【レビュー前編】 #1616a DX超合金 VF-1S バルキリー (一条輝機) + 劇場版VF-1対応ストライク/ スーパーパーツセット



2020年01月07日
DX超合金

ホントに足は壊れるの?

尾翼の100番問題に続き、年末頃から
SNS等で脚部の破損報告が多く聞かれる
ようになり、何かとお騒がせなアイテム
DX超合金 VF-1S バルキリー(一条輝機)
を軽くレビュー。

年末に届いた限定品の
劇場版VF-1対応ストライク/
スーパーパーツセットと合わせて紹介するよ。

発売日の翌日には手元にあったけど、
ストライクパックの着弾を待っていたので
年明けにようやく開封。

続々とネットに書き込まれる脚部の
破損報告にガクブルしながら開封し、
ひと通り変形させてみる。

果たして、オレのVF-1Sは
大丈夫なのだろうか?

なお、過去にほとんど同じ物が
2アイテム出ているので、今回のレビューは
さっくり済ませるつもりだったけど、
写真と話すことが多くなってしまったので、
前後編2回に分けて紹介します。

chogokin_vf1s_ichijo_01.jpg


DX超合金 超時空要塞マクロス 劇場版VF-1S バルキリー(一条輝機) 約300mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS
(バンダイ スピリッツ)
(2019-11-23)
売り上げランキング: 1,311




DX超合金VF-1Sはビックカメラの
店頭で予約購入。

いつものように通販で確保する算段だった
けど、あみあみは数秒で売り切れ。
同日の予約解禁商品に
もう1点超人気アイテムがあり、そのおかげで
ビックカメラのECもまともに繋がらず
慌てて店舗に足を運ぶ羽目になった。

でも、熾烈な争奪戦を繰り広げた
VF-1Sも年末年始に掛けて各所に
再出荷されたようで、店頭で見掛けた報告を
多く聞く。自分も広島のエディオンで
見掛けたし、近所のおもちゃ屋でも売っていた。
なんだかんだで、欲しい人には
行き渡っているんじゃないかな。

ちなみにエディオンでは、
「マクロス福箱」なるいわゆる福袋も
販売されており、その中にこのタイミングで
普通に在庫があるのは奇跡の超合金
紛れており、VF-1Sが売っていた以上に驚いた。

もしかして、バンダイかどこかの問屋の
倉庫にまだ在庫が残っており、
いまだに再入荷があるメタルビルドみたく
今後もチビチビ出荷されるのだろうか?
イベントで再販を検討しているとは聞いたけど。


chogokin_vf1s_ichijo_02.jpg

chogokin_vf1s_ichijo_03.jpg

箱とブリスター。

ブリスターは2段に分かれており、
下のほうにはスタンドの台座やジョイントが
入っている。

基本的な商品構成は既発の2機と同じだが
本アイテムは劇場版となるので、TV版の
デザインの丸指の手首はオミットされている。


chogokin_vf1s_ichijo_04.jpg

chogokin_vf1s_ichijo_05.jpg

chogokin_vf1s_ichijo_06.jpg

まずはファイターから。

太ましいフォルムが1/48相当の大きさで
再現されており、相変わらずの存在感。

ファイターでは目立たない頭部を除いては、
既発の2機と形状の違いは無いのだが、
数あるVF-1のバリエーションの中で、
劇場版のS型一条機がいちばん好きなので、
このカラーリングは格別な感じがする。


chogokin_vf1s_ichijo_07.jpg

尼のレビューも大荒れしている
右の尾翼のマーキング。

本来なら数字の並びが「001」となるはず
だが、「100」となっておりネットは大騒ぎ。

バンダイに問い合わせた人も多かったようで
公式の回答では、バトロイド時に尾翼が
重なりあった際に、ナンバーの読み方向が
統一になるよう意図したマーキングとのこと。
要はミスプリントではなく「仕様」ってことね。

過去に展示された試作品の写真を遡って
チェックしてみると、
6月に魂ネイションズ東京にあったものは
「001」だが、9月のホビーショーに
展示された物は「100」になっており
ホントにわざわざこのように変更したとも
思われる。

─にしても、バトロイド時に目立つもの
では無いし、意味がよく分かんない変更だな。
ファイター時に、足の小羽根のナンバーと
並びが逆になってるほうが気になるわ。


chogokin_vf1s_ichijo_08.jpg

chogokin_vf1s_ichijo_09.jpg

パイロットフィギュアは新規造型であり
劇場版のスーツを再現。

サイズも劇場版のイメージに合わせ、
TV版よりも気持ち大きめになっており、
両手は両サイドのレバーを握らせて着座させる。

またTV版にはあったコンソール上の
照準パネル(?)がオミットされている。


chogokin_vf1s_ichijo_10.jpg

劇場版のVF-1S一条機は、
ストライクバルキリーがデフォルトみたいな
ものなので、早速ストライクパックを装着。

DX超合金 劇場版VF-1対応ストライク/
スーパーパーツセットは魂ウェブ商店限定品。

1次予約は早々に終了し、2次予約も
開始されたが、その受付も既に終了して
いるので、後から追加で欲しくなった人は
新古/中古で安い出物を探してね


chogokin_vf1s_ichijo_11.jpg

箱の大きさはDX超合金とほぼ同じだが
厚みは無い。

ストライク/スーパーパーツ一式のほか、
ブースターの差し替え用スカルマーク、
ストライク/スーパーバルキリーの
ファイター状態で、本体付属のスタンドに
飾るためのジョイントパーツが付属する。


chogokin_vf1s_ichijo_12.jpg

スカルマークは、デフォルトでは
一条機の赤い物が付いているが、
交換可能となっており、差し替え用として、
黒(フォッカー)、青(マックス)、
緑(柿崎)が付属。統合軍マークは無し。

箱裏のスカルマークの説明欄には
柿崎機が登場しているが、
まさかマックスや輝の1Aに先行して
発売が決定しているのか?


chogokin_vf1s_ichijo_12b.jpg

chogokin_vf1s_ichijo_13.jpg

chogokin_vf1s_ichijo_14.jpg

ストライクパックを装着。
この状態だと、脚部と腕部を接続する
ピンがなかなかハマらない。
慣れだとは思うけど。

もともと約1/48のビックサイズなので
パーツを付けるとかなりボリューミーに。

ブースターは両方が板状のパーツで
接続されており、その板状のパーツを
バックパックの下をくぐらせる要領で
取り付けるので、コツを掴むまでは
手間取った。

また尾翼の黒い部分は塗装されており
折り畳んだ際に、それが背中の突起に
接触するのだが、ブースターを付ける際など
バックパックをつい押さえてしまうと、
その黒い塗装が擦れてしまうリスクがある。
オレは軽く擦って白くなってしまったので
これから弄る人は注意してね。
(いちおう突起は、上から力が掛かると
引っ込む仕様になっている)


chogokin_vf1s_ichijo_14b.jpg

chogokin_vf1s_ichijo_15.jpg

chogokin_vf1s_ichijo_16.jpg

chogokin_vf1s_ichijo_17.jpg

ファイターで本体付属のスタンドに飾る際は
本セットに入っている専用ジョイントを使用。
ジョイントは、4つのクリアパーツを
組み立てる仕様。

ブースターの大きなバーニアは
ボールジョイントで可動する。


chogokin_vf1s_ichijo_18.jpg

chogokin_vf1s_ichijo_19.jpg

chogokin_vf1s_ichijo_20.jpg

ブースターの先端は着脱式。
マイクロミサイルポッドが2つ付属するので
スーパーバルキリーも再現可。
本商品が2個あれば、ダブルキャノンも
できるはず(正確には4連キャノンになるか)。

スカルマークの差し替えギミックのせいか
内部メカは一部のみ再現。




chogokin_vf1s_ichijo_21.jpg

とりあえず前編はここまで。

後編ではガウォーク→バトロイドへの
変形にトライ。

1回変形させただけで、もげたという人も
いるけど、果たしてオレのVF-1Sの脚部は
耐えられるのか?


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお