#1428 HI-METAL R VT-1 スーパーオストリッチ



2018年08月14日
HI-METAL R

おぼえていますか?
魂ネイションのマクロストイは
来月も大物が発売されることを。

DX超合金のVF-1Jが発表されてから、
そっちばかり話題になってて
先月の大型アイテムも劇中同様空気だけど
年内はほぼ毎月マクロストイの新作が
バンダイから発売されるよ。

8月のリリースとなるのは
HI-METAL R
VT-1スーパーオストリッチ

HI-METAL RのVF-1系は
これが(たぶん)11種目。
語ることはもうあまり無いかもだし、
劇場版前半の主人公機ではあるものの
訓練用の非戦闘機という設定が故
人気もイマイチみたいなので、
あんまり話題にならないのも仕方ないか。

本サイトでもハイメタルRのVF-1系は
過去に8機ぐらいレビューしてると思うけど
折角なのでVT-1も取り上げてみるよ。

hi_metal_vt1_01.jpg


HI-METAL R VT-1スーパーオストリッチ 約150mm ダイキャスト&ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
バンダイ(BANDAI)
(2018-08-11)
売り上げランキング: 151


DX超合金 超時空要塞マクロス VF-1J バルキリー(一条輝機)(初回限定版) 約300mm(ファイター時) ABS&ダイキャスト&PVC製 塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS
(バンダイ スピリッツ)
(2018-12-31)
売り上げランキング: 269


発売日に秋葉原で買ってきた。
最安値はエックスの7980円。
あみあみが8240円、イエサブが8480円
だったかな。

いちばん安いエックスで買おうと思ったけど
キャンペーン景品の爆発エフェクトが
付属するかどうか不明で、付くとしても
Pink ver.しか無い感じだったので、
あみあみで購入した。

あみあみには逆にBrown Ver.しか
残っていなかったけど、選ばせてくれたので
爆発エフェクトのコンプ達成。

しかし、今回のバトルエフェクトは
結構いい値段で取引されてるんだね。

過去のキャンペーン景品のエフェクトにも
かなり高騰しているものがあるし、
市場から無くなるとまた高くなるかもしれん。


hi_metal_vt1_02.jpg

hi_metal_vt1_03.jpg

パッケージ&ブリスター。

付属品もいつものVF-1系アイテムを踏襲。
差し替えのランディングギアや
シャッターが開いた状態のエアインテーク、
バトロイド用の短いウイングと
肩の隙間を埋めるパーツ、
3形態それぞれの魂ステージ用ジョイント
など、お馴染みのオプションはひと通り揃っている。

なお劇中の活躍に準じて武器は付属しない。
射撃訓練もするだろうから、オマケで
ガンポッドを残してくれても良かったのに。
腕は他のVF-1系と同じなので懸架できる。


hi_metal_vt1_04.jpg

hi_metal_vt1_05.jpg

まずは劇中に登場しなかったバトロイド。
設定画にも無かったと思う。
劇場公開後ぐらいにリリースされた
ハイメタルは、既にこの形状のバトロイドに
変形できたけど。

センサー型の頭部は普通に上下左右に可動。
アンテナも板状の部分が上下に動く。


hi_metal_vt1_06.jpg

hi_metal_vt1_07.jpg

新規造型のVT-1用スーパーパックを装備。
手首は見栄え重視の拳と交換。
どう見ても戦闘向きではないビジュアル。

ブースターのアンテナは予備が1本付いている。


hi_metal_vt1_08.jpg

hi_metal_vt1_09.jpg

hi_metal_vt1_10.jpg

VT-1のバトロイドはどんなポーズを
取らせていいのか分からんけど適当に。

交換用手首は中途半端に過去アイテムの物が
残されており、左手のみ平手と
ガンポッドの添え手が付いている。
ついでにガンポッドの持ち手だけでも
残してくれてよかったのに。


hi_metal_vt1_11.jpg

hi_metal_vt1_12.jpg

ガウォーク形態。

「バルキリー」ではなく「オストリッチ」が
この機体の名称ってことでいいんだっけ?


hi_metal_vt1_13.jpg

hi_metal_vt1_14.jpg

スーパーパック装備のガウォーク。

ウイングの下にハードポイントは無し。
他のアイテムからミサイルの流用はできない。


hi_metal_vt1_15.jpg

hi_metal_vt1_15b.jpg

hi_metal_vt1_17.jpg

hi_metal_vt1_16.jpg

スーパーオストリッチのガウォークは、
足だけ展開した状態のほうが印象に残ってる。


hi_metal_vt1_18.jpg

hi_metal_vt1_19.jpg

コクピット用のフィギュアは4体付属。
輝2種とミンメイ、未沙。
劇中の衣装に準じ、細かく塗装されている。


hi_metal_vt1_20.jpg

hi_metal_vt1_23.jpg

ファイター形態。

購入したハイメタVF-1は10体目なので、
さすがにもう説明書を見なくても変形できる。

腕がスムーズにスライドせずに外れたり、
足のロックをハメるのに、
少し手こずったりはするけれど。


hi_metal_vt1_22.jpg

着陸させた状態でも、頭部のセンサーは
地面に付かないようになっている。

センサーが本体と水平になった状態で
頭部が本体の下に収納されている絵も
見たことある(ような気がする)けど
キレイには収まらないので諦めた。


hi_metal_vt1_24.jpg

hi_metal_vt1_25.jpg

hi_metal_vt1_26.jpg

スーパーパックを装着。
オストリッチに関しては、
こちらがデフォルトのイメージだね。


hi_metal_vt1_27.jpg

hi_metal_vt1_28.jpg

ブースターはバーニアが上下左右に
ボールジョイント可動。

装甲は着脱式で内部メカが再現されている。











hi_metal_vt1_29.jpg

今までのVF-1系ハイメタルRと
特に代わり映えはしないので新鮮味は無い。

でもハイメタルRのVF-1は、
お手頃サイズの上、変形も簡単で弄りやすく
気に入ってるので、ほぼ期待通りな感想。

次のハイメタルRもリデコになるけど
しっかり予約済み。

スーパーオストリッチは戦闘用では
無いけれど、劇中では印象的な機体だったし、
以前に出た完全変形アイテムは再販されず
かなりのプレミアになっているし、
デキ自体は良いアイテムなので、
気になってるならおすすめよ。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお