【レビュー】 #1526 HI-METAL R VF-4 ライトニングIII



2019年04月02日
HI-METAL R

マクロスからのHI-METAL R新作は
VF-4 ライトニングIII

OVAの「Flash Back 2012」や
ゲームなどには登場しているけど、
存在としてはマイナーで、立体化にも
恵まれなかった機体がハイメタルRに
ラインナップ。

あみあみで予約していた物が届いたので
もうすぐ出る次のハイメタルRが来る前に
さくっとレビューするよ。

HI-METAL R VF-4 ライトニングIII


HI-METAL R 超時空要塞マクロス VF-4 ライトニングIII 約150mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS
(バンダイ スピリッツ)
(2019-03-23)
売り上げランキング: 1,138


DX超合金 超時空要塞マクロス VF-1J バルキリー(一条輝機)(初回限定版) 約300mm(ファイター時) ABS&ダイキャスト&PVC製 塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS
(バンダイ スピリッツ)
(2018-12-29)
売り上げランキング: 23,835



HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

箱とブリスターの中身一式。

いつものように天神氏が描いた
ボックスアートを起用。

VF-4はファイターのイメージが強く、
その他の形態は馴染みが薄いけど
箱絵はなぜかさらに馴染みが無い
ガウォークの中間形態。オーガスの
ブロンコIIみたいになってる。

HI-METAL Rはいつもバトロイド状態で
ブリスターに収まっているが、
VF-4の場合、バトロイドだと嵩張るからか
ファイター形態にてパッケージ。


①ファイター


HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

ファイター形態で箱に入っているので
まずはそれから紹介。

全長は20cmぐらいあり、VF-1よりも
大きめ。

可変ギミックを有しているものの、
非常にまとまったフォルムで、
変形によるプロポーションの破綻は
一切見られないと言っていいだろう。

デルタまでの分厚い設定資料集に載ってる
VF-4の線画と見比べても遜色無い。
VF-4について知らない人は、ホントに
これがバトロイドに変形するのか疑問に
思うかもしれない程のまとまりよう。

なお後部が重いのか、ランディングギアで
駐機させた状態だと後方に倒れやすい。
機体下面にガンポッドを付けると、
多少バランスがよくなった気もするが。


HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

カラーリングやマーキングは
「Flash Back 2012」の設定に準じている。
本機は一条輝機ということでいいのかな。

VF-4は以前にも可変トイが出てるけど
そちらはゲーム版の仕様みたいだったので
「Flash Back 2012」版VF-4の
完成品は初立体化となる。

ちなみに「Flash Back 2012」の
DVDは昔はプレミアが付いてたけど、
再発されたので今は安く買えるよ

ブルーレイはいろいろ詰め込まれた
限定豪華パック(定価割れにしか
無かった気がするが。


HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

キャノピーは開閉式ではなく着脱式。
「Flash Back 2012」版スーツの
パイロットフィギュアを乗せられる。


HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

ブースター上下のミサイルは着脱可。
機体後部のインテーク部のフラップは
可動する。

魂ステージが1個付属するが、台座は
無色透明で特別なデザインはされていない。


HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

例によってランディングギアは差し替え式。
機体下面にガンポッドの取り付け可。
設定上では、ガンポッドは装備して
いなかったと思うが、ボーナスパーツ扱いか。

機体下面の太腿の部分(赤いラインの部分)
を覆うカバーパーツ有。

ブースター部前面のシャッターは、
VF-1と同様に差し替えで開いた状態にできる。


②ガウォーク


HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

VF-4は両側のブースターの下半分が
脚部に変形する。

太腿が機体下面に収納されており、
脛から下がブースターになっている。


HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

そしてブースターの上部が腕となる。
上腕が内部に収納されており、
ブースターの前部が下腕になる。

機体下面の太腿部のカバー以外は
基本的に差し替えは不要だが、
手首は見映えのいい大きめの物に
交感したほうがかっこいい。

交換用手首は拳、平手、
ガンポッド持ち手の3種。

変形用の小さい手首ではガンポッドを
持たせることはできない。


HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

VF-4にガウォークのイメージは
あんまりないので、ちょっと新鮮。

機首が長いのでVF-11に近い感じがする。


③バトロイド


HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

機首をボディの下に入れる要領で
バトロイドに変形。変形自体は初めてでも
手間取ることなくできた。

VF-4Gの詳しい変形シークエンスは
例の分厚い設定資料集をチェックしてね。
ほぼ設定通り再現されているようだ。

各部はカッチリとロックされ、
安定して形状を維持できる。


HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

ちょっと異形感のあるフォルムで
頭部も無機質だし、全然ヒロイックでは
ないんだけど、なかなかかっこいい。

ただ仮にも主役搭乗機なんだから、
ヒロイック感を出す記号として、頭部に
レーザー砲を付けて欲しかったとは思う。


HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

肩アーマーに相当するブースターの基部に
可動軸がないので、腕の自由度は低い。

脚部は股間周りに障害物が無く、
変形ギミックの恩恵もあり、かなり動く。

胴に可動部は無し。






HI-METAL R VF-4 ライトニングIII

ファイター形態がかっこいいのが
特に気に入った。変形しそうにない
デザインだけど、複雑なギミックを
搭載しながらも、違和感無く、かっこよく
まとめている。

この機体にはあまり馴染みの無い人も
多いかもだけど、可変ギミックも
よくデキているので、実際に商品を
手にしたら、今まで気付かなかった
VF-4の魅力を実感できるかもしれない。

ただ、留意すべきなのは
前作のハイメタルRはよくセールされて
いるのに対し、VF-4はすでに定価以上で
売ってる店が増えている。

今ならまだプレ値を出さなくても
普通に入手可能なので、気になる人は
急いだほうがいいかもね。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお