【レビュー】 #1471 ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.



2018年11月19日
ガンダム 〈SIDE MS〉

ver. A.N.I.M.E.のMSVシリーズでは
このアイテムだけタイミングを逃したまま
レビューをアップしていなかった。

ROBOT魂 〈SIDE MS〉
MS-06D ザク・デザートタイプ
ver. A.N.I.M.E.


魂ウェブ商店限定品として2016年11月に
リリース。MSVシリーズ初期の限定品
だったこともあってか、ver. A.N.I.M.E.の
中でもトップレベルのプレミアとなっている。
まんだらけとか秋葉原のホビーショップなどでも
頭一つ抜けた価格で売っており、今では
気が付けば高くなってたMSVとプレ値を
競ってる感じである。

しかしこの度、新規ユーザーへの
救済策としての意味合いもあるのか、
奇跡の(?)リニューアル再販iconが決定。

その予約がまだギリギリ間に合うタイミングで
レビューネタにチョイスした。

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.




ROBOT魂〈SIDE MS〉 MS-06K ザク・キャノン ver. A.N.I.M.E.『機動戦士ガンダム』(魂ウェブ商店限定)
バンダイ
売り上げランキング: 8,978


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06J 湿地帯戦用ザク ver. A.N.I.M.E.
バンダイ
売り上げランキング: 46,056



ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.

デザートザクの完成品トイは2度目の
商品化となる。以前にも発売された物
もうほとんど忘れられているかもしれない。

ver. A.N.I.M.E.のMSVシリーズでは
第3弾にあたり(第1弾はシャア専用
リックドムで第2弾はG3ガンダム)
旧キットが存在する機体としては
初のロボット魂化となる。

なので、パッケージのメインビジュアルが
旧キットを模した構図になってたのは
ちょっと感動した。このオマージュ路線は
以降のMSVでも旧キットが存在するものには
踏襲されてるね。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.

説明書を除く中身一式。
手首&手首格納デッキ以外のオプションは
デザートタイプの専用武器のみ。

定価は7020円と、通常版のザクよりも
約1000円高いが、オプションのボリューム
としては、両者同じぐらい。
限定品と一般店頭販売品、メジャーと
マイナーの差が如実に表れている気もする。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.

設定同様、ノーマルザクのリデコ品であり
頭部、胸部、脛周りなどが新規造型。
新造パーツは半分強といったところか。

腕や腿、足首などは通常のザクの流用であり
見た目はかなり異なるが、意外と共通の
パーツは多いような気もする。

機体のメインカラーのサンドイエローを
はじめ、例によってほぼ成型色仕上げだが
安っぽくは感じない。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.

砂漠戦用のバックパックや、ザクとは異なる
ふくはらぎの形状なども新規造型で再現。

バックパックは複雑な形状の割には
無塗装なので、やや味気ない作りに見える。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.

ダブルアンテナタイプの交換頭部が付属。
ヘルメットの交換ではなく、頭部を丸ごと
付け替える。

アンテナは予備が付属するが、極細なので
取り扱い要注意。頭部の交換時などに、
うっかり指が滑って、ポッキリ逝かないように。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.

デザートタイプには新規造型となる
4種の専用武器が付いている。

まずは、M-120ASマシンガン。
ストックとグリップが可動。
通常のザクマシンガンよりも小さめ。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.

両腕に取り付ける格闘用アーマー。
無塗装でモールドも無く、表面に穴が
開いているので、あまり見映えはよくない。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.

格闘用アーマーには、3連ミサイルポッドを
取り付け可。1年戦争時のジオン系MSには
オーラショットみたいな武器が
ほとんど無いせいか、デザートタイプの
武器の中ではいちばん印象的。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.

両腰にはSA-712クラッカーポッドを
取り付け可。蓋が開閉。
内部の手投げ弾は着脱できる。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.

両腰のハードポイントには
ラッツリバー式P-3 2連ミサイルポッドの
取り付けも可能。

グリップが可動し、基部が回転する。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.

ヒートホークやバズーカなどは付いていないが
他のザク系ロボット魂から流用できる。

ハードポイントの形状は同一なので、
腰にクラッカーのラックやヒートホークを
懸架することなども可能。
腰の後ろにもバズーカの懸架ジョイントを
取り付けできるハードポイントがある。

量産型ザクに付いている
脚部3連ミサイルポッドもハードポイントで
接続できるが、脛~ふくはらぎの形状が
異なるので、ベルトの装着はできない。

シャアザクなどに付いている、爆発や
バーニア噴射のエフェクトも取り付けできる。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.

逆もまた然り。

他のザクのハードポイントに
格闘用アーマーやミサイルポッドを
取り付けることも可能。

Ver. A.N.I.M.E.は他のアイテムとの
相互互換で拡張性が高いのもいいね。
来年発売のオプションでまた広がりそう。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.

ベースは通常のザクで、関節周りも
流用されているため、可動に関しては
それらと同程度。




ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06D ザク・デザートタイプ ver. A.N.I.M.E.

特筆するような新規性や新しいギミックは
無いけれど、堅実な完成度で気に入ってる。

ただし、ほぼ成型色でおもちゃ然としている
きらいもあるので、往年のファンで
MSVに対するリアル志向が強い人には
ギャップを感じるデキかもしれない。
MSを実在の兵器に見立てるような
コンセプトはロボット魂のプロダクトには
存在しないので、その辺を享受したい場合は
ガンプラをどうぞ。

そして月末には ver.A.N.I.M.E.次のMSV
プレバンから届き、さらに年明けには
次の次のMSVが出るわけだが
こっちは結構売り切れている所多いのね。
発売日に販売店店頭で買うつもりだけど
ちょっと心配になるじゃない。

最安値狙いだったけど、
ちょっとお得なセット販売iconがまだ予約可能なので
もう確保しとこうかな?


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお