【開田裕治 ガンダムギャラリー】で超ラッキーな出来事!



2019年05月21日
玩具ニュース&日記

5/17から池袋パルコで開催されている
「開田裕治 ガンダムギャラリー」へ行って来たよ。

初日は平日だったけど、パルコは21時まで
営業しているので、会社帰りでも何とか行けた。


kaida_gundam_gallery01.jpg

ウルトラマンや怪獣の絵師としても知られる
開田先生は、ガンダム関連のイラストも
ガンプラのパッケージを中心に数多く
手掛けている。

今回は開田先生の画業40周年を記念し、
これまで手掛けたガンダム関連の作品から、
70点以上を展示。

ガンダム作品のみを集めた、ここまで
大規模な展示会は初めてかな?
開田先生の展示会は過去にダンバインと
スパロボの特集展に行ったことがあるけど。


kaida_gundam_gallery02.jpg

入り口には開田先生がボックスアートを
手掛けたガンプラのパッケージを展示。

90年前後~00年代のアイテムが中心。
PG ウイングゼロなど、実は開田先生の
作品だったことを初めて知る物も。


kaida_gundam_gallery08a.jpg

展示会場内は撮影禁止。
写真は物販で買って来たポストカード。

80~90年代のリキッテクスの作品は
開田先生の初のガンダム画となる(?)
1/100 アッガイからはじまり、
ポケットの中の戦争、F91、0083から
その後のVガンダム、Gガンダム、
ガンダムWなどの原画を展示。

フォトショップで描かれるようになった
00年代以降の作品は、MGのボックス
アートを中心に、Hi-νガンダム、
サザビー、シャア専用ズゴックなど
お馴染みの物が多く展示されていた。

F2ザクやガンダムシュピーゲルの画は
かなり大判で出力されており、迫力もひとしお。

ガンプラのパッケージ以外にも
ポスターやジクソーパズル用などに
描かれた作品が展示されており、
初めて目にするものも多い。

会場販売のポストカードにもなってる
F91の内部メカの画なんか、
かなりレアなのでは?
これは設定画が無いため、
想像で描いたものらしい。

その他、ガンプラに混じってコトブキヤの
ガレージキットの箱絵になったものも展示。
いまだにガンプラになっていないザメルや
ガンプラ化は不可能と思われてた超大物
パッケージ原画もまさかのお披露目。

デジタル作画のMGのボックスアートにも
お気に入りがいろいろあるけど、
個人的にはアナログ時代のリキテックス
作品のほうが好きかな。

多少デッサンが崩れている部分もあるが、
返ってそれが動的な印象を感じさせる。
特にポケ戦シリーズのイラストは
背景が描き込まれて、ストーリー性が色濃く
表現され、MSVのボックスアートにも
通じるものがあり、好きな作品が多い。


開田裕治画集ガンダム編
開田 裕治
大日本絵画
売り上げランキング: 58,670





kaida_gundam_gallery03.jpg

作品鑑賞の後は、物販コーナーでお買い物。

コースターやTシャツ、缶バッジなど、
かなり多種のグッズが用意されているが、
クリアファイルとポストカードをお買い上げ。

ランダムで貰える入場特典は、イベントの
キービジュアルのクリアシートだった。
また、3000円以上お買い上げで、
イベントの告知ポスターが貰える
(1枚目の写真と同じデザイン)


kaida_gundam_gallery04re.jpg

クリアファイルだけでも2枚セットが6種、
ポストカードは6枚セットが8種あり、
予算の都合で何を買うか困るほど。

クリアファイルは「Z&ZZセット」と
「ポケ戦&0083」セットを購入。
前者は表裏の絵柄が、MG百式/キュベレイと
MG ZZ/旧HG ZZの2枚組。

後者は「ザク改/リックドムII」と
「連邦用ザクF2/ジムクゥエル」のセットで
4画とも特に好きなイラスト。

クリアファイルの絵柄は、他にMGグフ、
ドム、ゴッグ、1/100アッガイなどがあったかな。


kaida_gundam_gallery06re.jpg

ポストカードは作品ごとのセットになって
おり、「機動戦士ガンダム(1年戦争物)」
「ポケ戦」「Z&ZZ」「逆シャア&武者」
「F90&F91」の5セットを購入。
なぜか全く再販されないガンプラ
貴重な箱絵も収録。

他にはプラモ以外のイラストを中心に
集めたファーストのセットと、「SD」
「Vガンダム」の組み合わせが売っていた。

物販の本命は原画展図録の「ガンダム画帖」
だったのだが、まだ完成しておらず、
会場で前金予約して、後日発送ということだった。

「ガンダム画帖」はクラウドファンディング
でも申込みできたけど、展示会で買えると
思ってたから、そっちはスルーしたんだよね。

もちろん、改めてその場で予約してきたよ。
あとプレミアでも買いたくなる画集
合わせれば、古き良き時代のガンプラの
パッケージアートは、ほぼコンプできるかな。

なお、物販コーナーのみの入場はできない
ので、図録やグッズ目当てで行く人は
注意してね。
一般入場料として500円掛かるよ。


kaida_gundam_gallery09.jpg

そして超ラッキーでミラクルな出来事が!

初日だったこともあってか、ちょうど自分が
行ったタイミングで、開田先生が来場されていた。
まさか御本人と会えるなんて!

物販購入者には、商品にサインして下さると
言うことで、クリアファイルに一筆して頂く。

どのアイテムに頂くべきか迷ったが、
HGダブルゼータのクリアファイルの上部に
ちょうどいい余白があったので、これを選んだ。

本イベントは、特にポケ戦の頃から
Gガンダムぐらいまでリアルタイムで
ガンプラを作っていた人には感慨深い
体験ができるんじゃないかな。

6/3まで開催されているので、
興味のある人は、池袋パルコへ行ってみてね。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお