【レビュー】 #1569 ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)



2019年08月06日
GUNDAM FIX

予約し放題だったのに超爆騰の前作から
1年5ヶ月ぶりとなる
GFFメタルコンポジットの新作は、
ガンダム40周年記念のメモリアルアイテム。

GUNDAM FIX FIGURATION
METAL COMPOSITE
RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

以前発売されたオリジン版ガンダムの
リペイント商品で、大きな違いは無いけれど
今週末は半日掛けて弄っていたので
さっくりレビューしてみるよ。

ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)


GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.) 約180mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS
(バンダイ スピリッツ)
(2019-07-27)
売り上げランキング: 449


GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE 機動戦士ガンダム MS-06S シャア専用ザクII 約180mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS
(バンダイ スピリッツ)
(2019-08-10)
売り上げランキング: 850


定価は19980円。
あみあみで予約解禁日にポチったのが
17940円で、自分が見た限りでは
これが最安値。

予約開始日の翌日に、ビックカメラ店頭でも
まだ受け付けていたし、初日から動くことが
できれば、予約の難易度はそれほど高くは
なかったはず。
だが、初手を逃すと予約復活分を獲るのは、
ほぼ運ゲーという、魂ネイション品薄系
アイテムの定例パターン。
直近ではここで在庫復活してたけど。

発売日は他に欲しい物も無く、
販売店には行っていないけど、
案の定当日の店頭も争奪戦で、
即売り切れだったもよう。

今頃になってちょくちょくと
再入荷情報を目にするメタルビルドもあるし
今週末のシャアザクの発売に合わせて
再出荷される気もするけどね。

しかし、メタコンオリジンガンダムの
リリースはこれで3度目。
初販も箱のデザインを変えて再販された
リパッケージ版も余裕で予約できたし、
長い間店頭に在庫があった印象だけど、
ほとんど内容の変わらない40周年版が、
瞬殺ラッシュという不思議。
実際に欲しい人以外が買いまくってるのか?

反面、ほぼ仕様は同じ初販は
定価以下でも買えるし

ヤマダ電機の在庫処分で
3000円で投げ売りだったメタコン
再販されたら、間違いなく瞬殺御礼だな。


ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.))

ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

箱はカトキ氏描き下しのイラストの
スリーブケース入り。以前リリースされた
ものより、若干薄型の箱になっている。

オプションは台座とそれ用のジョイントのみ
変更され、他は同じ(だと思う)。


ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

オリジンガンダムは原作同様に、
初期型、中期型、後期型の3形態が
再現できるが、箱には初期型の状態で
入っている。

旧版がすぐ出せる場所にないので、
比較した写真は載せられないけど
本体は基本的に塗装とマーキングのみ変更。
(リパッケージ版から、マスク部が改修
され、顎が別パーツ化されたんだっけ?)

目の色が赤からメタリックイエローになり、
右肩上部のパーツがオレンジから青に。
全体的には淡く、くすんだ感じの色味と
なっている。

塗装精度は旧版よりもよくなった印象。
(特に顔)

マーキングは旧版よりも増えており、
その分、見た目の情報量もアップ。

トーンを落とした塗装と相まって
40周年ver.のほうが、ややリアル寄りで
兵器っぽさを感じさせる仕上がりとなっている。

初販が2011年の商品であり、
最近の物よりも合金の使用率が多めなようで
手に持つとしっかりした重量感がある。

なお、違いが気になる人は
旧版のレビューも参考にしてね
古いレビューなので、今と違うこと
言ってるかもだけど。


ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

黄色いアンテナ(硬質パーツ)も付属。
個人的には白いほうがしっくりする。

白いアンテナは軟質と硬質の2種付いている。
上の写真は全て軟質の白アンテナを
使用しているが、軟質でもシャープで
見映えは悪くない。


ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

中期型に換装。
左胸上部のバルカン砲、右肩上部のパーツ、
右胸のダクト周り、前腕の一部装甲、
肩アーマーのスラスター部を交換する。

初期型との違いは、ほとんど間違い探しレベル。


ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

中期型から、マグネットコーティング仕様で
ある後期型へ換装。

肩アーマーのスラスター部、
両胸上部をセンサーと差し替え。

さらに下腕&太腿の外装、足首のガードを
交感する。これらのパーツは丸い部分に
半円のシルバーの金属パーツが埋め込まれ
マグネットコーティングを思わせる処理が
施されている。

膝前部のバーニアを露出させるのを
忘れてたので、後でこっそり写真を
挿し変えるかもしれないw


ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

胴内にはコアポッドを収納可。
コアポッドは差し換え無しで飛行形態に
変形できる。コクピットは未再現。


ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

ビームライフルは新設定の物と、
アニメ版に準じたデザインの物の2種が
付属。どちらもグリップとスコープが可動。


ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

ハイパーバズーカは2個付属。
アニメ版とは若干異なるデザインで、
スコープが装備されている。

スコープとグリップが可動。
あとマガジンから弾が引き出せる。
(マガジンは着脱式ではない)

ウチのは1個がグリップが付いていない
不良品だったので、交換品が戻ってくるまで
ダブルバズーカ装備にはできない。。。

シールドの裏にはビームサーベルと
ビームライフルを懸架できるが、
このジョイントがやや外れやすい。


ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

ランドセルの左側のビームサーベルラックを
外して、ショルダーキャノンに換装できる。


ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.))

可動スペックは悪くは無いが、
元が8年前のアイテムなので、
さすがに物足りなさを感じる。

頭部は襟が引き込ませ、上方に向けることが可。

肩は引き出し式で、若干前方にスイング。
いちおうビームライフルを両手持ちできる。
ボディの正面に構えるのは無理だけど。

腰は左右可動のみ。
足は正面よりもやや下ぐらいまで上がる。
膝はクリック式で90度以上曲がり、
その可動に合わせて太腿の装甲がスライドする。


ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

ランドセルの両サイドのバーニアを
引き出すことが可能。ふくはらぎのカバーは
開閉し、この中にもバーニアがある。

後腰にはバズーカとビームライフルを
懸架できるが、保持は弱く外れやすい。

旧版には支柱無しの台座が付属していたが
可動支柱を備えたスタンドへと変更されている。
支柱はメタルビルドのアストレアなどの
付属品と同型。

自由自在と言うほどではないが、
ポーズを付けて、浮かせた状態で
飾ることができるようになった。

ただ、例によって本体を支柱に接続する
股下のジョイントの保持力は、
やや弱めに感じる。






ガンダムフィックス フィギュレーション メタルコンポジット RX-78-02 ガンダム(40周年記念Ver.)

一世代前の可動スペックで、
古さを感じさせる面もあるものの
塗装など仕上がりの精度は高く、
1/100相当の大きさでボリュームも
あるので、満足感を得ることができる。

でも初販のメタコンオリジンガンダムから
8年も経つんだし、完全リニューアルしても
良かったと思うけどね。

6年前のメタルビルドでリニューアルが
発表されたガンダムもあるんだし。

メタコンはリリースに間隔があるし、
完全新規が少なく、次の次の新作icon
12年前の商品のリデコだし、
メタルビルドと待遇に差がありすぎるんでない?
(新規で作れば同じぐらい売れそうなのに)


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお