【10周年記念展】 千値練ベストトイと期待の新作 ~ 買えなかった大型合体ロボが出る!



2019年06月18日
玩具ニュース&日記

先週末の話だけど、雨の中
千値練10周年記念展へ行って来たよ。

会場は秋葉原よりも末広町に近い
3331アーク千代田。
先日までシド・ミード展をやってた
ギャラリーね。


sentinel_10th_01.jpg

この手の商品展示&物販イベントは、
グッスマ、メディコム、エヴォトイなど、
中小規模でも、ほとんどのトイメーカーは
定期的に開催している印象だが、
千値練の単独実施は非常にレアな気がする。
記憶にあるところでは、6年前に
コトブキヤでやった展示会以来だわ。


sentinel_10th_02.jpg

sentinel_10th_03.jpg

sentinel_10th_04.jpg

会場はスペースが広く取られており、
玩具の展示会っぽくない、ゆったりとした
空間となっていた。

しかし、余剰スペースがあまりに広く、
展示物もまとめて陳列されているため、
会場規模の割には、展示が少ない印象を
受ける。

アイテム自体の数は多いので、
もう少し小分けにして飾れば、
空間のバランスも取れて、
より見やすかった気もするけどね。

オサレな雰囲気を演出したつもりなのか
混雑を見越してここまで広くしたのかは
知らんけど、会場の選定や展示方法には
一考の必要があるように感じた。


sentinel_10th_05.jpg

sentinel_10th_06.jpg

sentinel_10th_13.jpg

「ARCHIVE」のコーナーには
これまでリリースされた千値練の商品を
一挙に展示。

デルフィングやアイアンマンなど
イノベーションを感じた傑作アイテムから
個人的にクソトイオブザイヤー2017に
認定したいまだに絶賛半額中の合体ロボまで
同社の商品を多く買っている者としては
感慨深い。


sentinel_10th_07.jpg

オレが初めて買った千値練の商品は
同社の商品第1弾(であってる?)である
RIOBOTのデルフィングだった。

本サイトには当時のレビュー記事があるけど
中の人のキャラとか今と全く違うので
見なくていい

その卓越した可動性は「変態可動」と
呼ばれ、商品だけでなく、千値練自体も
期待の新進メーカーとして、当時注目度を
高めていた。

今ではアクションフィギュアがよく動くのは
当たり前で、「変態可動」はすっかり
死語になっちゃったけどね。

作品自体に新しい動きが無い限りは
もう再販は無さそうなアイテムなんで、
今からデルフィングが欲しくなった人は
この辺でゲットしてね。


sentinel_10th_08.jpg

sentinel_10th_09.jpg

RIOBOTのグレンガランとかも懐かしい。
これは後年メルカリで初めて買ったアイテム。

もう数年間こんな感じの値段なのだが、
オレがメルカリデビューした時期はまだ
プレミア品が破格で買えることもよくあり、
定価でゲットできたのはいい思い出。

マジンカイザーの魔神パワー発動ver.は
スルーしてちょっと後悔している限定品。

中古でたまに見かけるけど、5万ぐらいの
値段になってるね。


sentinel_10th_10.jpg

sentinel_10th_12.jpg

ULTRAMANや合成人間も
エポックメイキングな存在感があり
インパクトを感じたアイテム。

千値練の歴代アイテムで、今のところ
個人的なべストトイは巨神ゴーグかな。

即完売し即効再販が決まったコイツ
どちらをベストに挙げようか迷ったが
デキのほうは甲乙付け難くとも、
特別感・存在感はゴーグが勝る。

近年マスプロで商品化されることはなかった
ゴーグ(ミニプラよりも千値練が先)だが
いきなりビックサイズの究極版とも言える
アイテムの登場だった。


巨神ゴーグ
巨神ゴーグ
posted with amazlet at 19.06.18
千値練
(2014-04-15)
売り上げランキング: 315,527


RIOBOT 01 デルフィング 第二形態
千値練
(2010-09-30)
売り上げランキング: 164,684


RIOBOT04 グレンラガン
RIOBOT04 グレンラガン
posted with amazlet at 19.06.18
千値練
(2012-07-31)
売り上げランキング: 222,426


RIOBOT マジンカイザー ノンスケール PVC&ABS製塗装済み可動フィギュア
RIOBOT マジンカイザー
posted with amazlet at 19.06.18
千値練
(2016-08-20)
売り上げランキング: 152,302



sentinel_10th_14.jpg

過去よりも未来─
みんなが一番気になるのは、
やっぱり今後発売される新作だよね。

イベントレポート後半では
「NOW AND THE FUTURE」の
コーナーから、初公開アイテムを含む
開発中の新製品をピックアップ。

なお価格や発売時期はどれもまだ未定
(だったと思う)。


sentinel_10th_15.jpg

sentinel_10th_16.jpg

sentinel_10th_17.jpg

まずはRIOBOT テッカマンブレード

前回のワンフェスでのお披露目では
未彩色版だったけど、今回は塗装された
試作品が初公開。

マッシブなプロポーションで、
なかなかかっこいい。魂スペックよりも
洗練されたスタイリング。

サイズはS.I.C.ぐらいの大きさで
存在感がある。並べて見たわけじゃないので
何とも言えないが、魂スペックと同等か
気持ち小さいぐらいの大きさか?

テッカマンブレードのフィギュアは
他社からもリーズナブルなアイテムが出る
けど、こちらは食玩より少し大きいぐらいで
コレクション性を打ち出したアイテムになりそう。

千値練版には、テッカマンブレードの
フィギュアの決定版となるような物を
期待したい。


sentinel_10th_18.jpg

sentinel_10th_19.jpg

sentinel_10th_20.jpg

RIOBOT 大巨神&大天馬は
本邦初公開。

インフィニティフォース、モスピーダなど
タツノコ版権のキャラクターの商品化を
進めていたが、まさかタイムボカン方面に
舵を取るとは予想外。

ちょっとバリってる感もある
メリハリの強いアレンジは賛否両論
分かれそうだが、個人的にはいいと思う。

ロボット魂ぐらいの大きさだったが、
合体すると、結構なボリュームになりそう。


sentinel_10th_21.jpg

sentinel_10th_22.jpg

お蔵入りアイテムの復活?

ゴーバリアンは、第1弾として
柔王丸がラインナップされている
フレームアクションマイスターで
リリース予定。

千値練のゴーバリアンは以前に1度だけ
ワンフェスで展示されているね。
シリーズはメタモルフォースで、
変形可能だったけど、それに関しては
その後音沙汰無し。

今回再登場したゴーバリアンは、
以前発表されたものとは全くの別物で
約12cmのミニサイズの可動フィギュアと
なり、変形はしないようだ。

デザインアレンジは大張正巳氏。
原作イメージと大張氏のデザインを再現した
2種の頭部が付属するもよう。

いわゆる昔の巨大スーパーロボットが
合体変形ギミックを廃した、食玩みたいな
サイズのアクションフィギュアにハマるとは
思えないんだけど。

ゴーバリアン自体もドマイナーだしね。


sentinel_10th_23.jpg

sentinel_10th_24.jpg

sentinel_10th_25.jpg

そして今回一番のサプライズは
RIOBOT SRX

かつて発売された高額の限定品は、
当時のオレの財力では買えず、いつか出ると
思っていた超合金魂は発売されず、
これでガマンするしかなかったSRXを
なんと千値練が開発中!

試作品を見る限り、当然合体ギミックは
搭載されているもよう。大物合体系の
超合金魂ぐらいの大きさで、ボリュームも十分。

上のほうの写真で、隣のエボゲッターと
並んでいるのを見れば、大体のサイズ感は
想像できるだろうか。

頭部を大型化するなど、プロポーションは
調整して欲しいところだが、今後期待したい
アイテムの1つ。


sentinel_10th_26.jpg

sentinel_10th_27.jpg

sentinel_10th_28.jpg

その他、グランゾート、牛みたいなのが
変形するバイク(名前知らない)、
なんとかグラヴィオンなども開発中。


sentinel_10th_29.jpg

sentinel_10th_30.jpg

これもよく分からないけど、
ライディーンぽいヤツ。


sentinel_10th_31.jpg

sentinel_10th_32.jpg

さらに人型合戦兵器初号機(仮)なる
企画も進行中。

戦国エヴァンゲリオンでもやるのかな?

なお、ワンフェスで公開されたレギオスや
ホビージャパンとのコラボによる
ジェネシックガオガイガーの展示は無し。
ジェガは凄く見たかったのにな。
かなり残念。

商品開発上の事情があるのかもだけど
展示スペースにかなり余裕があるのに
絶賛予約中の直近の新製品の展示まで
無かったのは物足り無いところ。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

千値練 【再販】塗装済み完成品 巨神 ゴーグ
価格:40824円(税込、送料無料) (2019/6/18時点)





sentinel_10th_33.jpg

メカトロウィーゴもコーナー化され、
歴代ラインナップやカスタマイズ作例などが
展示されていたが、あまり興味の無い
キャラクターなので、ざっくり流し見。
今度初めて1体買うけどね。

ともあれ、今後もテッカマンブレードや
SRXなど、期待のアイテムが目白押しの
千値練。

この中から、ゴーグを越えるベストトイは
登場するのだろうか?

そろそろ出て来てもいい頃合だと思うけどな。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお