【レビュー】 #1648 ROBOT魂 〈SIDE MS〉 YMS-16M ザメル ver. A.N.I.M.E.



2020年03月26日
ガンダム 〈SIDE MS〉

次の新作も発表されicon、リリースペースが
上がってきた0083関連のVer. A.N.I.M.E.

だけど、まだGP01とGP02しか
発表されていないタイミングでザメルの
発売が決定するなんでビックリしたわ。
(ガトーゲルググのほうが先だったっけ?)
0083シリーズの展開にやる気を感じたね。

モノがモノだけに、当然のごとく
魂ウェブ商店限定品としてのリリースと
なったけど、大して人気の無い大型MSで
そもそも商品化のハードルが高いヤツなんで
仕方ない。ガンプラにもなっていないし。

定価18700円のザメルなんて、
店頭一般で発売したら
先月発売のVer. A.N.I.M.E.みたいに
半額割れは不可避かも。

そんな感じで今回は
ROBOT魂 〈SIDE MS〉
YMS-16M ザメル ver. A.N.I.M.E.

をさっくりレビューするよ。

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 YMS-16M ザメル ver. A.N.I.M.E.





robot_xameL_02.jpg

robot_xameL_03.jpg

大型MSなのでとにかく箱がデカい。

厚みもかなりあり、ジム改の箱の縦幅の
3/4ぐらい。


robot_xameL_04.jpg

robot_xameL_05.jpg

本体もデカいのだが、ブリスターの中身は
それを支えて飾るスタンド台座の占有率が高い。

手持ち武器や差し替えギミック等が無いため
付属品構成はいたってシンプルで、
本体用のオプションは交換手首のみ。
(680mmカノン砲は取り外された状態で
アソートされている)

その他の付属品は、スタンド、
エフェクト、手首デッキとなる。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 YMS-16M ザメル ver. A.N.I.M.E.

robot_xameL_07.jpg

robot_xameL_08.jpg

robot_xameL_08b.jpg

robot_xameL_09.jpg

18700円という定価も納得できる
イメージ通りの大ボリューム。
(ロボット魂黎明期には、
ザメルを上回る大型MAが定価1万円以下で
出てたけど)

過去にガレージキットは発売されているが
1/144サイズでのマスプロ商品化は初。

ただ大きいだけでなく、全体的な造形も
良好で、多くのパーツが組み合わさった
ような、密度感の高い見た目が上手く
再現されている。

大きさに対して、色数は少ない機体であり
ほぼ成型色仕上げ。仕上がりの質感は、
過度に安っぽくはないが、可も無く不可も
無くといった感想。

余談だが、予約期間中にTNTで行われた
ザメルのタッチ&トライにも参加しており、
その時は製品版に近い色の試作品と、
もっと濃いブラウンの物の2種があった。

個人的には後者のほうが重厚感があるし、
カラー設定画にも近い感じだったので
そっちが良かったんだけどね。

過去に発売された海外版のMIA とか、
今はもう格安での商品化は不可能な
小さな逸品的なコイツに近い色味だった。

あと、自分が弄った試作品は、
艶消しのコートが吹かれていたような気が
するんけど、製品版ではそのような処理は
見られない。


robot_xameL_10.jpg

お尻の部分のマーキングはプリントで再現。
設定では、こんな部分にエンブレムがある
なんて知らなかったよ。


robot_xameL_13.jpg

robot_xameL_14.jpg

意外と可動箇所が多い。

両胸が前方にスイング。
肩も前方に引き出せる。
肘は二重関節で90度以上曲がる。
肩は横方向には、あまり上がらない。

胸部は前屈可能。後部のカノン砲の
ロックを外せば、腰を左右に動かせる。
腰のフロントアーマーは上方向に可動。
両サイドの装甲板は外側に開く。

股関節は二重関節。
巨体を支えるためか、関節軸は三段階の
ラチェット式。脚部を接続する
股関節軸のボールジョイントは
金属パーツになっている。

膝は90度ぐらい曲がり、
足首も前後左右にスイング。

後部の大型ホバーユニットは、
下の部分が若干前後に動く

よく動くのだが、こんな体型なので
ポージングにあまりバリエーションは
付けられない。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 YMS-16M ザメル ver. A.N.I.M.E.

robot_xameL_16.jpg

680mmカノン砲は差し替え無しで展開。
長さは35cmぐらい。


robot_xameL_17.jpg

robot_xameL_18.jpg

カノン砲の発射エフェクトが付属。

砲口に取り付ける物のほか、
後部と側面に取り付ける火炎状の
エフェクトも付属する。

後部の放炎口(?)は開閉式。
ワニが口から火を吐いているのではない。


robot_xameL_20.jpg

ミサイルポッドは設定通り、起こすことが可。

ミサイルの発射エフェクト付き。
ザメルのミサイルポッドに合わせた形状
なので汎用性は無い。


robot_xameL_21.jpg

モノアイも可動。
頭部の下を開いて調整する仕様。


ROBOT魂 〈SIDE MS〉 YMS-16M ザメル ver. A.N.I.M.E.

robot_xameL_22.jpg

robot_xameL_23.jpg

ザメル キャン フライ!

大型のスタンドが付属し、
浮かせて飾ることもできる。

支柱は前後左右に角度を付けることも可。
ただ、デフォルトだと角度によっては
ザメルの巨体を支えきれないかもしれない。
その場合はネジを強く締め直す必要がある。


robot_xameL_23b.jpg

走行時の噴煙をイメージしたエフェクトも
付属。

初めて見るエフェクトだけど、
新規造型かしら?
他のアイテムにも流用は可能で、
使い勝手は良さそう。

商品説明には土煙と書いてあるが
白で塗装され、茶色くはない。


robot_xameL_24.jpg

robot_xameL_25.jpg

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 YMS-16M ザメル ver. A.N.I.M.E.

robot_xameL_27.jpg

交換用手首は指が開いた状態のほか
(デフォルトでは拳が付いている)
武器の持ち手2種(銃器用、ヒートホーク
用)が付属。

ザクマシンガンやバズーカなど、
他のアイテムの武器を持たせることが可能。

意外と違和感が無く、実際にザメルが
使用していてもおかしくない感じで
いろいろ持たせてみると楽しい。

ちょっとしたボーナスパーツだが、
プレイバリューの拡張にかなり貢献している。


robot_xameL_28.jpg

robot_xameL_29.jpg

ヒートホークも問題なく使いこなせそう。

0083のザメルもヒートホークが
装備されていたら、ジム改ごときに
間合いを詰められてやられることは
なかったかも。








ROBOT魂 〈SIDE MS〉 YMS-16M ザメル ver. A.N.I.M.E.

際立ったギミックは無く、
アクション性も高くはないが、
密度感のある造型と大ボリュームは
ザメルというMSの魅力を十二分に
再現しており、立体物としての希少性とも
相まって、非常に満足している。

ガンプラとも並べられる約1/144相当の
大きさなので、その補完にもなるだろう。
(昨今のガンプラの勢いなら、
いずれザメルも発売されそうだが)

魂ウェブ商品限定品であり、
すでに予約は終了しているが、
今から定価以下でも入手できるので
気になる人はチェックしてみてね。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお