【レビュー】 #1608b 機動戦士ガンダム Gフレーム08 (ガンダムEZ8 & ゲルググ)



2019年12月09日
Gフレーム

この記事がアップされた後、
数時間で予約終了の限定ガンダムicon
2個買うべきかどうかまだ迷っているけど
先に機動戦士ガンダムGフレーム08の
レビュー後半をアップ。
ガンダムEz8と量産型ゲルググを
まとめて紹介するよ。

ちょっとおデブなF91に関しては
レビュー前編をチェックしてね。

gframe08_ez8_gelgoog_01.jpg





②ガンダムEz8


gframe08_ez8_gelgoog_02.jpg

gframe08_ez8_gelgoog_03.jpg

gframe08_ez8_gelgoog_04.jpg

通し番号はNo.23A/23Fとなる
ガンダムEz8。

グフカスタム、陸戦型ガンダムと続いた
08小隊のラインナップのトリとなるのかな。
アクションフィギュア化はコイツ以来
12年ぶりとなる。

設定上は陸戦型ガンダムの改造機だが
既発アイテムの流用ではなく、
なんと完全新規造型。
シールドも新造されている。

例によって、独自アレンジ全開で
全体的に過剰な程モールドが追加。

これは戦車の模型的アプローチとでも
言えばいいのだろうか?
以前ホビージャパンか何かで見掛けた
陸戦型ガンダムをハイディテールにした
イラストが、何となくこんなアレンジだった
気がする。

個人的には悪くないけど、好みは分かれそう。


gframe08_ez8_gelgoog_05.jpg

陸戦型ガンダムと並べると、
ディテールの量が全然違う。

このアレンジは嫌いじゃないけど、
素直に陸戦型の流用で作っても、
良かったような。


gframe08_ez8_gelgoog_07.jpg

gframe08_ez8_gelgoog_06.jpg

gframe08_ez8_gelgoog_08.jpg

フレームは共通の物なので、
可動性も他のアイテムとほぼ同様。

シールドは全塗装にタンポ印刷で
マーキングが施されており、
これだけ違うアイテムのパーツかと
思えるほど凝った仕上がり。

Ez8の本体の成型色で白を再現せず
わざわざ塗装を施して、設定通り
違う色味にしたことは評価したい。


gframe08_ez8_gelgoog_09.jpg

gframe08_ez8_gelgoog_10.jpg

武器はビームライフルとバズーカが付属。
ビームサーベルは無し。

バズーカはグリップが斜めになっているので
ちょっと持たせにくいかな。


gframe08_ez8_gelgoog_11.jpg

gframe08_ez8_gelgoog_12.jpg

陸戦型ガンダムのフレームセットに付属する
マシンガンも、もちろん流用可能。

Ez8はマシンガンのほうが、しっくり来る?


gframe08_ez8_gelgoog_13.jpg

gframe08_ez8_gelgoog_14.jpg

劇中では未使用だが、同じく陸戦型ガンダム
に付属する180mmキャノンを装備。

肩が上下前後にスイングし、
股関節や膝の可動域も広いので立膝で構える
ポーズも難無くできる。

シールド用のスタンドは付いていないので
輝き撃ちはできない。

武器セットも兼ねた陸戦型のフレームは
高値が付けられている所もあるけど
第6弾のラインナップなので
まだ普通にバラで売っている店もあると思う。


③ゲルググ


gframe08_ez8_gelgoog_16.jpg

gframe08_ez8_gelgoog_17.jpg

No.24A/24Fは量産型ゲルググ。

こちらは既発のシャア専用ゲルググを
流用したカラバリアイテム。

Gフレームは可動フレームに装甲を
着せていく構造故、太めのフォルムになる
ことが多いんだけど、ゲルググは元デザイン
よりも、スリムなイメージになっている。


gframe08_ez8_gelgoog_18.jpg

意外とオプションが充実。

ガトー専用機でおなじみの
試作型ビームライフル、高機動型の
バックパックとロケットランチャー、
指揮官機の角突き頭部パーツも付いている。

通常のビームライフルやナギナタは付属
しないので、シャア専用機のフレームセット
から流用する必要がある。

シャア専用ゲルググは04弾の
ラインナップで、すでに発売から1年経って
いるから、さすがにもう普通に店頭で
バラ売りされていることは、なかなか無さそう。

アーマーセットだけでもこんなお値段なので
お高くなっているのかも。
発売時は大豊作の畑になっていたのに。


gframe08_ez8_gelgoog_19.jpg

高機動型のバックパックは無可動だが
この上からシールドを背負わすことが
できる。
また四角い穴にはロケットランチャーを
取り付け可。


gframe08_ez8_gelgoog_20.jpg

gframe08_ez8_gelgoog_21.jpg

gframe08_ez8_gelgoog_22.jpg

ガトー専用ゲルググをガンプラ化する際に
小さく再デザインされた試作型
ビームライフルだが、それでも大きくて
持たせるとなかなか映える。

オリジナルの試作型ライフルが
コイツに付属するのはもう知ってるよね。


gframe08_ez8_gelgoog_23.jpg

gframe08_ez8_gelgoog_24.jpg

gframe08_ez8_gelgoog_25.jpg

やや窮屈ながら、肩は前後にもスイングする
ので、ロケットランチャーを正面に構える
こともできる。

胴が左右にあまり動かないので、
その点は不憫に感じる。

股下の穴に魂ステージを挿して飾ることが
できるが、太ももと支柱のジョイント部が
干渉するので、下半身のポージングは
少し制限される。
背中とバックパックにも穴があるので、
そこに挿して飾ることも可能。


gframe08_ez8_gelgoog_26.jpg

gframe08_ez8_gelgoog_27.jpg

gframe08_ez8_gelgoog_28.jpg

シャア専用ゲルググから、ビームナギナタと
ライフルを拝借。

試作型ライフル&ロケットランチャーと
量産型カラーの組み合わせは、
他では見たことないので、やはり通常の
装備のほうが落ち着く。

なお、量産型の手首でビームナギナタを
持たせると、緩くて柄の中央部で保持
できないので、シャア専用の手首を使用。
これは個体差なのか?






gframe08_ez8_gelgoog_29.jpg

gframe08_ez8_gelgoog_30.jpg

08弾の個人的なお気に入りは
EZ8>ゲルググ>F91の順番。

最初は各1個ずつでいいと思っていたけど
思いのほか気に入ったので、
EZ8とゲルググは1個ずつ買い足した。

F91がアソート2固定で、
EZ8とゲルググは1.5と聞いたけど、
自分が見た箱は、全部ゲルググが2個入り
だったな。

よって、EZ8が狩りつくされていた店も
あったので、欲しい人は早めに動いたほうが
無難かも。

その前に、本記事アップ後程なく
予約締切の限定ガンダムがもう1セットiconある
ので、そちらもお忘れなく。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお