#1432 METAL ROBOT魂 (Ka signature) 〈SIDE MS〉 ゼータプラス C1



2018年08月20日
METAL ROBOT魂

長期間に渡って、ガンダムセンチネルの
MSをコンスタントにリリースしている
ROBOT魂 〈SIDE MS〉 Ka signature

そんなカシグの新作となるのは
すぐに終わった可動フィギュアシリーズ
出た記憶も新しいゼータプラス C1。
今回はMETAL ROBOT魂として
そしてカシグには珍しく、一般店頭販売。

発売日がワンフェスのタイミングと
重なった上、バンダイの8月の新製品で
目ぼしい物が上旬に集中したので、
今頃の開封になっちゃったけど、
ひと通りブンドドしてみたので、
今月リリースの次のカシグiconが届く前に
さっくりレビュー。

metal_robot_zplusC1_01.jpg


METAL ROBOT魂 (Ka signature) 機動戦士ガンダムセンチネル[SIDE MS] ゼータプラス C1 約140mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
バンダイ(BANDAI)
(2018-07-28)
売り上げランキング: 922


METAL BUILD 機動戦士ガンダムSEED エールストライクガンダム 約180mm ダイキャスト&ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
バンダイ(BANDAI)
(2018-08-11)
売り上げランキング: 133


今回は予約解禁日最安値だった、
あみあみとでじたみんで購入。

発売日から1ヶ月弱が過ぎたけど
販売店店頭では、もうほとんど
売り切れてるようだね。

前に出たメタルなゼータプラス
2万円近い定価がヤマダ電機で
3000円で叩き売りされるほどの
不良在庫っぷりだったのに。
今やメタルなガンダムは瞬殺不可避なのに
発売される時代が早過ぎたのか。

メタルロボット魂のZプラスは通販だったら
まだ余裕で定価以下で買えるけど
メタルなガンダムが大人気の今日びでは
安売りされる前に無くなるだろうから
欲しいなら早いほうがいいかもね。


metal_robot_zplusC1_02.jpg

metal_robot_zplusC1_03.jpg

いつものカシグテイストのパッケージ。
そしてスタンドのパーツの専有比率が
高い中身。

ゼータプラス本体は半透明の袋に入れられ、
頭部などに保護のブリスターが被されている。


metal_robot_zplusC1_04.jpg

metal_robot_zplusC1_05.jpg

見た目はかなりいい感じ。
外装はマット調の全塗装(たぶん)で
ロービジを再現し、
スプリッター迷彩(?)が施されている。

ガンダムの楽しみ方の1つである
ミリタリー寄りのプロダクトで、
ヒロイックなメタルロボット魂の最新作iconとは
真逆な感じだけどオレは両方とも大好き。


metal_robot_zplusC1_06.jpg

metal_robot_zplusC1_06b.jpg

適度にマーキングも入り、
脛の前面などの合わせ目さえ
気にならなければ、上手い人が作った
塗装済みガンプラに匹敵しそうな外観である。

所々チラ見えする、メタルパーツの金属の
質感も素敵なアクセント。

造形も全体的に破綻無いバランスで
大昔の作例やイラストへのこだわりは
無いので、これで満足。
胸の突起は蛇足な気もするけどね。


metal_robot_zplusC1_07.jpg

metal_robot_zplusC1_08.jpg

metal_robot_zplusC1_09.jpg

可変ギミックを搭載している影響か
可動はそれほど広くない。
引き出し関節の類は無く、
頭部が大きく上方を向いたり、
肩が前方にスイングしたりなどは不可。

ただ、肩アーマーの横の装甲が展開するので
腕は真横に上げられる。
腰はお尻の装甲のロックを外すと
左右に捻ることができる。

特筆すべきこととしては、
腕のロール軸がハンパなく固いので
取り扱い要注意。力の入れ方を間違えると
ポッキリ逝く可能性がある。

脚周りに関しては、膝は深く曲がり、
足首の接地も悪くない。
腿にロール軸あり。このロール部は
キツくない。


metal_robot_zplusC1_10.jpg

metal_robot_zplusC1_11.jpg

metal_robot_zplusC1_13.jpg

metal_robot_zplusC1_12.jpg

ビームスマートガン兼シールドには
グリップが2箇所あり、腕から外した
状態で構えさせることもできる。

後で気付いたのだが、前側のグリップは
大きく引き出せるので、シールドを腕に
付けたままでグリップを握らせることも
できるかもしれない。


metal_robot_zplusC1_15.jpg

metal_robot_zplusC1_14.jpg

ビームサーベルの柄は腰の
ビームガン部分に収納。
ビーム刃は2本付属。

スタンドはExSと共通の可動支柱と
GFFの物をモチーフにしたような
白地にテキストのみのシンプルな
台座から成る。
後年台座が黄色くならなきゃいいけど。


metal_robot_zplusC1_16.jpg

metal_robot_zplusC1_17.jpg

腿のビームキャノンは可変ギミックの
恩恵で、フレキシブルに可動。
真横の敵も攻撃できる。

交換用手首は武器の持ち手2種
(サーベル&スマートガン用)と
指の開き具合が異なる平手2種。
各左右付属。


metal_robot_zplusC1_18.jpg

ウェイブライダーへの変形はかなり手こずる。

ギミック自体はそんなに複雑ではないものの
股関節のフレームが有り得ないレベルで固い。
この固さじゃ、変形をリタイヤした人も
絶対いるよ。小さなパーツなので
力を込めづらいのもネック。

シリコンスプレーを吹きながら、
少しずつフレームを動かして
(少しずつしか動かない)
苦闘の末、何とか変形完了。

股関節の変形さえクリアすれば、
他は特に無問題でサクサク進められる。

なお頭部のアンテナは可動式の物と
閉じた状態と開いた状態で固定の物が付属。
可動アンテナは固着してるのか、
これもまたキツイのか、
閉じることができなかったので、
差し替えて変形させた。

基本的には差し替え無しで変形できる。


metal_robot_zplusC1_19.jpg

metal_robot_zplusC1_20.jpg

形状の維持に関しては、比較的安定している。

ただ、フライングアーマーの
プロペラントタンクの取り付け部が
別パーツ化されており、その部分が外れやすい。

ここが別パーツになってるってことは
A1も出す気なのね。
まあ当然と言えばそうだけど。
機体上面にビームライフル取り付け用と
思われる穴もあるし。


metal_robot_zplusC1_21.jpg

metal_robot_zplusC1_22.jpg

シールド表面の一部パーツ(3箇所)が
着陸脚と差し換えられる。

余談だが、ゼータプラスの
ウェイブライダーで大気圏突入すると
スマートガンとレドームは燃えないのだろうか。
劇中では最終決戦の後、地球に降りてたよね。


metal_robot_zplusC1_23.jpg

metal_robot_zplusC1_24.jpg

おまけ(?)のジョイントパーツを使えば
Ex-Sガンダムのビームスマートガンを
シールド下面に取り付けられる。

スタンドは可動支柱の他、
ウェイブライダー形態専用の
非可動の支柱も付属。

本来はスマートガンの下にも補助する
支柱を取り付けるのだが、特に無くても
保持できるので写真ではオミット。

でも長期間飾ったままにするなら、
もう1本の支柱も使うこと推奨。


metal_robot_zplusC1_25.jpg

metal_robot_zplusC1_26.jpg

metal_robot_zplusC1_27.jpg

Ka signatureのディジェに付属していた
ハイメガランチャーも取り付け可。
ゼータプラス+ハイメガランチャーの
組み合わせは新鮮。

今度出る新作のガンプラiconにもZプラスに
似合いそうなハイメガランチャーが付いてる。

カシグのディジェは限定品なので、
今から欲しい人はこの辺とかで調達してね。






metal_robot_zplusC1_28.jpg

metal_robot_zplusC1_29.jpg

ウェイブライダーから、またちゃんと
MS形態に戻せるのだろうか…

雑な塗装とポロリしまくりで定評があった
GFFからは劇的な進化を遂げており、
見た目もギミックも高水準なのだが、
股関節の超絶的な固さは変形玩具に対する
ある程度の慣れが無いとまともに遊ぶことは
難しいだろう。
その意味では、人を選ぶアイテムかも
しれない。まあ定価が16200円もする時点で
思いきり人を選んでいるとは思うけど。

まだ定価以下の在庫も結構残ってるので
激的に固い股関節を恐れぬ覚悟があるなら
おススメよ。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお