【レビュー前編】 #1600a 超合金魂 GX-88 機甲艦隊ダイラガーXV ~ 最安値でもお高いのですね



2019年11月12日
超合金魂/超合金

Youtubeの青バンダイチャンネルで
絶賛配信中のダイラガーは見てる?

オレは今回が初視聴なんだけど、
てっきり勧善懲悪のロボットプロレス物かと
思いきや、同時期のリアルロボット物に近い
空気感の作品でビックリよ。

ドラマ自体はイデオンやダグラムなんかに
通じるものがあるような。でもキャラに
魅力が無さ過ぎて、何となく一辺倒で
カタルシスの無い作劇になってる感。

今のところロボットについて
フューチャリングしたエピソードも無く
別にダイラガーがいなくても、
話の大筋には影響しない感じだし。

─とは言いつつも、話自体は面白いし
ダイラガーのアクションも悪くはないので
それを見ながら玩具をブンドドするのは
楽しい。

ご存じのとおり、今回の配信は
超合金魂ダイラガーの発売あわせた
プロモーション。
(肝心の商品がほとんど売っていないので
販促というよりCRMに近い気がするが)

初見のオレにとっては、リアルタイムで
見ているアニメの新作トイが、放送中に
発売されるのに近い感覚だよ。
モチベーションも上がる。

そんな気分で、今回は超合金魂の
ダイラガーをレビューするよ。

chogokin_dairugger_01.jpg


超合金魂 GX-88 機甲艦隊ダイラガーXV ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS
(バンダイ スピリッツ)
(2019-10-26)
売り上げランキング: 1,137


バンダイ スピリッツ 超合金魂 百獣王ゴライオン GX-71 百獣王ゴライオン 約270mm ABS&ダイキャスト&PC&PVC製 塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS
(バンダイ スピリッツ)
(2019-07-27)
売り上げランキング: 123,191


予約解禁が発売間近の瞬殺系超合金
同日で、その確保の合間を縫ってゲット。

当日は知る限りではここが最安値だったiconけど
ヤフーのあみあみで500円クーポンを
使用し、それよりもちょっとだけ安い
34800円で買えた。

結果的に最安値だけど、それでも十分高いわね。
でもポイントも3000円以上付いたし、
定価販売(38500円)の所も多いので
贅沢は言えない。

直近に再販された、ある意味
兄弟みたいな超合金魂が予約難で
即効プレミアになった余波か、ダイラガーも
入手難みたいだけど、通販でも販売店の
店頭でも再入荷を見掛けたので、
まだ入手のチャンスはあるんじゃないかな。
どこもほぼ定価だったけど。

そういえば今月は
お店で買える今年最後の超合金魂が出るね。
こちらはある意味超合金魂で出して
良かったのか、別の意味で心配になるけど。


chogokin_dairugger_02.jpg

箱は超合金魂には珍しい縦型。
メタルビルドの箱に近いイメージ。

海外販売分には、これにボルトロンの
スリーブが付いているらしい。
そのスリーブもちょっと欲しかった。


chogokin_dairugger_03.jpg

各ラガーマシンを収めた発砲スチロールの
ケースには、往年の超合金のパッケージを
模した台紙が添えられている。
(ダイラガーの場合は機甲合体とかいうヤツ?)

紙1枚のデコレーションだけど、
なんかセレブな気分になっちゃう。


chogokin_dairugger_04.jpg

箱にはもう1つブリスターが入っており、
こちらにはオプションの類が収納されている。

各付属品については追々。


chogokin_dairugger_05.jpg

ユーチューブでダイラガー初見の人は
説明書に要注意。巻頭の作品解説を読むと
ネタバレをくらう。

まだアニメの結末を知りたくない人は
2ページ目から読んでね。


①クウラガー


chogokin_dairugger_06.jpg

まずは飛行メカで編成される
クウラガーチームのメカから紹介。

ラガーチームのメカは15機全てが
飛行するけれど。


chogokin_dairugger_07.jpg

ダイラガーのメインパイロットである
主人公・安芸マナブが搭乗するラガー1。

ダイラガーの頭部になり、大きさは
全ラガーマシン中最小。

小さいながらもランディングギアの
引き出しを再現。


chogokin_dairugger_08.jpg

ダイラガーの胸部になるラガー2。

結構重みがあり、金属の塊のような感じ。

クローラーは動かせるが、床を傷つける
リスクがあるため、転がし走行は禁止と
説明書に書いてある。


chogokin_dairugger_09.jpg

右上腕になるラガー3。

ローター(ダイラガーキルダー)は
デフォルトでは小型の物が付いているが、
見栄えがそれっぽい大型の物と交換できる。

大型のローターは2枚羽と3枚羽の
2種が付属。なんで2つあるのかと
思ったら、3枚羽が設定準拠で、
プラモが2枚羽になっているらしい。

ランディングギアの出し入れも再現。


chogokin_dairugger_10.jpg

左上腕になるラガー4。

ラガー3とは形状が似て異なるが
ギミックは同じ。


chogokin_dairugger_11.jpg

ラガー5。

ラガーマシンの中では一番ヒロイックな
デザインで、ダイラガーで最もデンジャラス
な部位に合体するのだが、パイロットは
女の子らしい。

水平翼、垂直翼が若干可動。
ランディングギアも再現。

また全ラガーマシンに共通した仕様だが
キャノピーがクリアパーツとメタリック
ブルーで再現されており、いい感じの
雰囲気に仕上がっている。


chogokin_dairugger_12.jpg

chogokin_dairugger_13.jpg

chogokin_dairugger_14.jpg

chogokin_dairugger_15.jpg

ラガー1~5が合体したクウラガー。

各マシンがほとんど形状を変えずに
そのままドッキングしているので、
変形・合体に手間取ることはないだろう。

しかし、戦闘機とヘリコプターと
ロケットみたいな機体が一緒くたに
なっていて、なかなかカオスな形状。
ちょっと斬新。


②カイラガー


chogokin_dairugger_16.jpg

続いては空でも宇宙でも大活躍の
水中マシンから成るカイラガーチーム。


chogokin_dairugger_17.jpg

ダイラガーの腹になるラガー6。

戦艦のブリッジのような不思議なデザイン。
合体時にアンテナは収納される。


chogokin_dairugger_18.jpg

小型潜水艦を思わせるフォルムの
ラガー7とラガー8。
ダイラガーの太ももになる。

合体用に機首が伸縮する以外の
ギミックは無し。


chogokin_dairugger_19.jpg

右足になるラガー9。

アンテナは着脱式。海マシンなのに
クローラーが付いている車両タイプ。
深海探査車のイメージなのだろうか。


chogokin_dairugger_20.jpg

左足にあるラガー10。

基本的な仕様はラガー9と同じ。

ラガー9&10はラガーマシンで最も大きく、
合金率も高くて重みもある。


chogokin_dairugger_21.jpg

ラガー6~10が合体したカイラガー。

これもほぼ形状を変えずにくっつけるだけ
なので、合体作業はスムーズ。


chogokin_dairugger_23.jpg

chogokin_dairugger_22.jpg

潜水艦というよりも、海底基地みたいな
感じだな。大昔のSFメカっぽいレトロな
イメージのデザインだけど新鮮。

赤青黄色が配され、カラフルな
カラーリングのはずなのに、ベースの
メタリックブルーが落ち着いた色合いの
せいか派手には見えず、とても美しい。

ラガー9&10の合金率が高いおかげで
カイラガーのみでもほぼ鈍器。
ずっしりとした金属の重みを感じられる。


③リクラガー


chogokin_dairugger_24.jpg

最後は車両メカのラガー11~15で
編成されたリクラガーチーム。


chogokin_dairugger_25.jpg

ダイラガーの腰になるラガー11。

車…なのか?
ただの箱で何とも形容しがたい。
全ラガーマシン中いちばんユニークな
デザインのメカだと思う。


chogokin_dairugger_26.jpg

ダイラガーの手首になるのは
ラガー12と13。

指は開閉する。


chogokin_dairugger_27.jpg

右足首になるラガー14。

クリアパーツやメッキパーツ、
合金も使用されており、上々の仕上がりで
ミニカーとしても通用するデキ。


chogokin_dairugger_28.jpg

左足首になるラガー15。

レトリックなフォルムながら、
黒いボディに黄色いラインが映えて
かっこいい。

モロに自動車な見た目なのに
劇中ではほぼ宇宙戦闘機として
扱われており、違和感フルスロットル。


chogokin_dairugger_29.jpg

chogokin_dairugger_30.jpg

chogokin_dairugger_31.jpg

chogokin_dairugger_32.jpg

chogokin_dairugger_33.jpg

そしてラガー11~15が合体した
リクラガー。これも各機が大きく形状を
変えずにドッキング。

何となくアオシマ的と言うか、
他に類似する例だったり、上手く形容する
語彙が思い浮かばない、インパクトのある
ビジュアル。

かっこいいとは違うけど、
何かをオレの心に刻んだ。




chogokin_dairugger_34.jpg

さすがに15機+αを1つずつ追ってたら
疲れたわ。今日はここまで。

ファイティングフォーメーションは
次回のお楽しみに。。。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお