【レビュー】 #1430 METAL BUILD エールストライクガンダム



2018年08月17日
METAL BUILD

2018年のMETAL BUILDも
ラインナップが出揃った感じだけど
(エヴァは年明けの気がする)
今年はオプション&限定品も含めて
11アイテムがリリース。
ほとんど毎月発売されてたことになるね。

今年最大級の目玉アイテムとなるであろう
次のメタルビルドがもうすぐ予約開始iconなので
早くもそちらが気になってるけど、
出たばかりのエールストライクガンダムにも
まだまだ夢中。

あみあみとビックカメラで予約してたのが
発売日には届いたので、羽根を広げると
撮影ブースの背景が足りないことに
頭を抱えつつレビューしみるよ。

METAL BUILD エールストライクガンダム


METAL BUILD 機動戦士ガンダムSEED エールストライクガンダム 約180mm ダイキャスト&ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
バンダイ(BANDAI)
(2018-08-11)
売り上げランキング: 82


予約済みだったけど、
別のメタルな獲物があったので
ちょうど発売日は秋葉原へ。
11時前後の段階で、どこの販売店も
すでに売り切れ。

その裏では、アジア人のグループが大量に
買い占めており、ラジオ会館の周辺で
戦利品を積み上げている光景を目撃。
ざっと眺めたところ50個ぐらいはあったかな。
ヨドバシとかビックとかイエサブとか、
いろんな店の袋に1個ずつ入っており、
人海戦術でアキバ中から買い集めてきたのが
伺える様子だった。
(詳しくはTwitterを見てね)

しかし、今回はネット通販でも店頭でも
かなり余裕で予約できたので、
難民はほとんどいない様子。
買えなかった声は全くといっていいほど
聞かないな。

秋葉原駅の魂ネイションショールームで
ここには売っていないのかと、
スタッフにしつこく聞いてた人は
見掛けたけどね。

そのまま再販があるかは分からないけど
二次出荷やイベント連動の販売などでの
再出荷/再入荷は、ほぼ確実だと思う。
セブンソード/GやF91は何度も
再販売されてたし(最近もラジオ会館の
網の1周年セールで見掛けた)


METAL BUILD エールストライクガンダム

METAL BUILD エールストライクガンダム

パッケージと中身一式。

今回はエールストライクガンダムとしての
商品化となるので、付属の武器は
それに準じている。

ビームライフル、ビームサーベル、
シールドの基本武装に、
アーマーシュナイダーが付属。
バズーカは無し。

武器のバーゲンセール状態な
今年最後かもなメタルビルドiconと対象的。

この前出たガンダム系メタルビルド
武器がいっぱい付いてたか。

交換用手首は武器の持ち手3種と
大きく開いた平手が各左右。

スタンドは本体とエールストライカー用の
2種。その他予備のアンテナも付いている。


METAL BUILD エールストライクガンダム

METAL BUILD エールストライクガンダム

METAL BUILD エールストライクガンダム

前に出たクアンタが普通な感じだったし、
機体の性格上、プレーンな印象の物を
予想していたけど、実際は堅実でありながらも
斬新さを感じる仕上がり。

ディテールアップの加減が秀逸で、
冒険的な試みの見られるアレンジではないが
要所要所で程良く解像度が高められ
見応えのある密度の仕上がりとなっている。

個人的には肩や脚部など、
所々露出したフレームのやや複雑化した
形状と金属そのものの質感がお気に入り。
いいアクセントになっている。

全塗装ながら、その精度も全体的に高い。
すごくキレイ。

光沢のある白は異なるトーンで塗り分けられ
マーキングとともに、仕上がりをより緻密に表現。
赤と青はメタリック塗装で、
重厚感を引き立たせている。

そういやストライクガンダムは放送当時にも
1/100の超合金的なアイテムが出てたね。
そいつも結構デキが良かったような。


METAL BUILD エールストライクガンダム

METAL BUILD エールストライクガンダム

背面もいろいろとディテールアップが
施されている。

背中のバーニアは上下に可動し、
エールストライカー装着時には
上部カバーごと下に移動する。

脚部も一部合金が剥き出しになっており
超合金の系譜に相応しい質感を
醸し出している。

ふくはらぎのバーニアは可動。


METAL BUILD エールストライクガンダム

肩のフレームが展開。
今後発売されるであろうストライカーとの
連携を感じさせる。

下腕に露出したフレームも金属の質感を
残し、形状も少し複雑になっている。


METAL BUILD エールストライクガンダム

エールストライカー。
単体で飾れる簡易スタンドが付属。

同様にディテールアップが図られているほか
ウイングがかなり大型化されている。

当初エールストライクは空を飛べない
設定だったが、この翼で飛行できないとか
言われても認められない。

種死ではストライクルージュが普通に
飛行してたけど、リマスターでは
オオトリに変更されたので、
今の設定がどうなっているかは知らない。

なお、塗装に関してはストライク本体とは
質感の異なるマット調のメタリックが
起用されている。
他ではあまり見ない感じの塗装。


METAL BUILD エールストライクガンダム

エールストライカーは歴代アイテムには
なかったギミックも盛り込まれ、
意外とよく動く。

ウイングは前後に可動し、また基部が上下に可動。
ウイングを本体に対し垂直に位置できる。

ブースターも基部が可動。
上下の尾翼も動き、閉じることができる。

また白いスタビライザーみたいなパーツも
上下に動く。
さらに本体が折れるギミックも搭載。


METAL BUILD エールストライクガンダム

エンジン内部も再現。

エールストライカー後部の簡易スタンドを
接続する穴を見るに、パーフェクトへの
換装も想定されているのだろう。
この穴にカートリッジみたいなのを
付けるんじゃない?


METAL BUILD エールストライクガンダム

いい感じにディテールアップされている
エールストライカーだけど、
ビームサーベルの接続部が普通に
ダボだったりする。
ここだけおもちゃっぽい。

こういう細かい所までこだわってこそ
「魂の物作り」とか言えると思うんだ。


METAL BUILD エールストライクガンダム

METAL BUILD エールストライクガンダム

METAL BUILD エールストライクガンダム

METAL BUILD エールストライクガンダム

METAL BUILD エールストライクガンダム

そしてエールストライクガンダムに。

ウイングを広げるとブースの背景が
足りなくなるのは勘弁して。
(アイテムに被らない部分は黒背景に
修正してある)。

下半身にダイキャストが多用されている
おかげか、こんな巨大な背負い物でも、
ちゃんと自立できる。


METAL BUILD エールストライクガンダム

METAL BUILD エールストライクガンダム

エールストライカーには本体中央に
折れ曲がるギミックがある。
ウイングや尾翼の開閉と合わせて、
今まで見たこと無い気がする
折り畳んだ状態にできる。

メタルビルドのオリジナルギミック?


メタルビルド エールストライクガンダム

メタルビルド エールストライクガンダム

ビームライフルとシールドも
ハイディテール化。

ライフルは腰サイドアーマーと
腰後部に装着可。
腰サイドアーマーへの装着は
劇中でも見たことあるような気がするけど
過去再現した立体物ってあったっけ?

シールドは手持ちのグリップと、
可動式のジョイントで下腕に装着。
グリップを握らせないほうが自由度は高い。
ジョイントの可動を活かして
肘関節の横側に持ってくることもできる。


メタルビルド エールストライクガンダム

メタルビルド エールストライクガンダム

地味に柄のデザインが一新されている
ビームサーベル。

スタンドの型はいつも付いてるヤツ。


メタルビルド エールストライクガンダム

メタルビルド エールストライクガンダム

アーマーシュナイダーは
もちろん折り畳み式で
腰アーマーに収納可。
サイズ感もちょうどいい。


メタルビルド エールストライクガンダム

メタルビルド エールストライクガンダム

メタルビルド エールストライクガンダム

関節は全体的に固い。
部位によっては、接着されてるんじゃないかと
疑うほど超絶的に固い。
シリコンスプレーが吹きづらい箇所も
あるのが困りもの。

首は回転させると引っ掛かるような
感触がある。

胴の回転は最初は微動だにしなかった。
ゆっくり力を入れて左右に捻り、
何度か動かすうちに、多少はスムーズに
なった。胴部は他に赤い部分が少しだけ
スイングするものの、可動域は広くない。

股関節も固すぎて、足がMAXで
どこまで上げられるのか判断しづらい。
足のハの字開きもできるけど、
やはりどの程度がMAXなのか
何とも言えない。

膝アーマーは独立して上下にスライド。
足首も固いけど、接地性は悪くない。


メタルビルド エールストライクガンダム

メタルビルド エールストライクガンダム

メタルビルド エールストライクガンダム

メタルビルド エールストライクガンダム

そして最も可動が固い部位が
肩の引き出しギミック。
やはり普通に引っ張るだけではピクリとも
しない。

ゆっくり力を入れて、コキコキ前後に動かす
感じで引くと、徐々に引き出されてくるけど
それまでに何度も肩が抜けた。

とりあえず現状は写真の位置が限界。
もう少し引き出せそうではあるけれど。

ちなみに肩ブロックは分割され、上下に可動。
肩アーマーの前面の装甲も上に上がる。

関節が固過ぎて限界値が分からない部位も
あるけど、全体的に可動範囲は
そんなに広くないもよう。




メタルビルド エールストライクガンダム

この遊びづらさこそ、まさにメタルビルド!

固過ぎる関節には苦戦するけど、
アレンジの方向性や塗装の質感など
見た目に関しては個人的にドストライク。
なので、今年のベストトイの上位に挙げる
ことができそうなぐらい評価している。

何度か動かすうちに関節もほぐれてくるかな?
新装備が配備iconされる頃には
少し動かしやすくなってるといいな。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお