【レビュー】 #1544 GUNDAM CONVERGE #15 (ガンダムコンバージ #15)



2019年05月25日
ガンダムコンバージ

モビルスーツアンサンブル1.5のレビューが
まだ半分残っているけど、来週発売の
ガンダムコンバージ#15をフラゲしたので
先にこっちを紹介するね。

一緒に魂ネイションが誇るSDトイ
フラゲしたけど、
「ガンダムコンバージ レビュー」で
毎日ググってやってくるコンバージが
大好きな人のために、公式発売日に
先駆けてアップ。
1年以上前から毎日来るぐらいなのに
ブックマークはしてくれないことに
理不尽さは感じるけどw

GUNDAM CONVERGE #15


(仮)FW GUNDAM CONVERGE ♯15 (10個入) 食玩・ガム (機動戦士ガンダム)
バンダイ(BANDAI)
(2019-05-27)
売り上げランキング: 3,127


秋葉原のガンダムカフェにて先行販売分を
フルコンプでフラゲ。いつもよりちょっと
早く、金曜日の昼頃には入荷していた。

アキバのガンダムカフェの先行販売は
早ければ発売日前週の金曜の昼頃には
入っているけど、土曜日になることもあり
入荷時間は一律では無いので
タイミングが合えば買えるって感じ。

入荷数もお台場のガンダムカフェみたいに
多くないしね。

なお#15弾はガンダムタイプが4種収録
されており、パッと見箱のビジュアルが
似ているので、うっかりしてると
間違いやすいかもしれない。

特に箱を上から見ると、GX2種と
RXF-91改は似ており、各複数ずつ棚に
置かれていたりすると、どれがどれだか
一瞬戸惑うかも。

無意識的にピックして、GX2種買った
つもりが、片方はRXF-91改だった…
みたいなことにならないようにね。
念のため。


①ナラティブガンダム(C装備)


GUNDAM CONVERGE #15

GUNDAM CONVERGE #15

GUNDAM CONVERGE #15

GUNDAM CONVERGE #15

それでは通し番号順に、全6種を1個ずつ紹介。

まずは#15弾のリードアイテムとなる
No.206 ナラティブガンダム(C装備)

奇しくも「ガンダムNT」のブルーレイと
同タイミングでのリリース。
予約復活した実質1.3万のコンバージicon
スルーした。

足の角度が大袈裟すぎる気もするが
全体的な造型は良好。

サイコフレームはメタリックレッド、
剥き出しのフレーム部やビームライフルは
ガンメタで塗装され、雰囲気もまずまず。

塗り分けが細かいこともあり、塗装の
はみ出しが散見される個体を引いたのは残念。
塗装が足りていない部分もあるし。


②ガンダムX


GUNDAM CONVERGE #15

GUNDAM CONVERGE #15

GUNDAM CONVERGE #15

#15弾で、ベースが同一金型の
バリエーション枠となるのは
No.207 ガンダムX

GXは旧16弾で1度リリース
されており、リニューアルとなる。

旧16弾のGXはサテライトキャノンを
折り畳んだ状態での造型だったが、
#15弾ではキャノンを構えたポージングに。

足が太い気がするが、イケメンで
そこそこボリュームがあり、
なかなかいい感じ。

写真では白く写ってしまったが、
リフレクターのミラー面は銀色で
塗装されている。


GUNDAM CONVERGE #15

GUNDAM CONVERGE #15

旧16弾のGXと比較。
各部のバランスが多少異なるが、
旧16弾はコンバージがいちばんノッってた
時期(あくまで私感)の商品ということも
あってか、既に洗練されたバランスで、
並べてみても全く見劣りしない造型。

旧16弾のほうが、多少造型にメリハリが
ある感じかな。

造型のレベルが等しく、装備の状態が
異なる物なので、リニューアルというより、
別バージョンという解釈が適切かもしれない。


③ガンダムXディバイダー


GUNDAM CONVERGE #15

GUNDAM CONVERGE #15

GUNDAM CONVERGE #15

バリエーション枠の2つめは
No.208 ガンダムXディバイダー

ガンダムカフェに売ってた分を見る限りでは
ガンダムX 2種が各アソート1で、
他がアソート2。いつものパターン。

次回のアソート1枠も
このラインナップを見ればicon分かるよね。

GXディバイダーは旧18弾にラインナップ
されており、コイツも2度目のコンバージ化。


GUNDAM CONVERGE #15

通常のGXとは、バックパックと武装が異なる。

ビームライフルはメタリック塗装。
ディバイダーは白い部分の面積が狭いので
違和感がある。

バックパックのプロペラントタンクは
着脱可。


GUNDAM CONVERGE #15

旧18弾はディバイダーが展開された状態で
再現されていた。またディバイダーを
バックパックに装着することが可能。
それに合わせて、バックパックの
スラスターが展開した形状になっていた。

GXディバイダーに関しても、
リニューアルというより、バージョン違いの
性格が強い。


GUNDAM CONVERGE #15

GUNDAM CONVERGE #15

GUNDAM CONVERGE #15

手首の軸の太さが異なるので、
#15弾のGXに展開状態のディバイダーを
持たせるには小加工が必要。

バックパックに関しては、加工無しで
旧18弾の物が取り付けできるので、
そのまま高速移動状態にすることが可能。

旧18弾のディバイダーのパーツが
欲しくなったら、この辺でゲットしてね


④ベルティゴ


ガンダムコンバージ #15

そして今回のレアMS枠その1。
No.209 ベルティゴ
ベルディゴではなく、ベルティゴ。

ガレージキットを除いては、商品化の実績が
ほとんどないベルティゴがまさかの
ラインナップ。

ベルティゴは結構好きなMSなんだけど、
ガンプラもフィギュアも無いので、
これでガマンするしかなかった

今回のコンバージ化はうれしいところだが
人気&知名度的に売り場にベルティゴ畑が
できるのは不可避であり、やや複雑な気分も。


ガンダムコンバージ #15

ガンダムコンバージ #15

ガンダムコンバージ #15

かっこよく仕上がっているとは思うけど
ちょっとスマートかな。

ベルティゴには、割と太ましいフォルムの
イメージがあったんだけど、ググって
出てくる画像を見ると、スマートな画も
多いんで、これが妥当なバランスかもしれん。

トサカは硬質素材なのでシャープ。
また、足裏の表面積が小さいため、
穴が開いておらず、足首に補助パーツを付け
台座のダボはそれに差し込むようになっている。



⑤ガンダム RXF-91改


ガンダムコンバージ #15

ガンダムコンバージ #15

ガンダムコンバージ #15

レアMS枠その2は、
No.210 ガンダム RXF-91改
通称シルエットガンダム改。

過去に立体化はこれだけであり
非常に貴重なラインナップ。

設定上は小型MSだが、ナラティブや
GXよりも、ややボリュームがあり、
線の多い元デザインを再現すべく、
モールドも多めに入っている。

ビームシールドはクリアパーツ使用、
ヴェスパーを装備したバックバックは
細かい塗装こそオミットされているが、
ボリュームがあり、#15弾の中では
最もコストが掛かってそうな仕様である。
(マイナー機なのに)

造型に関しては、頬の装甲が前に張り出し、
マスクが細く見えるせいか、ブサイクに感じる。
元のデザインも、90年代初期のガンダムに
よくある馬面で、あんまりイケメンじゃないけどね。


ガンダムコンバージ #15

ビームシールドのビーム部分は着脱可。
ヴェスパーは前方に移動させることができる。


⑥シャア専用ズゴック


ガンダムコンバージ #15

ガンダムコンバージ #15

ガンダムコンバージ #15

ラストは、No.211シャア専用ズゴック
旧3弾から8年越しのリニューアル。

セブンイレブン限定品だったため、
コンバージトップクラスのプレミアを誇る
量産型ズゴックとの同時ラインナップは
成らず。

クリーチャー感もあった旧版よりも
全体のバランスやパーツ分割が見直され、
洗練されつつ、よりメリハリがあって
力強さを感じる造型となっている。
旧版よりもかなり良くなった。


ガンダムコンバージ #15

ガンダムコンバージ #15

旧版ではランナーパーツだったクローだが
#15弾では組み立て不要。

肩と手首の基部が回転。

ヘルメットは着脱可能で、
内部のモノアイレールも再現。

ヘルメットはクリアパーツに塗装されており
よって、モノアイシールド越しに内部の
モノアイとメカが見える作りになっている。

モノアイは可動しないが着脱はできるので
モノアイを取り外せば、消灯状態と見立てる
こともできる。




ガンダムコンバージ #15

主役ガンダムが4機も収録されながら
なぜか、あまり派手さを感じないが
ガンダムX、ベルティゴ、ズゴックは
なかなかの秀作。ナラティブも悪くはない。
RXF-91改は、顔がもう少し良ければ
合格ラインだったかも。

最近はMSアンサンブルの台頭が目立つけど
コンバージも新たな大物アイテムが決定しicon
このサイトでもいまだに検索流入が多く、
根強い人気を誇っているので、まだまだ
今後も期待したいと思う。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお