【レビュー】 #1615 機動戦士ガンダム Gフレーム ゼータガンダム3号機



2020年01月06日
Gフレーム

2020年最初にレビューする玩具は
2019年最後のガンダムトイ。
Gフレームのゼータガンダム3号機を
ピックアップ。

人気MSだけにZガンダムは商品化の機会が
多く、それに伴い3号機も知名度の割には
ガンプラやフィギュアがいろいろリリース
されている印象(限定品が多いけど)。

ウェイブライダーに変形する完成品
限定品扱いで発売されており、
先日我が家のマウンテンサイクルから
未開封品が2個発掘された。

しかし、ゼータの3号機は最近設定された
感覚なんだけど、初出となった
グリーンダイバーズは2001年の公開なんだね。
もう20年近く前なのか…(遠い目)

3号機以前のアムロ専用ゼータガンダムの
このフィギュアが凄く欲しかったのが
それより昔のことだと思うと震える。

gframe_zg3_01.jpg


機動戦士ガンダム Gフレーム ゼータガンダム3号機 (1個入) 食玩・ガム (機動戦士Zガンダム)
バンダイ(BANDAI)
(2019-12-30)
売り上げランキング: 1,597


Gフレームのゼータガンダム3号機も
「流通限定品」という名目らしいけど
有名どころの家電量販店や
ホビーショップには、結構売っているもよう。
スーパーだとイオンには入荷してるのかな?
オレはガンダムカフェでフラゲした。

プレバンでの取り扱いは無いけど
通販でも買えるので、入手に困ることはないだろう。


gframe_zg3_02.jpg

通常のGフレームは可動フレームと
外装が別売りだが、ゼータ3号機は1箱に
両方がセットされたものとなっている。

ただし、固定のフレームは入っておらず
予め可動フレームに外装が付いた状態と
なっている。

通常商品のほぼ2個分の内容なので、
箱もやや大きめ。しかし定価は1815円。
通常商品の3倍強という理不尽。
まあ事情は分かるけどよ。


gframe_zg3_03.jpg

gframe_zg3_05.jpg

gframe_zg3_04.jpg

ゼータガンダムは通常弾で発売されており
そのカラバリとなる。

フライングアーマーが小さく、
裏側の豪快な肉抜きが気にはなるが、
全体的な造型は良好。

やや骨太で、当時のキットや設定画の
イメージとも重なる懐かしい感じのフォルム。

ゼータ3号機の特徴である紫色の模様は
肩の「A」の文字とシールドしか再現されて
おらず、胸、脚部、フライングアーマー等の
塗装はオミット。
通常の3倍の値段でも再現できなかったのか?


gframe_zg3_06.jpg

gframe_zg3_07.jpg

Zガンダム3号機はグリーンダイバーズ版と
ガンダムイボルブ版で塗装が異なるが、
Gフレームはそのハイブリット版、
もといMGやRGの配色に準じた
カラーリングとなってる。

本体はグリーンダイバーズ版準拠の配色で
(だいぶ塗装はオミットされているが)
シールドのマーキングパターンはイボルブ版。
肩とシールドの上半分がグレーなのは
ガンプラの表現だね。

なおお台場限定の3号機
また全然塗装パターンは異なる。


gframe_zg3_08.jpg

gframe_zg3_09.jpg

gframe_zg3_10.jpg

フレームはシリーズ共通の物なので
可動もほぼいつも通り。

上下に大きく動く首、
90度以上曲がる肘&膝関節、
ほぼ正面まで上げられる股関節
(横方向にはそんなに大きく上げられない)
接地性の高い足首と、全体的に可動は優秀。

ただ、ゼータは肩と胸の間に板状のパーツを
挟んでいるので、腕を横に上げる際は
板状のパーツを横向きにしないと、
干渉してあまり上がらない。


gframe_zg3_11.jpg

gframe_zg3_12.jpg

背部のテールスタビライザーが無可動なので
ポージングの表情が限られてしまう印象。
ここは頑張って可動するようにして欲しかった。

フライングアーマーの基部は
ボールジョイントだが、わずかに角度が
付けられる程度。

武器はビームライフルとシールドのみ付属。
他には平手が左右付いている。




gframe_zg3_14.jpg

造型と可動はいい感じだが、ゼータ3号機の
特徴である紫色の模様が結構オミットされて
おり、物足りなさが残るのは否めない。

これでも通常品よりは塗装箇所が増えている
んだけど、もう少し何とかならなかったのかしらね?

なお、Gフレームは次の通常弾
プレイバリューに大きく影響するアイテムicon
この記事がアップされてから数時間で
予約締め切りになってしまうので
このシリーズを集めている人は絶対に
忘れないようにしてね。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお