【レビュー】 #1663 機動戦士ガンダム Gフレーム ガンダムTR-1[ヘイズル改] オプションパーツセット



2020年04月26日
Gフレーム

メタルビルドのレッドフレーム改とか
今週末に掛けていくつか新製品が届いたので
ステイホームで写真撮影。

さらに来週には次のメタルなガンダムトイ
ロボット魂キングゲイナーほか、
お纏めしていた今月分も届くので、
GW中も余裕で巣ごもりできるぜ!

なので、今週末からのステイホーム週間は
新製品レビュー週間として、月末に届いた
物を中心にアップしていく予定。

とりあえず、新製品レビュー週間第1弾は
初の限定じゃない大型アイテムの発売が
決まった機動戦士ガンダム Gフレームの
最新アイテム、
ガンダムTR-1[ヘイズル改]
オプションパーツセット

から始めるよ。

機動戦士ガンダム Gフレーム ガンダムTR-1[ヘイズル改]  オプションパーツセット

本アイテムはGフレーム09弾に
アソートされているガンダムヘイズルの
拡張パーツ。

ヘイズルの各形態を再現するための
オプションパーツの詰め合わせである。

ガンプラではAOZがシリーズ化されて
いるけど、ヘイズルの各形態を
再現できるトイは、デフォルメ系を除くと
あまり人知れず始まって終わった気がする
このシリーズ以来だと思う。


gframe_hazel_op_02.jpg

gframe_hazel_op_03.jpg

大まかなセット内容は
・フルドド×2
・シールドブースター×3
・アドバンスド・ヘイズル再現パーツ
・スタンド×3
・ガム1個
となる。ヘイズル本体は別売り。

持っていない人、もう近場に9弾が売って
いない人は、この辺で調達してね。

スタンドは支柱が長い物が2個、短い物が1個。
前者はフルドドのディスプレイや
ヘイズル・ラーの自立補助に使用し、
後者はロング・ブレード・ライフルを
持たせた際、その補助に使用する。

プレミアムバンダイ限定品で3850円。
現在、予約は終了している。

今から欲しい人は中古を探してみるか、
これで代用してねicon





①Gパーツ[フルドド]


Gパーツ[フルドド]

gframe_hazel_op_05.jpg

gframe_hazel_op_06.jpg

まずはGパーツ[フルドド]から
チェック。バラされてヘイズルの各部に
装着されるので、構成パーツ数は多い。

左右ウイングは上下に可動。
基部は丸軸接続なので回転する。

スタンドの支柱は三箇所が可動。
ただし支柱は細長く、台座の部分が
小さいので安定性は悪い。


gframe_hazel_op_07.jpg

上部のアームみたいな部分に
シールドブースターを取り付けできるので
フルドド高速形態も再現できる。
そんなの設定にあるのかは知らんけど。


②ガンダムTR-1[ヘイズル改]高機動形態


ガンダムTR-1[ヘイズル改]高機動形態

gframe_hazel_op_09.jpg

gframe_hazel_op_10.jpg

ガンダムTR-1[ヘイズル改]高機動形態

シールドブースターを両腕とバックパックに
装着すると、ガンダムTR-1[ヘイズル改]
高機動形態になる。

シールドブースターにバックパック取付け用
ジョイントを付けると抜けにくくなったので
これは浅めに差し込んでおくほうが無難かも。

なお、ヘイズル本体のレビューは
こっちを見てね


③[ヘイズル改]アドバンスドユニット装備


[ヘイズル改]アドバンスドユニット装備

gframe_hazel_op_16.jpg

[ヘイズル改]アドバンスドユニット装備

ヘイズル改のアドバンスドユニット装備。
いわゆるアドバンスド・ヘイズル。

額のアンテナ、バックパックの上部、
足の裏を専用パーツと交換。
フンドシの前面パーツを外して、
腰フロントアーマーを取付ける。

腰フロントアーマーのサブアームは
未再現。


④[ヘイズル改]スナイパー装備


[ヘイズル改]スナイパー装備

gframe_hazel_op_13.jpg

gframe_hazel_op_14.jpg

ヘイズルのバリエーションの中では地味な
印象のスナイパー装備も再現できる。
オレも存在を忘れてた。

基本はアドバンス・ヘイズルと同じだが
バックパックのシールドブースターは1基のみ。

またヘイズルのビームライフルの前後に
フルドドのパーツを取付け、
ロング・ブレード・ライフルとする。

手首の可動域などの問題で、
ロング・ブレード・ライフルを
脇に挟む感じに持たせる場合は、
横向きになってしまう。


⑤ガンダムTR-1[ヘイズル・ラー](第一形態)


ガンダムTR-1[ヘイズル・ラー](第一形態)

gframe_hazel_op_19.jpg

gframe_hazel_op_21.jpg

gframe_hazel_op_20.jpg

フルドド1機と合体して完成する
ガンダムTR-1[ヘイズル・ラー](第一形態)

胸部の赤いパーツを取り外し、
フルドドのパーツを組み合わせたアーマーを
装着。

バックパックにフルドドのウイングとボディ
を取付け、ロング・ブレード・ライフルと
シールドブースター×1個を装備する。

説明書では、スタンドで背負い物を補助する
よう書かれているが、使用しなくても
問題無く自立する。

ただ、背負い物が重いことには
変わりないので、長期間立たせた状態で
飾るなら、補助に付属のスタンドを使った
ほうがいいだろう。


ガンダムTR-1[ヘイズル・ラー](第一形態)

gframe_hazel_op_22.jpg

各増加装備のポロリは無いけど、
ロング・ブレード・ライフルの取り回しが
良くないので、いろいろポージングを
楽しめるという感じではない。


⑥[ヘイズル・ラー]フルアーマー装備


[ヘイズル・ラー]フルアーマー装備

gframe_hazel_op_25.jpg

gframe_hazel_op_26.jpg

素体のガンダムをアドバンスドにした
ヘイズル・ラーはフルアーマー装備になるらしい。


[ヘイズル・ラー]フルアーマー装備

[ヘイズル・ラー]砲撃形態(非公式)。

フルドドの右側のウイングには展開ギミック
があり、砲身を取付けることができる。
[ヘイズル・ラー](第二形態)用のギミックね。


gframe_hazel_op_28.jpg

gframe_hazel_op_29.jpg

フルドド上部のアーム部に
シールドブースターやもう1機のウイングを
取付けて、さらにフルアーマーな感じに。


⑦[ヘイズル・ラー](第二形態)


[ヘイズル・ラー](第二形態)

フルアーマー装備をベースに、
もう1機のフルドドと
シールドブースター×2個を盛れば、
[ヘイズル・ラー](第二形態)が完成。

腰のフロントにはアドバンスドの
サブアームユニットに代わって
フルドドのパーツを取付ける。

左腕には通常のシールドの代わりに
フルドドのフレームを使って、
シールドブースターを2基装備する。

ここまで盛り付けても、ブレードライフルを
支柱代わりにすることなく自立可能。


[ヘイズル・ラー](第二形態)

gframe_hazel_op_32.jpg

gframe_hazel_op_33.jpg

もうほぼ置物で、ブンドドには
向いていないが、その分ボリュームも
食玩の域を超えており、ガンプラや
ロボット魂等と並べて飾っておいても
引けを取らない存在感を放つ。






gframe_hazel_op_34.jpg

価格はヘイズル本体(500円×2)の
約3.5倍だが、6つの形態が再現できるし
パーツの組み合わせ次第では
ある程度独自の形態も楽しめるので、
プレイバリューは何倍にもアップする。

これはもう1個買っても良かったな。

明日予約開始の大物ガンダムトイiconと一緒に
次の実戦配備カラーiconは間違い無く
2セット買うわ。


スポンサーサイト



とびうお
Posted by とびうお