【レビュー】 #1630 機動戦士ガンダム マイクロウォーズ4 ~ いちばん人気はレア機体?



2020年02月06日
ガンダムマイクロウォーズ

ガンダムマイクロウォーズのレビューは
第1弾以来となる。

どうせ3弾ぐらいで終わるだろうと
思っていたし、2弾と3弾は買ってはいる
んだけど、レビューはアップしていない。

でも、気付けばマイクロウォーズも
次の次の弾まで発売決定しているし
オレが思っていたよりも人気あるのかしら?

そういや、マイクロウォーズが特売の
ワゴンに入っていたり、特定の機体が
畑になっていたりするのは見たことないな。

データを見ると、コンバージやGフレームが
好きな人が多いのは伺えるけど
みなさんはマイクロウォーズも買ってるの?

オレは今週発売のマイクロウォーズ4も
ビックカメラで発売日にゲット。

なので、買えるかどうか分からない
新たなガンダムトイの予約開始icon
頭を抱えながら、今回はニーズを探る意味も
込めて、そのレビューをアップするよ。

本記事のPVやCTRが高ければ、
コンバージやGフレームと同じく、
マイクロウォーズのレビューも
レギュラー化するかもしれない。


機動戦士ガンダム マイクロウォーズ4

機動戦士ガンダム マイクロウォーズ4も
全5種。定価1個550円。

いまだにガンダム食玩を売っている店を
探している人が多く迷い込んで来るけど、
マイクロウォーズもコンバージや
Gフレームと同じ食玩なので
その2つが入荷している、家電量販店や
ホビーショップには、ほぼ入荷しているはず。

ただコンビニやスーパーに関しては、
一概には言えないので、
(前の弾があっても、次が入荷しないことや
その逆もよくある)探すならヨドバシや
ヤマダ電機のような、バンダイ食玩の
取り扱いのある家電店か専門店に行ったほう
が確実かと。

各2個ずつ欲しいなら、
この辺でBOXを予約orお取り寄せ</span>
したほうがお得な気もする。


①ユニコーンガンダム(デストロイモード)


機動戦士ガンダム マイクロウォーズ4

micro_wars4_03.jpg

micro_wars4_04.jpg

それでは全5種を1個ずつ、
ナンバリング順に紹介。

まずは01ユニコーンガンダム
(デストロイモード)から。

第4弾も半完成品で、総じて
腕や足はランナーパーツで要組立。

額のカメラと足首のグレーはシール。

チープトイの類ながら、複雑な形状が
カッチリと再現されており、なかなか
かっこいい。

背面は塗装が豪快にオミットされた
びんぼっちゃま仕様だが、造形自体は
かなり細かく作られており、自分で
塗り足せば見違えるような気もする。
(オレはたぶんやらんけど)

また、1弾で目立っていた脚部の大きな
肉抜きが無くなったのは嬉しいところ。


micro_wars4_05.jpg

首、肩、肘、手首、股関節、足首が
ボールジョイントで可動。

中身は丸々コクピットのため
胴は無可動で、股関節も前後には
ほとんど動かないため、ポージングの幅は
かなり限られる。

でも、怒り肩にしたり、足をハの字に
開いたりすることができるので、
素立ちは普通にかっこよくできる。


micro_wars4_06.jpg

micro_wars4_07.jpg

マイクロウォーズ名物のボトムズ式
コクピット再現&オープンハッチギミック。

コンソールはフンドシと一体化され、
前に倒すことができる。

パイロットフィギュアはユニコーンには
付属せず、後述のトロハチに付いているので
注意。


②ジェガン


micro_wars4_08.jpg

micro_wars4_09.jpg

micro_wars4_10.jpg

02ジェガン
連邦軍から、もう1機MSがラインナップ。

額のカメラ、フンドシの連邦軍マーク、
足首のグレーがシール。

シュッとした面構えで、ジェガンのくせに
なかなかのイケメン。


micro_wars4_11.jpg

可動はユニコーンとほぼ同等。
股関節は前には動かせない。

マイクロウォーズのMSには
股下に穴があり、魂ステージが挿せるのだが
あまり意味は無いような。


micro_wars4_13.jpg

ハッチオープンすると、色のせいで
ファッティの姿が重なる。

ユニコーンと同じく、フンドシと
一体のコンソールが前方に可動。

パイロットはトロハチに付属。


機動戦士ガンダム マイクロウォーズ4 (10個入) 食玩・ガム (機動戦士ガンダム)
バンダイ(BANDAI)
(2020-02-03)
売り上げランキング: 706



③トロハチ&パイロット


micro_wars4_14.jpg

4弾の連邦ビーグル枠となるのは、
03トロハチ&パイロット

トロハチの商品化はレア中のレア。
初商品化だっけ?

3体セットの連邦パイロットのフィギュアは
バナージカラーと一般カラー×2となっている。

なんか奇跡的に(?)3体とも自立した。


micro_wars4_15.jpg

micro_wars4_16.jpg

トロハチも半完成品。
手足がランナーパーツ。シールは無し。

大きな肉抜きもあるし、
ざっくりした作りだが、キャノピーが
塗装されているせいか、見た目は悪くなく、
形状自体も良好で、チープトイなりに
いい感じに纏まっている。


micro_wars4_17.jpg

肩、肘、足の付け根が
ボールジョイントで可動。

肘をまっすぐに伸ばすことはできない。
可動範囲はあまり広くないね。


micro_wars4_18.jpg

トロハチもキャノピーが開閉し、
中にパイロットを乗せられる。


④サザビー


micro_wars4_19.jpg

micro_wars4_20.jpg

micro_wars4_21.jpg

続いてジオン編。
MS枠は04サザビー。

額のカメラと膝の黒い部分がシール。

塗装箇所が少ない上、造形の感じや
赤いプラの質感から、何となく
90年代のトイを思わせる。
当時にはもう存在していたMSだしね。


micro_wars4_22.jpg

決してかっこ悪いとか、もっさりしている
わけではないんだけど、あまり洗練された
印象は受けないし、やはり90年代チックで
懐かしい感覚。


micro_wars4_23.jpg

micro_wars4_24.jpg

ハッチオープン。

サザビーの場合は、フロントアーマーは
前方に倒れず、コンソールのみが可動。

シャアっぽい人はヒルドブルに付属。

ちなみに伝説的シリーズのSDサザビー
頭部にガドリング砲が入っていたような気がする。


⑤ヒルドブル&パイロット


micro_wars4_25.jpg

ラストはジオン軍のビーグル枠。
05ヒルドブル&パイロット

パイロットフィギュアは新規造型の
シャアっぽい人とジオン軍スーツ×2体。

連邦パイロットは全員自立できたのに、
なぜかジオンチームは、どうやっても
立たせることができなかった。

なので、パーマネントバーニッシュが
発見される以前に、関節強化に使用していた
ブル・タックで補助。


micro_wars4_26.jpg

micro_wars4_27.jpg

micro_wars4_28.jpg

ヒルドルブも立体化はかなりレアな機体。

シールは無く、塗装箇所も少ないものの、
ディテールが細かく、見た目はいい感じ。


micro_wars4_29.jpg

キャノン砲が上下左右に可動。
肩と肘がボールジョイント。


micro_wars4_30.jpg

コクピットには、可動するコンソールは無し。

ヒルドブルは1人乗りなので、
4弾はジオン軍パイロットが1名余ることになる。






micro_wars4_31.jpg

第4弾は、レア機体のトロハチと
ヒルドブルがいちばん人気のようだね。

昨日会社帰りにヤマダ電機に寄った時、
食玩コーナーも覗いてみたんだけど
ヒルドブルは売り切れ、トロハチは箱の
奥のほうに1個残っていただけだった。

余談だが、そこの魂ネイションコーナーには
またもやメタルビルドのX1が再入荷して
おり、今や常時在庫の定番商品になったとも
言えそうな感(なおクアンタは大量陳列)。

あと、なぜか唐突に
再販されてもレア物なロボット魂
再入荷していた。
どこかの倉庫から発掘されたのかしら?

それはともかく、マイクロウォーズは
デフォルメかつチープトイ的な性格を
持つ物なので、ガンダムファンを広く
捉えられる商品ではない気もするけど、
個性的なアイテムだし、末永く継続し、
コンバージ、Gフレームと並んで、
ガンダム食玩の三本柱になってくれれば
いいとは思っている。

まあ次の次のマイクロウォーズ
商品化がレアな機体だけでなく
アソート1になりそうな物もあるし、
さらにジオンのMS2種は多々買い
されまくる気もするので、
このまま人気シリーズへまっしぐらね!


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお