【レビュー】 #1605 ガンダムユニバース バンシィ



2019年11月29日
その他ガンダムトイ

ロボット魂に比べると、みんなあんまり
興味を示さないガンダムユニバース。

ただでさえ安い定価が
いっそうお買い得価格になっていたりするけど
メインの市場は北米で、そっちでは売れて
いるらしいので、来年には第3弾がリリース
されるもよう。かなり間が開くけどね。

ガンダムのハリウッド映画化に向けて、
北米でキャラクターの認知を上げる目的も
あるみたいだから、細く長く続けるつもり
なのかな?

ガンダムユニーバス第3弾で出るヤツが、
再来週発売の別のシリーズでフィギュア化
されるのが直近の楽しみだけど
今回は第2弾の3種の中から、
まだレビューしていなかった
ユニコーンガンダム2号機もといバンシィを
紹介するよ。

GU_banshee_01.jpg




↑本記事をアップした時点では、
半額近くまで下がっていた。


GU_banshee_02.jpg

GU_banshee_03.jpg

本シリーズ共通のフックタイプの
パッケージ。

例によって付属品は少なく、
ビームサーベル×2本とサーベルを持つ用の
左手首、魂ステージ用のジョイントのみと
なる。

ただしデフォルトで、両腕に着脱可能な
サーベルの柄が取り付けられている。

ユニコーンが映像展開された後期以降は
バンシィの商品はバンシィ・ノルンとして
発売されることがほとんどだけど、
ノルンの場合はオプションにコストが掛かる
せいか、最近では珍しくマリーダ搭乗時の
仕様でのリリースとなった。


GU_banshee_04.jpg

GU_banshee_05.jpg

GU_banshee_06.jpg

GU_banshee_07.jpg

第1弾のユニコーンのリデコであり、
アレンジされた造形は
そのまま引き継がれているが、
両腕のアームドアーマーが大型化され、
ケレン味が大幅にアップした印象。

色が黒いため、より引き締まって見え、
かなりいい感じ。

バーニア周り等、細部の造形は大味だが、
ロボット魂や1/144より大きいことも
相まって、黒き獅子の呼び名がよく似合う、
強敵感ある堂々としたビジュアルに仕上がっている。


GU_banshee_08.jpg

GU_banshee_09.jpg

可動は今日びのアクションフィギュア基準で
見ると、物足りないのはこのシリーズの
全般的な仕様。

可動は最低限に近いレベルで
引き出し関節の類は無し。

肘、膝は90度まで曲がらず、
腕は真横よりもやや下、脚も真正面よりも
やや下ぐらいまで上がる。

首の上下可動は特に問題無し。
胴は前屈と左右に動かすことが可能だが
可動域はそんなに広くない。

改めて比較したわけではないが、
感覚としてはHGUCよりやや狭いぐらいの
可動。


GU_banshee_13.jpg

GU_banshee_11.jpg

アームドアーマーは着脱不可。

大型化しているがギミックはほとんど無い。
アームドアーマーBSは折り畳み不可。
アームドアーマーVNは上側のクローの
基部が上下に可動するのみで、他の関節は
動かない。

なお左手のみ、アームドアーマーの内側に
手首がある。


GU_banshee_14.jpg

左手は専用手首があるので、
ビームサーベルを持たせることができる。

ただクローの側面の方向にしか
肘は曲げられないので、自由度は低い。


GU_banshee_15.jpg

GU_banshee_16.jpg

左右の腕に装備されているビームサーベルに
そのままビーム刃を取り付けることも可。








GU_banshee_10.jpg

ガンダムユニバースは長所と短所が
分かりやすいシリーズなので、
欲しい人と許容できない人も
ハッキリ分かれそうだね。

長所
・安い
・ロボット魂やHGUCより大きい
・ケレン味ある造型
 (造形は人それぞれ好みだけど)

短所
・可動域が狭い
・オプションが少ない
・オミットされているギミックが多い
・上記の理由でプレイバリューが低い

…てな感じ。

バンシィに関してもこの例に漏れないけど
アームドアーマーの大型化でケレン味の
増した造形はかっこいいし、
他のヤツも一緒に半額割れしていて
ロボット魂の定価の1/3ぐらいで
買えるので、ガンダムユニバースを
買ったことない人は、お試しにいかが?

すでにロボット魂で
バンシィだけでも何種も出ているから
お腹いっぱいかもしれないけどw


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお