【レビュー】 #1633 ROBOT魂 〈SIDE MS〉 FA-78-2 ヘビーガンダム ver. A.N.I.M.E.



2020年02月26日
ガンダム 〈SIDE MS〉

コロナウィルスの影響か2~3月の新製品が
いろいろ発売延期になるようで、
来週末のリリースが予定されていた
メタボ魂の蜃気楼も3/28へ先延ばし。

コレ部の商品じゃないけど、
今週発売予定だった
ガンダムコンバージ#18も
3/9に延期されている。

先週末発売の
ROBOT魂 〈SIDE MS〉
FA-78-2 ヘビーガンダム ver. A.N.I.M.E.
はギリ遅延を免れ、予定通り手にすることが
できたので、今回は本アイテムを軽くレビュー。

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 FA-78-2 ヘビーガンダム ver. A.N.I.M.E.


ROBOT魂 機動戦士ガンダム [SIDE MS] FA-78-2 ヘビーガンダム ver. A.N.I.M.E. 約130mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS
(バンダイ スピリッツ)
(2020-02-22)
売り上げランキング: 245


ROBOT魂 機動戦士ガンダム [SIDE MS] FA-78-1フルアーマーガンダム ver.A.N.I.M.E. 約125mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS
(バンダイ スピリッツ)
(2017-02-10)
売り上げランキング: 92,031


ROBOT魂 プラモ狂四郎 [SIDE MS] PF-78-1 パーフェクトガンダム ver. A.N.I.M.E.
BANDAI SPIRITS
(バンダイ スピリッツ)
(2020-04-30)
売り上げランキング: 3,132


今回はあみあみとamazonで予約し、
尼の分が発売日翌日に届いた。

尼の予約は安くならなければキャンセルする
つもりだったけど、価格保証で6333円まで
下がったので、そのままお買い上げ。
(今は誤差レベルで僅かに安くなっている

あみあみの初回予約が6580円、
秋葉原でいつも最安値クラスの店が
フライング販売で6480円だったから
同じぐらいまで安くなったことになる。

ちなみに昨日尼で予約したコイツ
予約時10%オフだったのが、
現在は19%オフになっており、
購入済みの物にも割引が反映されている。


robot_heavy_gundam02.jpg

robot_heavy_gundam03.jpg

箱とブリスター。

MSV系のVer. A.N.I.M.E.の箱は
旧キットのボックスアートをオマージュした
デジラマ写真がメインビジュアルに
使用されているが、MSXのヘビーガンダムは
当時ガンプラ化されなかったので、
オリジナルの構図で撮影されている。

箱のデジラマ写真は、ヘビーガンダムが
量産されているので、活躍想像図といった
ところか。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 FA-78-2 ヘビーガンダム ver. A.N.I.M.E.

robot_heavy_gundam05.jpg

robot_heavy_gundam06.jpg

へビーガンダムってこんなんだっけ?

…というのが第一印象。

へビーガンダムのアクションフィギュア化は
2度目となり、以前発売された
中の人が意外なヤツは、赤茶色っぽい
カラーリングであり、そっちの印象が強い。

当時は他にヘビーガンダムの立体物は
無かったし、その後出たMGの塗装見本も
赤茶色っぽいカラーリングだったからね。

さらに最近は
先日予約開始されたメタルなガンダムicon
系譜にあるヘビーガンダムも登場し、
目にする頻度は、そっちのほうが多い。

Ver. A.N.I.N.E.は当時のイラストの
カラーリングをベースにしており
(当時のイラストには白いヘビーガンダムも
あった)
歴代のヘビーガンダムの立体物の中で
最もオリジナルに準じていると言えそうだが
後付け設定のほうがはびこっているため、
逆に馴染みが薄い気がしなくもない。

また、当時のイラストのヘビーガンダムは
大河原先生らしい、太ましいスタイルで
描かれているのだが、Ver. A.N.I.N.E.は
スマートなので、今風にアレンジされた感が
強め。


robot_heavy_gundam07.jpg

robot_heavy_gundam08.jpg

素体は、すでに何度も使いまわされている
ガンダムVer. A.N.I.N.E.の流用であり、
可動もそれに準じる。

新規造型の前腕にはロール軸あり。
段になっている部分で回転する。

胸アーマーを装着しているため、
左右の胸を内側に引き込むギミックは
使えない。

ブンドドしていると、肩アーマーが
ややポロリしやすいかな。
激しく外れまくるって程ではないけど。


robot_heavy_gundam09.jpg

ガドリング砲とミサイルを備えた大型火器
フレーム・ランチャーが付属。
当時から設定にある武器。

前腕の赤い装甲を外し、腕に被せる要領で
装着。

保持は特に問題無いが、その大きさ故
取り回しが悪く、腕の可動が制限される。


robot_heavy_gundam10.jpg

robot_heavy_gundam11.jpg

robot_heavy_gundam12.jpg

フレーム・ランチャー用のガドリング&
ミサイル発射エフェクトが付属。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 FA-78-2 ヘビーガンダム ver. A.N.I.M.E.

robot_heavy_gundam14.jpg

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 FA-78-2 ヘビーガンダム ver. A.N.I.M.E.

近年、新規設定されたビームライフルと
シールドが付属。MSDかMSV-Rか、
どっちが出典元かは忘れたけど。

ビームライフルは、RX-78-2の物に
ドラムマガジンが付いたような形状。
ライフルおよび背中のキャノン砲に
取り付けるビーム発射エフェクト付き。

シールドは手持ちではなく、
前腕に取り付ける方式で折り畳み可。


robot_heavy_gundam16.jpg

robot_heavy_gundam17.jpg

ハイパーバズーカも近年新規設定された物。
スコープと前部グリップが可動。

2種のジョイントが付属し、
後腰かシールドにマウントできる。

肩に構えさせると、バックパックの
ビームキャノンとビームサーベルに
干渉しやすく、取り回しはイマイチ。

バズーカにはプロトタイプガンダムに付属の
発射エフェクトを取り付けできるようだが
今のところ予定通り発売されるらしい、
来月のロボ魂にも同じ物がセットされるもよう。


robot_heavy_gundam18.jpg

robot_heavy_gundam19.jpg

バーニアエフェクトは3個付属。

ランドセルと足裏に取り付け可。
ランドセルのバーニアは可動する。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 FA-78-2 ヘビーガンダム ver. A.N.I.M.E.

robot_heavy_gundam21.jpg

robot_heavy_gundam22.jpg

そしてフル装備。

シールドにバズーカを取り付けると、
少し重くなり、腕が下がりやすい。

どうせ後付けで武器を考えるなら、
足に付けるミサイルポッドとか、
バックパックのビームサーベルボックスと
換装するガドリング砲とか、立体化した時の
プレイバリューを意識してくれても良かった
のにと思う。


robot_heavy_gundam23.jpg

robot_heavy_gundam24.jpg

robot_heavy_gundam25.jpg

ヘビーガンダムの増加装甲は一体型で
脱げない設定なのだが、玩具オリジナル
ギミックとして、その着脱が可能となっている。

元のガンダムをできるだけ流用する方向で
作ったコストカットの副産物とも思えるが。

胸、肩、脚部の装甲が着脱可。
前腕の赤い装甲も外すことができる。

頭部と前腕、バックパック以外は、
ノーマルのガンダム同じ。
ビームキャノンを装備した
バックパックが外せないので
見た目は中途半端な感。

なお、付属するビームサーベルの柄は
1本だが、しなった状態のビーム刃も付いている。

交換用手首は、平手2種、銃持ち手、
角度が付いたサーベル持ち手の4種。











ROBOT魂 〈SIDE MS〉 FA-78-2 ヘビーガンダム ver. A.N.I.M.E.

オリジナルカラーの立体物に馴染みが無く
細身なプロポーションで、ちょっとイメージ
と違うけど、武器がたくさん付いているので
玩具としては楽しい。

当時のMS-Xのイラストでは
白いヘビーガンダムも描かれているが
そのカラーリングでの立体化は無いので
改変されたようなヤツなら出てるが)、
そっちのカラバリをver. A.N.I.M.E.で
見てみたい気がする。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお