【レビュー】 #1653 METAL BUILD フリーダムガンダム プリズムコートVer. ~ 容赦無き経年劣化



2020年04月09日
METAL BUILD

形ある物はいつか壊れる…

退色したり、パーツが割れたり、
大切なフィギュアが経年劣化して、
ガッカリした経験がある人は
多いんじゃないかな。

保管状態に左右されたり、商品によっては
もれなく時限爆弾のごとく発症したり、
経年劣化が起こるケースは様々だけど
貴重な限定品やお気に入りの一品、
熾烈な争奪戦に勝利して手に入れた物など
特別なアイテムに起こりうる可能性も
あるわけで…

そんなことを思いながら、
本日レビューするアイテムは
METAL BUILD フリーダムガンダム
プリズムコートVer.


プリズムコートされたメタルなガンダムは
限定品じゃなかったコイツに続いて
2体目となる。

一昨日メタルロボット魂のバルバトスや
レッドフレーム改に混じって
またここで復活していたコンセプト2の
前に発売されたので、コンセプト1.5と
言えるような、そんなことないような
アイテムだよ。

METAL BUILD フリーダムガンダム プリズムコートVer.




魂ネイション2012年限定品。

この頃はまだメタルビルドは、
現状のような激ヤバ即ゲットの商品ではなく
ほとんど話題になっていなかったような。

メタルビルドが瞬殺級アイテムに
君臨したのは、フリーダムとの戦いも
見たかったコイツからだよね。

2012年はイベント限定品の事前予約が
導入される前で、当日先着順だったけど
すぐに売り切れることはなかったはず。
(そもそも売り切れたんだっけ?)

よって買った人も少ないのか、
メタルビルドの中では
2番目ぐらいに高いプレミアになっていたりする。


metal_freedom_prism_02.jpg

metal_freedom_prism_03.jpg

いい意味ではなく限定品らしいデザインの箱。

当時はこんなのが当たり前だったけど、
今思えば、ガンダムトイの最上位ブランドの
限定品だし、定価は1.8万もするし、
もっと特別感あるパッケージにして欲しかった。

新規造型や追加パーツは(たぶん)無く
塗装処理以外の商品仕様は通常版と同じだと
思う。


METAL BUILD フリーダムガンダム プリズムコートVer.

metal_freedom_prism_05.jpg

metal_freedom_prism_06.jpg

テカテカというか、ヌルヌルした感じに
見えるというか…

白い部分はコーティングされており、
光沢感のある膜が張られているような
仕上がり。陶器を思わせる質感。
キレイではある。

胸部やシールド等は、異なる色合いの
ガンメタで仕上げられ、
金属のような重厚感がある。

特に胴の中央部は光の反射具合で
鏡面のようにも見える、不思議な印象の
メタリック処理がされている。

腹部のメタリックブルーも、金属のような
鏡面のような、変化する光沢を纏い
まさにプリズム。

マーキングは通常版と同様に
ザフトのロゴや「FREEDOM GUNDAM」の
文字が入っており、ふと目に留まると萎える。


metal_freedom_prism_07.jpg

metal_freedom_prism_09.jpg

metal_freedom_prism_10.jpg

レッドはほんのりメタリック感のある塗装。
ただし、それが災いしたのか、所々退色が
見られる。
目の周り等は、すごく薄くなっている。

ちょっと以前のフィギュアの
メタリックレッドは退色するケースが
多いよね。特に軟質素材への塗装は退色が
激しく、数年前に買ったガシャポンや
食玩の類はほとんどダメになったわ。

今月サイレント再販予定のヤツ
メタリックレッドが薄くなっていた気が
するから、買い換えるかもしれない。
(しかし、緊急事態宣言で販売店が…)


metal_freedom_prism_11.jpg

metal_freedom_prism_12.jpg

metal_freedom_prism_13.jpg

metal_freedom_prism_14.jpg

古いフィギュアだが、可動は最近の
アイテムと比べても遜色は無い。

既に可動は完成されていると思うのだが
コンセプト2は、さらに動くようになるの
かしら?


METAL BUILD フリーダムガンダム プリズムコートVer.

metal_freedom_prism_16.jpg

metal_freedom_prism_17.jpg

metal_freedom_prism_18.jpg

ウイングは濃い目のメタリックブルーで
塗装されている。この部分はハッキリした
色合いで、ほとんど退色はしていないような。

メタリックの色合いがキレイなのに加え
ウイングがデカいので、展開して
ハイマットモードにした時の存在感は格別。


metal_freedom_prism_19.jpg

metal_freedom_prism_20.jpg

metal_freedom_prism_21.jpg

バラエーナとクスィフィアスを展開し、
フルバーストモードに。

ご丁寧にバラエーナにも光沢感のある
コーティングがされているのだが、
若干黄ばんでいるように見える。

このコーティングって、さらに経年劣化で
剥がれたりしないのか心配。


metal_freedom_prism_22.jpg

ハイマットフルバーストを再現するための
ウイングを開いた状態で、バラエーナを
前方に向ける可動軸が異常にプラプラする
ので、よく見てみるとクラックが入っている
ようだ。左右両方に見られる。

かなり酷くプラプラするので、
バラエーナは、そのうち根元から
モロっともげてしまうかもしれない。

まだ確認していないんだけど、
もしかして、通常版のほうもプラプラに
なっているのか?

ちなみに左のウイングも開くと、
垂れ下がりやすくなっているので、
この可動部にも問題が生じているのかも
しれない。


metal_freedom_prism_23.jpg

そんな状態なので、これが最後かもしれない
フリーダム プリズムコートVer.の
ハイマットフルバーストモード。

旧フリーダムのハイマットフルバーストは、
頭部のアンテナとバラエーナがギリギリ
接触するようなしないような、
きわどい距離感なので、ちょっと怖い。
アンテナの予備は付属していないし。







metal_freedom_prism_24.jpg

光沢感のあるコーティングや
光を反射して見え方の変わるメタリックを
採用し、他に類の無い美しい仕上がりの
アイテム。

超人気なメタルビルドの限定品という
プレミアレベルの高い一品でもあるが
7年の月日に無情にも蝕まれ
所々経年劣化が生じている。

希少品でも、人気アイテムでも、
容赦無く経年劣化することもあるんだよ。

まあこのフリーダムの場合は、前述の理由で
あまりに希少すぎるのか、
破損品でもぶっちぎりプレミアだけどね。

ともあれ、買う前から経年劣化を
心配するのはナンセンス。
欲しい物は先のことなど考えずに
手に入れるのが正しい。

フリーダム プリズムコートVer.とは、
また違うベクトルで
塗装が超キレイに見える新作メタルビルicon
買っちゃうよ。

高いフィギュアを消耗品と割り切ることは
できないけど、フィギュアを買うのではなく
フィギュアで遊ぶ、楽しむという体験に
金を払うものだと思えれば、経年劣化は
怖くない?


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお