#1422 スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー



2018年07月26日
スーパーミニプラ

ヤバい…
積ミニプラがどんどん貯まってく…

スーパーミニプラもすっかりシリーズとして
軌道に乗り、今ではほぼ毎月リリースされている。
今日はワンフェス発表と聞いていた
新作の予約が始まったiconし。

スーパーミニプラにも限定品があるし、
一般店頭販売品もガンプラみたく
コンスタントに再販される感じではない。
余りまくってたヤツも気付けばプレミア
パターンが多いので、
一期一会のつもりで買ってると、
当然のように積みプラになっていく。

もうすぐ今月の新作も届くので、
その積みを崩すべく、とりあえず
勇者王ガオガイガーを作ったよ。

minipla_gaogaigar01re.jpg


スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー 4個入 食玩・ガム(勇者王ガオガイガー)
バンダイ(BANDAI)
(2017-03-01)
売り上げランキング: 967


スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー2 フルコンプ 3個入 食玩・ガム(勇者王ガオガイガー)
バンダイ(BANDAI)
(2017-06-20)
売り上げランキング: 506


ガオガイガーも売り切れてから、
少し高くなってたけど、一部限定品も含め
10月にまとめて再販されるiconもよう。
(ガオガイガーは2度目の再販)
買い逃した人や買い足したい人は
逃さずゲットしてね。

さすがに全然ミニじゃない超大物
再販リストから漏れてるな。
コイツも結構再販ニーズありそうだけど。


minipla_gaogaigar02.jpg

全4種。1BOX4個入り。
BOX買いすれば全種揃う。
4種集めて組み合わせることで、
ガオガイガーが完成する。


①ギャレオン(ガイガー)


minipla_gaogaigar03.jpg

それでは1アイテムずつ軽くレビュー。
まずはギャレオンから。

ガイガーへの変形ギミックを擁しているため
4アイテムの中で最もパーツ数が多く、
作る手間もいちばん掛かる。
ハメ込みが固い箇所もある。


minipla_gaogaigar04.jpg

所詮はガムのオマケと言うべきか、
完成品は、大味でおもちゃ然とした物に。
精密感を求める模型ではないので、
その点は事前に理解しておく必要がある。

素材もガンプラとは異なり、やや肉厚で
ツヤのある質感のプラスチック。
塗装や加工にはあまり向いていないのかも
しれない。

食玩でありながら成型色は5色。
塗装しなくても大まかな色分けを再現。

目と鼻はシール。
鼻は黒一色だったので塗装した。
あと頬のインテーク(?)や下のキバなど
色の足りない所を、ちょちょいと補完し
適宜にスミ入れ。


minipla_gaogaigar05.jpg

小サイズながらガイガーへ変形。
ギャレオンの頭部は一旦外して、
胸に付け替える。尻尾は二分割でき、
取り外して腰フロントアーマー裏に収納。
それ以外は差し替え不要。

頭部は額と目が塗装済み。
うなじの金色はシールだけど、
剥がれやすいので塗装した。


minipla_gaogaigar06.jpg

minipla_gaogaigar07.jpg

minipla_gaogaigar08.jpg

胴体に収納する都合上、頭部はかなり小さい。

さすがに引き出しギミックの類は無く
凝ったボージングは難しいものの
可動範囲は広い。

股関節は動かすと引っ掛かるような感触が
あるので、スムーズに動かないなら、
削るなりシリコンスプレーを吹くなりした
ほうがいいだろう。
ただし、やり過ぎるとドリルガオーを
履いた時に保持できなくなるので注意。

手首は変形用の小さい拳のほか、
見映え重視の大きめな拳と平手が
付いている。


②ステルスガオー


minipla_gaogaigar09.jpg
続いてはステルスガオー。

パーツが少ないため、すぐ組み上がる。
シールレスで翼の赤いラインは塗装済み。

左翼のエンブレムは別パーツ化されている
けど、ダイヤの内側は要塗装。

キャノピーはクリアパーツで
同じくクリア製の簡易スタンド付き。
浮かせて飾ることができる。

機体下面には、ちゃんとガオガイガーの
頭部が収納されている。


minipla_gaogaigar10.jpg

minipla_gaogaigar11.jpg

ガイガーとのドッキングが可能。

ガイガーの股下のジョイント穴は
魂ステージの軸と合うサイズ。
飛行ポーズで飾りたい場合に拝借できる。


③ライナーガオー&ディバイディングドライバー


minipla_gaogaigar12.jpg

ライナーガオーは
ディバイディングドライバーとのセット。

車輌上部のブルーは塗装済み。
窓とその周りのブルーの部分がシール。

シールでフォローされていない
一部の窓を塗装。
スミ入れは流し込みタイプの
ガンダムマーカーを使用したけど、
一部を除いてモールドが太く、拭き取ると
モールド内の塗料も持って行かれた。。。

ステルスガオーの下部に懸架できるけど
シールの部分を挟む感じになるので
ほぼ確実にシールが剥がれるか傷む。

ディバイディングドライバーは
銀色の部分がシール。
表面積の広い両面しかフォローされて
いないので、ここも塗ったほうが
良かったかも。


④ドリルガオー


minipla_gaogaigar13.jpg

minipla_gaogaigar14.jpg

4つ目はドリルガオー。
こちらもパーツが少なく、シールレスなので
組み立てに時間は掛からない。

キャノピーとライトはクリアパーツに
スモークグレーで塗装されている。


minipla_gaogaigar15.jpg

minipla_gaogaigar16.jpg

minipla_gaogaigar17.jpg

ガイガーの腕に装着可。
全く戦いやすそうな形態じゃないけど。

ガオガイガーの本編は2回ぐらい
観てるんだけど、ほとんど内容を忘れてて、
こんな感じで運用してたのも憶えていない。


⑤勇者王ガオガイガー


minipla_gaogaigar18.jpg

4機が組み上がったら、
レッツ承認ファイナルフュージョン!


minipla_gaogaigar19.jpg

minipla_gaogaigar20.jpg

ガイガーの腕は差し替え無しで背部に移動。
ステルスガオーを接続するジョイントになる。

ライナーガオーは3分割されており、
各ブロックの接続部で上下に可動。
ちゃんと怒り肩にすることができる。
上腕はライナー内に収納されており、
引き出す仕様。


minipla_gaogaigar20are.jpg

minipla_gaogaigar21re.jpg

ステルスガオーを取り付け、
頭部、タテガミ、下腕を付けると
ファイナルフュージョン完了。

頭部はステルスとアームで接続されており
ガイガーの頭に被せる。

タテガミもアームで接続されているけど、
タイトな場合は外して取り付けても無問題。

手首は下腕に収納されており、
サイドのレバーを引くと引き出される。
下腕のカバーは余剰パーツとなる。

ファイナルフュージョン自体はスムーズに
完遂でき、パーツのポロリや
「あっちがハマるとこっちが取れる」的な
ストレスは無い。合体後も各部はカッチリ
しており安定感がある。

ただし分離させる際は、胴からライナーが
なかなか抜けずに焦る。


minipla_gaogaigar22.jpg

minipla_gaogaigar23.jpg

頭部は目と頬の赤い部分が塗装済み。
インテークの黒とトサカのカメラ(?)の
赤色は要塗装。

左腕のオレンジの部分の塗り分けが
シールでも再現されていないけど、
ここには手を付けなかった。

サイズは1/144のガンダムよりも
少し大きいぐらい。複数のビークルが
合体したスーパーロボットなので、
ボリュームは結構ある。

細部がいろいろオミットされており、
若干ダルさを感じる造型でもあるので
やはり玩具っぽい印象は拭えない。

拳は下腕に収納できる物のほか、
見映えのいい大きいサイズのものが
付いている。
(手首はステルスガオーに付属)


minipla_gaogaigar25.jpg

minipla_gaogaigar24.jpg

グリグリ動くわけじゃないけど、
アクロバティックなアクションをする
ロボットじゃないし、
可動に関しては及第点。

頭部はアームでウイングと繋がっているため
可動は制限される。若干左右に回るのみで
上下にはほとんど動かせない。

肩にスイング機構は無し。
腕は真横よりやや下ぐらいまで上がり、
肘は90度ちょい曲がる。

腹部は前屈可。
左右へは若干捻ることができる。
ギャレオンの口は開閉。

腰アーマーとの干渉を避ければ、
足は真正面・真横まで上げられる。
股関節と腿の間にロール軸があり、
足は180度開くことも可。
足首の構造も単純ながら、接地性は高い。


minipla_gaogaigar26.jpg

minipla_gaogaigar27.jpg

ヘルアンドヘブンの手首も付属。

ただ肩に引き出しギミックが無く、
胸のタテガミとも干渉するので
ポージングは非常にタイト。
結局この写真はタテガミを取り外して
撮ってある。


minipla_gaogaigar29.jpg

minipla_gaogaigar28.jpg

minipla_gaogaigar30.jpg

minipla_gaogaigar31.jpg

ディバイディングドライバーは
板型のダボを、手首を出し入れする
レバーのスリットに入れて装着。
やや取り付けづらいかな。

かなりの長物だけど、保持は無問題。






minipla_gaogaigar32.jpg

そして全ての撮影が終わった後で、
ギャレオンのキバを付けてなかったことに
気付く…
塗装する時にバラしたまま忘れてた…

いちおうプラモデルではあるものの、
「模型」というより「おもちゃ」寄りの
割り切った仕様のアイテム。
これから買おうと思っている人は、
その点を踏まえて検討するのが無難だろう。
ガンプラと比べると、多少組みにくいのも
ミニプラではよくあること。

でも、見た目こそ玩具然としているものの
小サイズにギミックが詰め込まれ、
合体や可動が楽しめる。
玩具視点で見ると優秀なアイテムに思える。
プラモデルなので、可動部の耐久性に
ついては何とも言えないけど…

組み立てが伴うので気軽に…とは
言いにくいけど、合体するガオガイガーを
リーズナブルに楽しめるアイテムなので
ミニプラの仕様に理解があるなら、
相応に満足できるものじゃないかな。

そして次に出る勝利の鍵iconだけど、
コレはどうしようかな…


スポンサーサイト
とびうお
Posted by とびうお
まとめ