【レビュー】 #1500b メタルビルド クロスボーン・ガンダムX1 (後編) 〜 再入荷分予約開始



2019年01月30日
METAL BUILD

新元号最初のメタルビルドiconを確保したら
メタルビルド クロスボーン・ガンダムX1
のレビュー後編をはじめよう。

中途半端な所から再開するので
先にレビュー前編をチェックしてね

メタルビルド クロスボーン・ガンダムX1


METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX1 約170mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS
(バンダイ スピリッツ)
(2019-01-26)
売り上げランキング: 39


METAL BUILD エヴァンゲリオン初号機 約220mm ダイキャスト&ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS
(バンダイ スピリッツ)
(2019-02-28)
売り上げランキング: 215


一部で再入荷分の予約が開始されたけど
かなり先の予定になってる。
このスケジュールであってるのかな?

8月発売のストライクガンダムが
正月に再入荷していたのを見掛けたことは
あるけど、あれは初売り用のストックだったと思うし。

ちなみに次回は2/6 16時から
再入荷分の予約開始みたいなので
(準備数は約120個らしい)
欲しい人はチェックしてみてね


メタルビルド クロスボーン・ガンダムX1

メタルビルド クロスボーン・ガンダムX1

メタルビルド クロスボーン・ガンダムX1

豊富な武器の紹介の続きから。

ブランド・マーカーのビーム刃が付属。

肩~腕の可動範囲が広いので、
ブランド・マーカーの攻撃ポーズも
思いのまま。


メタルビルド クロスボーン・ガンダムX1

メタルビルド クロスボーン・ガンダムX1

ヴェスパーを防いだり、大気圏突入に
使えたり、高機能なビームシールド
エフェクトも2個付属。


メタルビルド クロスボーン・ガンダムX1

ビームサーベル。
クロスボーンにはビームザンバーがあるので
使っているシーンが思い出せない。

サーベルのグリップはコアファイターの
ビームキャノンを兼ねており、ガンダムの
両肩に収納されている。

ガンダムに合体した状態でグリップを抜く
ことはできないので、サーベルを持たせる
場合、いったんコアファイターを分離させ
グリップを取り外す。


メタルビルド クロスボーン・ガンダムX1

メタルビルド クロスボーン・ガンダムX1

メタルビルド クロスボーン・ガンダムX1

ヒート・ダガーも2本付属。
グリップはふくはらぎに収納されており、
刃は別パーツとなっている。

刃を足裏に取り付けることも可。
股関節の可動域が広いのでキックポーズも
取らせやすい。

ただ、スタンドがいつものメタルビルド
共通仕様のため、横方向へ角度調整ができず
いまいちフレキシビリティに欠ける。
優秀な可動スペックを100%堪能できる
飾り方ができるスタンドとは言い難い。


メタルビルド クロスボーン・ガンダムX1

メタルビルド クロスボーン・ガンダムX1

メタルビルド クロスボーン・ガンダムX1

シザー・アンカーは差し替えで再現。

フロントアーマーが着脱式であり、
金属製のチェーンで接続。
クロー部分が回転。開閉はしない。

シザー・アンカーにビーム・ザンバーを
持たせた状態を再現する場合は、
クリア製のジョイントで接続。

シザー・アンカーの保持などに使用する
4箇所が稼働する支柱も付属。
台座に取り付けできる。


メタルビルド クロスボーン・ガンダムX1

メタルビルド クロスボーン・ガンダムX1

布製のマントが付属。

裏面に重りを取り付けるのだが、
ストッパーが小さい上に数が多いので、
なかなか留めにくく、超絶面倒くさい。

1度取り付けたら、マントを破かないように
取り外すのが大変そう。

マントには胸の前部のパーツが付いており、
本体のこの部分を取り外して、交換する仕様。
また、肩部でもストッパーで固定する。


メタルビルド クロスボーン・ガンダムX1

メタルビルド クロスボーン・ガンダムX1

メタルビルド クロスボーン・ガンダムX1

マントにワイヤーは入っていないが、
前部の裏側のフレームがボールジョイント
接続になっており、ある程度の表情付けや
展開した状態を保持することができる。
ただし、あんまり無理はできないもよう。


メタルビルド クロスボーン・ガンダムX1

メタルビルド クロスボーン・ガンダムX1

METAL BUILD化にあたり、
新規設定された鳥型メカ・ビリー。
偵察メカらしいが、連載中のDUSTに
逆輸入され、ミサイル代わりに使われたとか…
(実際に漫画は読んでいない)

羽根、尻尾、脚のクローなどが可動。
ジョイントを使用し、肩に固定できる。

まあ、特に可愛くもカッコ良くもなく、
完全に蛇足ですな。






メタルビルド クロスボーン・ガンダムX1

2019年のべストトイが早くも登場か!?

ゲームでしか映像化されていないので、
クロスボーンガンダムに対する確固な
イメージは無いんだけど、海賊と言うより
高貴な人物が乗る機体をイメージさせる
気品高めのアレンジは文句無しにかっこいい。

相変わらず一部の関節は固めだが、
可動範囲は広く、今までのメタルビルドよりも
若干遊びやすくなっているように思える。

優れた可動スペックと豊富なオプションが
相まってプレイバリューも高い。
従来のメタルビルドは繊細な作りの上に
高額であり、積極的なブンドドは躊躇われる
物だったけど、とことん弄り倒したくなる
楽しさを感じる。
…結果的に、この前の日曜はほぼ1日中
クロスボーンを弄ってたんだけどねw

次のメタルビルドであるエヴァ同様、
バリエーションが展開し放題のネタなので
次の次のヤツは派生機無いけど)
このデキなら、X2、X2改、X3、
フルクロス、…などなど、
クロスボーンガンダムをコンプするぐらい
の勢いでリリースしてほしいわ。

個人的にはこの本に載ってた
フルアーマークロスボーンガンダムが
凄く欲しいんだが…無理かな?

でも最近はどのMSが商品化されても
おかしくない世の中になってきたから
可能性はゼロではない?


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお