【レビュー】 #1583 HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット



2019年09月18日
その他ガンダムトイ

HCM Pro復活!

…今やそれも叶わぬ夢。
生産コストの上昇がシリーズ終了の
理由だったっけ?

2004~2009年に展開され、当時MIAや
GFFと並ぶ完成品ガンダムフィギュアの
メインストリームだった
ハイコンプリートモデルプログレッシブ。

完成品だが、コレクター事業部ではなく
ホビー事業部が手掛けており、
ガンプラで培った技術をフィードバックし
1/200という小スケールながら、
精密なディテールと広範な可動を実現。
(後に1/144にサイズアップした
スーパーハイコンプロも展開)

当時は中国での生産インフラが確立され
完成品フィギュアの市場が拡大基調にあった
時期で、その波に乗ろうとしたのか、
ガンプラのホビー事業部も完成品を
リリースしていた。

ハイコンプロやガンダムコレクションは
結構な人気を得て、リリースが続いたが
その影で1弾で尽きてしまったガンダムトイ
もあったりする。

ハイコンプロのラストアイテム
発売されたのが2009年10月だから
シリーズ終了からちょうど10年。

ホビー事業部は再び本来のプラモデルに
専念するようになり、フィギュア市場の
事情も、あの頃とはすっかり様変わりして
しまった。

今回は、当時をちょっと懐かしみながら、
シリーズ後期のアイテムである
ダブルオーライザーセットをレビュー。

蔵出しのメタルビルドiconを横目に
ハイコンプロ誕生15周年をささやかに
祝福するよ。

HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット


HCM-Pro 62-00 G-BOX オーライザー+ダブルオーガンダムコンプリートセット (機動戦士ガンダム00)
BANDAI SPIRITS
(バンダイ スピリッツ)
(2008-12-13)
売り上げランキング: 243,881


METAL BUILD 機動戦士ガンダム ダブルオーガンダムセブンソード/G 約180mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS
(バンダイ スピリッツ)
(2017-07-15)
売り上げランキング: 66,668


2008年12月発売。税別定価4500円。

ダブルオーガンダムとオーライザーの
セット商品であるが、この頃はもう
ジワジワ高騰傾向にあり、シリーズ初期
よりも高めの価格設定になっていた。
(第1弾のガンダムは1800円)


HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

内容物一式。箱はもう残っていない。
欠品は多分無いと思う。説明書と
結局使い道は無かった応募券は現存する。

付属品は、GNソードII×2、
GNソードII用ビームエフェクト×2、
ビームサーベル(長短)各1本、
GNシールド、スタンド、交換用手首×4
交換用頭部アンテナ&胸部アンテナ、
交換用バックパック&GNドライブ
…となる。

グレーの板状のパーツはGNシールドの
連結ジョイント、透明の棒パーツは
GNコンデンサを取り外す際に使用する。

頭部と胸部のアンテナは硬質と軟質の2種。

番組中盤に発売された物なので、
GNソードIIIは付属しない。
番組終了時にはHCM Proも終わって
いたので、後の商品で補完されることも
無かった。


HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

単品版との差別化として、カラーリングは
当時プラモのカラバリとしてリリース
されていたデザイナーズカラーを採用。

意外と余裕で予約できたメタルビルドiconとは
別物だが、このカラーリングが
モチーフになっている気がする。

全体的にやや淡い色味となり、
全高10cm弱の小サイズながらも
タンポ印刷でマーキングが施されている。


HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

他のダブルオーの立体物と比べると
細身で馬面気味。悪くはないが、
ダブルオーは他にかっこいいアイテムが
多いので、小さいことを抜きにしても
見劣りする感はある。


HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

単品版のダブルオーとの比較。
単品版にはマーキングは無く、
劇中イメージのカラーリングである。


HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

小サイズの割に可動範囲は広く、
最近のアクションフィギュアと比べても
遜色無い。脚が左右にイマイチ開かないこと
を除けば満足できるレベル。
股関節は引き出し式だが、それでもまだ
左右方向への可動は少し物足りない感。


HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

胸部アーマーが内部メカと分割され、
前後にスイングしたり、肘が逆方向にも
そこそこ曲がったりする点は特長的かも。


HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

GNドライブもフレキシブルに動き、
前後に移動させることもできる。
シールドの装着も可。


HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

GNソードIIは差し替え無しで
ライフルモードに変形。


HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

手持ち用のビームサーベルは柄と刃が
一体化しており、ビーム刃が長い物と
短い物の各1本ずつ。

スタンドはジョイント部が前後左右に
動くのみだが、微調整できるので
使いやすい。


HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセットg

HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

オーライザーもブルーが淡い色味の
デザイナーズカラー。キャノピーは
クリアパーツ。造形もシャープで
見た目はいい。


HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

ドッキングしてダブルオーライザーに。

GNドライブは短めの物が付属し、
それと交換してオーライザーのウイングを
取り付ける

バックパックの外装もオーライザー
取り付け用のダボがあるものと交換。
全く気にならないので、ダブルオー時も
ダブルオーライザー用を取り付けたまま
にしているが。


HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

オーライザーのウイングを取り付けると
GNドライブの可動部の保持にやや難が
出てくる。重くなってしまうので
上に跳ね上げた状態を保持しにくい。

さすがに10年前の物なので、
経年で可動部の強度が弱っているのかも
しれないが。


HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

GNソードIIは接続ジョイントと一体化した
右手首が付属しており、それに挿し込んで
連結できる。

シールドは板状のジョイントに取り付けて
連結し、腕に装着可能。
白い部分は差し替え無しで伸縮。


HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

GNソードIIの刃には、
ビームエフェクトを取り付け可。

エフェクトがかなり長いので、
今度は手首の保持が心もとない。
重さで刃先が下がりやすい。






HCM Pro(ハイコンプロ) 62-00 ダブルオーライザーセット

造形とカラーリングには好みが分かれそう。
だが、小さいながらもディテールや塗装は
細かく、可動も最近のアクションフィギュア
に匹敵するレベル。

ダブルオーは他に選択肢がたくさんあるので
敢えてハイコンプロを選ぶ理由は無い気も
するが、10cm足らずのサイズに、
これだけの塗装やギミックを仕込んだ
アイテムは現在ではおそらく不可能。
(技術的な意味では無く、マーケティング面で)
そう考えると貴重な一品とも言える。

ハイコンプロはかなり数が出回っているのか
限定品やスペシャルバージョンも
安く買える物が多いので、まだ未体験の人は
試しに1つゲットしてみるのもいかが?

小さなメタルビルドっぽい物
今でも評価高いしね。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお