【レビュー】 #1660 ガンダムマイクロウォーズSP



2020年04月21日
ガンダムマイクロウォーズ

てっきり3弾ぐらいで終わると思っていた
食玩のガンダムマイクロウォーズだけど、
実質5弾となるSP弾がリリース。

パイロット搭乗ギミックが目新しくて
3弾で終わったこのシリーズみたいに
既存のブランドと被らないのが功を奏したのか?

新鮮味はありながら、1弾で終了した物も
あるけどね。

コロナの影響でフラゲはできなかったけど
発売日には無事購入できたので、今回は
ガンダムマイクロウォーズSPをざっくり
レビューするよ。

micro_wars_sp_01.jpg

SP弾は1~3弾のラインナップの中から
セレクトされたMS全4種のカラバリ弾。
今回ビーグル枠は無し。

全4種なのでBOXは8個入りで、
店頭で見た限り、アソートは均等のもよう。
(各2個ずつ入っている)

ちなみに今回は開店直後のビックカメラで
購入。さすがにあまり人はいなかったが、
今週末の行列ができそうなガンダムトイ
どうなるのかしらね。

ここ数日通販で復活しまくっている上、
長時間持っているから、もう欲しい人には
行き渡っている感じでもあるけど。





①ガンダム[リアルタイプカラー]


ガンダムマイクロウォーズSP

micro_wars_sp_03.jpg

micro_wars_sp_04.jpg

まずは01ガンダム[リアルタイプカラー]から。

01弾のガンダムの流用だが、塗装箇所が
多く、コストが掛かっている感がある。

手首や足首、ランドセル等の水色が成型色。
他のカラーリングは塗装とシールで再現。
頭部の白も塗装されている。

足首の赤い箇所と股間の連邦マークの部分、
額のカメラがシール。

腕や足も塗装されているせいか、
ランナーから切り離された状態で
パッケージングされている。
よって、ゲート部の塗装が剥がれる懸念は無い。

塗装自体はあまりキレイとは言えず、
彩色が足りなかったり、厚塗りになっている
箇所が散見される。


micro_wars_sp_05.jpg

SP弾はビーグル枠が無いので、
各MSにパイロットフィギュアが1体付属。

ガンダムには連邦のノーマルスーツが
付いているが、アムロカラーではなく、
一般パイロットのオレンジとなっている。


micro_wars_sp_06.jpg

micro_wars_sp_07.jpg

首、肩、上腕、手首、足の付け根、足首が
ボールジョイントで可動。
ちょっとしたポージングができる。


②ジム[リアルタイプカラー]


ガンダムマイクロウォーズSP

micro_wars_sp_09.jpg

micro_wars_sp_10.jpg

02 ジム[リアルタイプカラー]
2弾からの流用。

成型色はやや暗めの白。
それ以外のカラーリングは塗装か
シールで再現されている。

足首、額のカメラ、右肩のマーキングがシール。


micro_wars_sp_11.jpg

ガンダム同様、連邦製ノーマルスーツの
パイロットが付属。


micro_wars_sp_12.jpg

micro_wars_sp_13.jpg

ガンダムよりも塗装箇所は少ないが、
落ち着いたトーンでいい感じ。

マイクロウォーズのジムは、シュッとした
フォルムながらも、どこか可愛らしさがあり
結構好き。

ジムのリアルタイプカラーはロボット魂でも
出して欲しいと思っているんだけど、
今年の魂ネイションあたりで来ないかな?


③ザクII指揮官機[リアルタイプカラー]


ガンダムマイクロウォーズSP

micro_wars_sp_16.jpg

micro_wars_sp_15.jpg

続いてジオン軍陣営から
03 ザクII指揮官機[リアルタイプカラー]

モノアイ、胴、マシンガンが塗装。
足首と膝アーマーがシール。

ベースカラーのダークグリーンは成型色で
悪くない質感だが、少し光沢があるので
艶消しを吹くともっと良くなりそう。

商品名では指揮官機となっているが、
ツノの無い交換用ヘルメットも付いている。


micro_wars_sp_20.jpg

シールドのマーキングもシールで再現。

ロボット魂のリアルタイプカラーよりも
マーキングが細かい。


micro_wars_sp_17.jpg

ジオンのノーマルスーツのパイロットが付属。


micro_wars_sp_18.jpg

micro_wars_sp_19.jpg

1弾の物と同じフォーマットなので
ヒートホークも付属。

モノアイは少しだけ左右に動く。


④ズゴック


ガンダムマイクロウォーズSP

micro_wars_sp_22.jpg

micro_wars_sp_23.jpg

そして04 ズゴック。

3弾にはシャア専用ズゴックがラインナップ
されていたが、量産型カラーで再録。

腕、腰、脚部のネイビーブルー以外は
彩色されており、仕上がりの質感は良好。

両サイドのモノアイの黒い部分と
コクピットハッチ、両肩の丸い部分が
シール処理。

他のアイテムよりも肉抜きが多め。


micro_wars_sp_24.jpg

他の機体よりも広めのコクピット。

コンソール部は前に倒れる仕様ではなく、
前方にスライドする。


micro_wars_sp_25.jpg

micro_wars_sp_26.jpg

肩、足の付け根、足首がボールジョイントで
可動。クローは回転する。

モノアイも左右に動かすことができる。




micro_wars_sp_27.jpg

多少塗装が雑になっている部分はあるが
かっこ可愛い仕上がりで、どれもいい感じ。

次の弾も楽しみになってくる。
今度はレアアソート(アソート1)が
ありそうだし、ジオン系も多々買い不可避の
メンツだし、今までより売れそうな気もするな。

コンバージやかつてそれと双璧を成した
リアル頭身のシリーズみたいに
マイクロウォーズも長寿ブランドになりそう?


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお