【レビュー】 #1565 METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー



2019年07月18日
METAL BUILD

エクシア系のMETAL BUILDとしては
7アイテム目となる、ガンダムアストレア
+プロトGNハイメガランチャー。

もうエクシア系はお腹いっぱいな人も
多いと思いきや、一次予約は早々に終了し、
二次予約も締切を待たずして完売御礼。

これはプレミアの予感…
…と思いきや、かなりの数がヤフオクなどに
流れており、発売後に定価以下で買えるよう
になっちゃった。

双子とも言える6番目のエクシア系
にわかテンバイヤー達に儚い夢を
見させたのか。。。
でも、今月には2次予約分が届くので、
さらに在庫は溢れることだろう。

逆にアストレアのショックから
次のメタルビルドその2iconが買い控えられ、
リリース後に出回らなくて高騰したりしてw

ともあれ、アイテム自体はかっこよくて、
結構遊べるモノなので、予約しなかった人に
今から検討して欲しいと思いつつ、
新作メタルビルドのガンダムアストレア
+プロトGNハイメガランチャーを
さっくりレビューするよ。

METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー






ガンダムアストレア+
プロトGNハイメガランチャーの
定価は23760円。

メルカリだと送料込みで定価ぐらい、
ヤフオクだと送料別で定価から
1000円ぐらい安いのが相場かな。

2次予約分が届くとまた安くなるかもだけど
イベントで発表されたアヴァラングパーツの
予約が始まると、値上がりする可能性も
あるので、欲しいなら今買ってもいいだろう。

たくさん出品されているのでヤフオクで
クーポンがバラ撒かれた時に買うと、
送料分ぐらいは安くなると思う。


METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

箱と中身一式。

お察しの通りTYPE-Fの色違い&
一部武装違いのアイテム。
ハンマー、ビームピストル、バズーカ、
ハンドミサイルがオミットされ、
複数付いていたビームランチャー、
プロトGNソード、シールドは各1個のみ付属。

かわりに新規武装として、
プロトGNハイメガランチャーと
大型シールドがプラスされている。


METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

TYPE-Fとはカラーリングが違うのみで
造形的な変更はたぶん無い。
マスク付きの頭部は付属せず。

色が違うだけだが、TYPE-Fとは
別機体と思えるほど印象が異なる。
もとい、思ってたよりもほぼエクシア。

頭部や肩がヒロイックさを抑えた
デザインとなり、エクシアのプロトタイプ
らしい見た目になっている。

背部のGNドライブは引き出し式で
周囲の3カ所のスラスター(?)は
展開する。


METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

GNビームライフルとGNランチャーは
TYPE-Fの流用。

ビームライフルを横腰に懸架できる
ジョイントも付属。

TYPE-F には2個付いていた
GNランチャーは1個のみとなった。
肩のアンテナを外して装着できるが、
やや取り付けづらい。


METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

プロトGNソードは右腕用のみ付属。
展開式のGNシールドも4枚から1枚に削減。

背中や腰のアームにも取り付けることが
できるので、シールドは2個入れて欲しかった。

スタンドもいつもと同じ物が付いているが
フィギュア本体があまりガッチリと
固定されている感はないので、
長期間飾ったままにするのは、やや不安。


METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

GNビームサーベルとGNタガーの
ビーム刃は各2個ずつ付属。

素体自体はエクシアの物なので、
可動スペックもそのまま継承している。
特筆するようなポイントは無いものの
普通に良く動く。全体的に程良い
テンションだが、股関節のみやや固い。


METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

本アイテムのハイライトである
プロトGNハイメガランチャーと
大型シールド。

背部のGNドライブの両サイドに
可動式の金属アームを取り付けて接続する。

プロトGNハイメガランチャーは
砲身と後部を折り畳み、収納状態にする
ことができる。


METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

シールドは腕に装着することも可能。
言われているほど、掃除機感はしない。

シールドを繋ぐ太いケーブルはランチャーの
両サイドか後部に取り付け可。
接続部には手持ち用のグリップが付いている。

軟質性ではなく、ブロック状のパーツが
連結されたもので、その結合部が少し動き
たわみを表現することができる。
鋭角に曲げることはできないが、
そこそこ自由度はある。


METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

洗練さの無い、無駄に長い砲身や
太いケーブル。嵩張る感じが、
いかにも試作過程の兵器であることを思わせる。

見た目のバランスは良くないが、
肩がスイングするので、無理無く
構えることができ、自立も可能。


METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

砲身を折り畳んだ状態でも銃口があるので
この形態でも撃てるもよう。こっちのほうが
無駄が無い感じで好きだわ。

可動アーム付きのリアアーマーにも
ランチャーとシールドを接続することが可能。

シールドは表面の4箇所のハッチが開閉し、
ミニGNドライブみたいな物が露出する。


METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

肩越しにキャノン砲のように取り付けること
も可能。ガンダムスローネアインを思わせる。

その気になれば3組のランチャーを
装備できるはず。。。






METAL BUILD ガンダムアストレア +プロトGNハイメガランチャー

基本的な仕様は既発のMBエクシアと
同様だが、ヒロイックさを抑えた
デザインはまた違う魅力があるし、
メガランチャーをはじめ、オプションも
豊富で思っていたよりも新鮮な感覚で遊べる。

ダブルオーのMSVに相当する機体であり
エクシアに比べると、設定の余白も多いので
メタルビルドのオリジナル要素と共に、
想像を膨らませて、いろいろ遊びやすい面も
あるだろう。次のメタルビルドその1
オリジナル要素が濃いめだけどよ。

そういえば、そろそろ魂ネイションの
限定品が発表される頃合だと思うけど
今年もメタルビルドはあるのかな?

個人的な予想は

本命:クアンタトランザムVer.

対抗①:ストライクルージュ
対抗②:去年のストフリに合わせた
運命の艶消しカラー

大穴:ゴールドフレーム

─としてみよう。

ストライクルージュは素トライクが受注中、
運命はフルパッケージの蔵出し販売が
あったばかりで、ベースが同じ物が続く
可能性は低めと思い、まだカラバリが
出ていないクアンタを敢えて本命に上げてみた。

予想の斜め上を突いて、マジンガーZの
強引なカラバリが来るかもしれんけどw


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお