尊顔。
やっぱり少し目つきがキツメかな?
でも、ちょっとカワイイかも。

ケムラーに似てるけど、そのスーツを
改造して作ったのかしら?


shf_twintell06.jpg

口は開閉可。内部には舌も再現。

色が擦れていたり、
口内の塗装が雑なんだけど、
これは着ぐるみを再現した仕様?


shf_twintell07.jpg

ツインテールのひみつ。

ウルトラアーツのコンセプトは
着ぐるみ造型の再現だけど、
ツインテールもそれに倣っており、
下面には中の人の足型のモールドがある。

あと裏顎がこんなに皺くちゃとは知らなかった。


shf_twintell08.jpg

shf_twintell09.jpg

shf_twintell10.jpg

こんな姿なので、フィギュアーツZEROで
出しても文句は言われなかった気もするけど
フル可動(?)モデルとして製品化。

胴体には6箇所関節があり、前後にスイング。
海老反りさせることができる。
首の付け根など部位によっては左右にも可動。
ただその分、動かすと胴体に隙間が生じやすい。
造型よりも可動のほうがやや優先されている
ようにも受け取れる。

触手の根元はボールジョイントなので、
フレキシブルに可動。先から2つ目の
分割部も可動する。


shf_twintell11.jpg

shf_twintell12.jpg

下半身(首はこっちに付いてるけど)は
胴体と緑の部分が分割されており
胴が前後左右に可動する。


shf_twintell13.jpg

shf_twintell14.jpg

shf_twintell15.jpg

緑のトゲトゲの一番下のパーツを外すと
胴体を真っ直ぐにでき、水中航行形態を
とることができる。

メビウスで披露した形態らしいが、
本編は未確認。平成ウルトラマンは
ほとんど見たこと無いので。。。


shf_twintell16.jpg

shf_twintell18.jpg

shf_twintell17.jpg

触手は巻かれている状態の物と差し替え可。
着脱がキツい。

巻かれている触手は2パーツ構成だけど、
パーツの接続部は片方が若干左右に動くのみ。
もう片方はダボの形状が四角なので、
無理に動かそうとしてねじ切らないように注意。

なので、新マン自体の可動の制約もあるし
劇中のような触手プレイを再現するのは難しいや。





shf_twintell19.jpg

肢体の無い異形の怪獣を、
アクションフィギュアとして成立させた
怪作とも言えるアイテム。

やっぱり元の形状の問題で、多彩な
ポージングができるわけではないけど
ツインテールにしては、十分良く動く。
胴体に生じる隙間は割り切ろう。

今はさらに安くなってる物件
あるので、気になる人は
ツインテールの天敵iconと合わせていかが?


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお