【レビュー】 #1493b DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版) ~ ガウォーク&バトロイド編



2019年01月16日
DX超合金

DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機)
のレビュー後編はガウォークとバトロイドを
フィーチャー。

ファイター形態のレビューは
前編をチェックしてね。

DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版)


DX超合金 超時空要塞マクロス VF-1J バルキリー(一条輝機)(初回限定版) 約300mm(ファイター時) ABS&ダイキャスト&PVC製 塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS
(バンダイ スピリッツ)
(2018-12-29)
売り上げランキング: 277


超時空要塞マクロス 1/48 完全変形 VF-1 対応 アーマーパーツ
やまと (2005-12-25)
売り上げランキング: 165,752


超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか 1/48 完全変形 VF-1S 一条輝機
やまと (2010-08-10)
売り上げランキング: 516,840



③ガウォーク


DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版)

DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版)

約1/48スケールの大サイズゆえ
もともとのボリュームがあるので
幅広で力強いフォルムのガウォークとなる。

変形にあたっては、肩の付け根のヒンジ部と
脚のインテーク部の横の突起が干渉しやすいので
いちおう注意したほうがいいかも。


DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版)

DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版)

デフォルトの手首は可動指で親指以外は
ちゃんと関節が3箇所ある(親指は2箇所)。
手の平にダボで固定できるので、
ガンポッドの保持も悪くない。

手首は基本的に劇場版準拠の各指タイプ。
交換用手首として、拳、平手、ガンポッド
持ち手が各左右付属。これらに加えて、
ガンポッド持ち手(右のみ)と
平手(左のみ)の丸指手首が付属する。

VF-1Jの輝機はTVシリーズにしか
登場していないので、角指よりも
丸指を多く入れて欲しかったが。


DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版)

DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版)

膝関節にロール軸があるので、
脚のハの字開きが可能。
また太腿の中央(インテークの下部)で
横に方向にも曲がる。
ダイキャスト製の足首は左右に
スイングし、接地性は割と良好。


DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版)

DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版)

組み換えとアダプタの交換で、
三形態に共用できるスタンドが付属。
浮かせて飾ることができる。
簡易的な仕様なので、角度や高さの調整は不可。

本アイテムの初回限定版のスタンドも
ほぼファイター用にしか使えないし、
そろそろバンダイからもマクロス超合金に
対応した自由度の高いスタンドをリリースして
欲しいと思う。

かなり前に先行発売的なふれこみで
限定発売されたけど、なぜかそれきりに
なってるんだよね。


②バトロイド


DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版)

DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版)

DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版)

DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版)

そしてバトロイドに変形。

上半身のボリュームに対し、やや脚が細く
見えるが、大して気にならない。

変形自体は既発のマクロス超合金と比べると
全然スムーズに行うことができ
特にストレスを感じることもないだろう。
(他の機体の変形が複雑過ぎるのだが…)

フレームに接続された脚部や
機首にその接続部を収納する仕様、
胸から引き出すキャノピーカバーなど
過去にリリースされたVF-1の可変トイの
ギミックが踏襲されており、初めてでも
馴染みを感じる。

基本的に差し替えは不要だが、
インテークのカバーは取り付け式。
また、脇下の隙間を埋めて見映えを
良くするためのパーツが付属する。


DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版)

フレームと脚部を取り外すことで、
腰の回転が可能となる。完全変形に
こだわらなければ、脚を外して変形させる
ほうがラクに感じる。

なお脚部は外れやすく、変形作業中に
ストンと落ちることがあるので要注意。


DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版)

DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版)

DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版)

可変ギミックが搭載されている故、
大まかな可動に関しては、HI-METAL R
あたりと目立った差異は無い。

頭部レーザー砲は頭部との接続が
ボールジョイントなので、若干横方向にも動く。

肩は可変ギミックを活かして前後にも可動。
肘は2重関節で深く曲がる。

脚部はガウォークの所で書いた通り。

グリグリ動くフルアクションってわけでは
ないけど、可変ギミックとの両立を考えれば
十分及第点の可動と感じる。


DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版)

DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版)

DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版)

ガンポッドは差し替え無しで収納状態から
使用状態に。着脱式でベルトも再現されている。


DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版)

DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版)

付属のスタンドで飾ることもできるが、
やっぱり角度調整などは不可。






DX超合金 VF-1J バルキリー (一条輝機) (初回限定版)

VF-1の可変トイは出尽くしている感も
あるけれど、新規性のあるバリューは
追求せずに、オーソドックスな
プロダクトに纏められている。

シンプルに基本的な要素の再現へ
リソースが全振りされたおかげか
特に目新しさは無いものの、
純粋にデキのいいVF-1となっている。

基本的な造型やギミックが高いレベルで
完成され、VF-1可変モデルの決定版であり
新たなマスターピースが誕生したと言っても
過言ではないだろう。

VF-1はバリエーションが多く存在するため
今後の展開も大いに気になるところ。
ミサイルセットの予約ページを見るとicon
「3機分入っている」という記述も見られる。
「3機分」って…次の展開はもう決まってる?

かつてリリースされた(そしてワゴン直行)
こんなレアカラーまで網羅しろとは
言わないけど、エリントリーカーや
オストリッチあたりも、この大きさで、
このクオリティで立体化してほしい気もする。

残念ながら、既にどこも売り切れ状態で
再出荷/再入荷の情報も聞こえてこないが
本アイテムにはアーマードバルキリーも
視野に入れた仕様が見られるので、
そのリリースがあるならば、再販の可能性は
高くなると思う。そのまま再販されるのではなく
アーマードとセットされ、別仕様となるかも
しれないけど。
(むしろその可能性のほうが高いような)

あと最近流行のサイレント再販で、
もうすぐ出荷らしい大物超合金魂みたく
公式の告知が無いまま、こっそり再販される
パターンもあるかも。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお