【レビュー】 #1477 ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.|ちょっとトイログ|フィギュアレビュー、新製品予約&イベント情報

【レビュー】 #1477 ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.




セール価格で買えたのは発売前だけ?

本日のレビューネタは
ROBOT魂 〈SIDE MS〉
MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.


予約段階で4割引近くまで安くなっており、
ギャンやシャア専用ゲルググのパターンを
辿るのかと思いきや、その後販売相場は持ち直し
2~3割引ぐらいで安定しそうな気配に。
オレが見掛けた秋葉原での最安値は
イエサブとエックスの5400円だった。
通販も同じ値段。定価は7992円)

ハイゴッグとしては初の本格的な
アクションフィギュアだし、発売日後に
デキがいいことが知れ渡り、様子見だった
人達が一気に買いに走ったのかもね。

逆に週末発売のロボット魂は、
発売日を前にして、通販は売り切れが
やたら目立ってきた。

ここ1週間で需要が上昇しているのは、
間違いないヤツなんで、土曜日は早めに
買いに出かけるか。

ついでに2019年第1弾のロボット魂
まだ予約難では無いけれど、売り切れが
目立つので、ちょっと気に留めておこう。

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.


ROBOT魂 機動戦士ガンダム [SIDE MS] MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E. 約105mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS
(バンダイ スピリッツ)
(2018-11-23)
売り上げランキング: 473


ROBOT魂 機動戦士ガンダム0080 [SIDE MS] RGMー79SP ジム・スナイパーII ver. A.N.I.M.E. 約125mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS
(バンダイ スピリッツ)
(2019-02-28)
売り上げランキング: 1,168


ROBOT魂 機動戦士ガンダム0080 [SIDE MS] MS-18E ケンプファー ver. A.N.I.M.E. 約130mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS
(バンダイ スピリッツ)
(2019-04-30)
売り上げランキング: 4


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.

箱と中身一式。
ブリスターの裏側にはマーキングシール
(1~3の数字)が袋に入れて貼り付けられている。

箱は横に長く、ロボット魂の中では大きいほう。
特殊な形状の本体に加え、大きめの
エフェクトパーツが複数付属しているため
必然的に箱も大きくなったようだ。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.

ハイゴッグはガシャポンや食玩の類では
多く立体化されており、そのどれも的確な
造形だったと記憶しているけど、
ロボット魂も例に漏れず、形状はバッチリ。
かなりクセのあるデザインのMSだが、
イメージ通りの造型にまとまっている。

ほぼ成型色ながら、質感も悪くない。
発売前にイベントで見た展示サンプルは、
プラスチッキーで安っぽい感じだったので
心配だったけど、製品版ではちゃんと
改善されていてGJ。
(光の当たり具合でテカって見えたのかもしれんが)


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.

見た目に寄らず、いや見た目通り、
広範で変態的な可動性を誇る。

腕の各関節は、手首以外はさほど深くは
曲がらないものの、肩は前後、上下に
大きく引き出すことができる。
おかげで両腕は双竜の首のごとく、
躍動感のある動きを演出することが可能。

ツメは関節が2箇所あり開閉可。
肩アーマーの基部に回転軸あり。
胴は前屈できる。

短足ながら下半身の可動も優れており、
股関節は前後にスライドし、膝も深々と曲がる。
足首の接地も良好で、脚の爪も開閉する。

頭部のカバーは着脱式になっており、
つまみを回して、モノアイの位置を
左右に調整することが可能。
ハイゴッグの頭部は胴と一体化しているけど
目線を動かせるので、表情を付けられる。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.

巡航形態には差し替えで変形。
蛇腹状の腕パーツを取り外し、
太腿を専用パーツと交換。
腕にハンドミサイルカバー、
背中にジェットパックを取り付ける。
モノアイカバーは差し替え無しで閉じる。

それなりにコンパクトに収まるが、
腕は着脱がキツめの箇所もある。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.

ジェットパックに取り付ける噴射エフェクトが付属。
やや重く、その割に接続ピンが細いので、
折らないように注意。

足の裏のバーニアの穴などには、
他アイテムの噴射エフェクトを取り付け可。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.

ハンドミサイルの発射シーンを再現可能。
下腕の周りに噴煙のエフェクトを取り付け、
そのエフェクトにパージされたミサイルカバーの
パーツを取り付ける仕様。左右どちらでも可。
エフェクトにミサイルカバーがなかなかハマらず
ちょっと苦労した。

ミサイルとその噴射エフェクトは別パーツ。
ミサイルのみを手の平のメガ粒子砲口に
直挿しできる。

噴煙エフェクトは重いので、補助が必要。
手首の下の蓋を外すと、魂ステージ用の
ジョイント穴がある。

なおミサイルは2個付いているが、
エフェクトは1組だけなので、両腕から
同時発射を再現したいなら、2個買いが必要となる。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.

腕のメガ粒子砲エフェクトも付属。
こちらも1個のみとなる。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.

差し換え用のくの字に曲がったクローが4本付属。
ハイゴッグのクローって、中央でも曲がる
仕様だったのか。

寒冷地ジムのメインカメラパーツを取り外し
ハイゴッグの手首のメガ粒子砲口と接続できる
ジョイントも付いている。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.

上記のパーツを使うと、ジムの頭部を掴んでいる
シーンを再現できる。
クローで頭部を掴んで保持することはできず、
ジョイントでの接続となる。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ROBOT魂 <SIDE MS> MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N....
価格:5400円(税込、送料別) (2018/12/6時点)





ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-03C ハイゴッグ ver. A.N.I.M.E.

地味な存在で、人気もそんなに無いMSだと
思うけど、造型、可動&ギミックともに
申し分なくまとめられており、ハイゴッグとしては
ほぼパーフェクトと言ってもいい傑作トイである。
ハイゴッグの立体物が欲しいと思っているなら
買って後悔はしないだろう。

この水準でズゴックEも出れば幸せだけど
ポケ戦からのver. A.N.I.M.E.は、
あとどれだけ続くんだろうね。

ポケ戦のMSはHGUCでコンプリートしてるし
個人的な本命アイテムの発売が決まったので
あまり枯渇感はないけれど、願わくは
ROBOT魂でも全機種出して欲しいよね。


スポンサーサイト

blank.jpg
関連記事