お売りください。駿河屋です。

#1417 リボルテック エヴァンゲリオン最終号機



2018年07月17日
リボルテック

エヴァンゲリオンの玩具は久しぶり!

枯渇感を感じてた人も多かったのか、
ここ2、3日Twitterのタイムラインで
やたら見掛ける リボルテック
EVANGELION EVOLUTION
エヴァンゲリオン最終号機。

リボルテックのエヴァ系新製品は
一部流通限定品だった新ヒロイン機以来
2年4ヶ月ぶり。
リボルテック自体久々に買った人も
多いんじゃない?

ribo_eva_last01.jpg


リボルテック EVANGELION EVOLUTION エヴァンゲリオンANIMA エヴァンゲリオン最終号機 約170mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア EV-017
海洋堂 (2018-07-14)
売り上げランキング: 793


予約解禁と同時にとりあえず尼で確保。
でもここが予約最安値だったので
乗り換えようと思っていたけど、
うっかりキャンセル可能期限を過ぎてしまい
そのままお買い上げ。

ちなみにamazonの予約購入だと
6433円(定価は7128円)。
500円以上価格差があると、
ちょっと失敗した気分。


ribo_eva_last02.jpg

ribo_eva_last03.jpg

エヴァンゲリオンエボリューションの
シリーズに入るアイテムだけど、
パッケージは従来の物とはちょっと異なる。

表面を開いて、ウインドウを確認できる
特撮リボルテックなどと同じ仕様に。
表面には描きおろしのイラストが
デザインされている。

リボエヴァの箱はほとんど捨てていたけど
これはそのまま取っておく。


ribo_eva_last04.jpg

ブリスターの中身。
手首はパウチの袋に入っており
小物入れのコンテナは無くなってる。

ブリスターの裏にはスタンドが袋に入って、
テープで貼り付けられている。


ribo_eva_last05.jpg

ANIMA登場機体は
かつてスーパーエヴァンゲリオンが
超合金で発売されていたけど、
それと最終号機は別機体なんだっけ?

電撃ホビーは購読していたけど、
連載されていたANIMAは、ほとんど
読んでなかったのでよく分からん。

ちなみにエヴァンゲリオンANIMAは
旧劇場版の後にサードインパクトが
起こらなかった場合の続編。
序盤では、シンジくんと初号機が
量産型エヴァを蹴散らすという、
ロボット物らしい展開が読めたような
記憶があるが、定かではない。

ANIMAの内容について気になる人は
この辺でも読んでね


ribo_eva_last06.jpg

ribo_eva_last07.jpg

ANIMAの内容はそのぐらいしか知らんけど
カッコいいエヴァは欲しいし、
エヴァ玩具自体も久しぶりだったので
最終号機も購入。

思っていたよりも細いが、顔立ちや胸部など
ヒロイックで厳つさも漂う造型となっており
貧弱な印象は皆無。

塗り分けが細かいこともあり、
Twitterでは、塗装が雑な意見も聞かれるが
自分が手にした個体は特に酷さは感じない。
決してキレイな塗装とも言い切れないけどね。

ひと昔前は、このぐらいの塗装精度の物も
珍しくなかったけど、最近はキレイに
仕上がっている物が多いので、
人によっては凄く気になるのかもしれない。

確かにオレンジ色の塗装箇所は、
表面積こそ大きくないものの、
塗り分けのラインが真っ直ぐでなかったり、
ムラになっている部位もあるんで。


ribo_eva_last08.jpg

ribo_eva_last09.jpg

ribo_eva_last10.jpg

武器はライフルが付属。
パレットライフルの改良型と
いったところか。


ribo_eva_last12.jpg

ribo_eva_last13.jpg

ribo_eva_last11.jpg

武器はもう1点太刀が付属。
ビゼンオサフネという名称らしい。
劇中では使用されることのなかった
マゴロク・E・ソードの改良型か。

剣の上部のフックが可動。
持ち手首はライフルと共通。
その他、交換用手首は指の表情が異なる
平手が二種付いている。

電撃ホビーの誌上限定品だった
ANIMAエヴァの武器セットを見ると
このエヴァの武器は他にもいくつかあるようだ。
(マゴロク・E・ソードも使うの?)




ribo_eva_last14.jpg

ribo_eva_last15.jpg

光の翼のエフェクトパーツが付属。

構造は単純で、2枚の羽根を重ねて
リボ球を挿しただけのもの。


ribo_eva_last16.jpg

ribo_eva_last17.jpg

ribo_eva_last18.jpg

飛行ユニットと干渉しやすく、
弄りにくい感もあるものの、
翼のように展開することもできる。

エフェクトの先端は薄く尖っているので
破損にはくれぐれも注意。
慣れないと、着脱や可動が
スムーズに行かない場合もあるので、
うっかり折らないよう慎重に。


ribo_eva_last19.jpg

ribo_eva_last20.jpg

ribo_eva_last21.jpg

魂ステージとほぼ同タイプの
可動支柱&クリップ付きのスタンドが付属。

背中の穴に接続し、飛行状態で飾ることが
できるジョイントも付いている。


ribo_eva_last22.jpg

ribo_eva_last24.jpg

ribo_eva_last12b.jpg

ribo_eva_last25.jpg

可動は相変わらずリボ特有のクセがある。
可動範囲自体は広いけど、慣れないと
ポージングがなかなか思い通りにいかないかも。

リボ球自体は何度か改良を経たようで
今や膝以外はカチカチした感触は無く
微調整もできるし、だいぶスムーズに
動くようになってる。

肩のジョイントが鉄アレイ型で、
腕側がボールジョイントになっているのも
効果が出てるのか、剣を両手で構えさせ易い。




ribo_eva_last26.jpg

よく知らないエヴァではあるけれど、
初号機の発展型みたいなものなので
違和感は無く、久しぶりのリボエヴァでも
あって、楽しくブンドドさせてもらった。

エヴァは劇場版の新作公開がいつになるか
分からん状態で、それまでフィギュアの
新製品は諦めていたけど、
それなりに枯渇感が出てきたところに
投下され、タイミング的にも程良い感じ
だったと思ってる。ANIMAからの
チョイスも新鮮味があって正解。

次に買うエヴァ玩具は、個人的に
お気に入りのブランドからの新作
なりそうだけど、最終号機とはある意味
真逆のスタンダードなアイテム。
これはこれで、かなり期待している。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお